ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・フランスに向けて、ワレン・バルギル2度の骨折から復活

http://www.team-arkea-samsic.fr/warren-barguil-heureux-de-reprendre-a-maison/ 海外情報
http://www.team-arkea-samsic.fr/
この記事は約5分で読めます。

2017年ツール・ド・フランス山岳賞のワレン・バルギル。

2018年にはSunwaveからエースとして迎えてくれたTeam Arkéa Samsicに移籍。

バルギルは、ボルタ・ア・カタルーニャでの大落車で骨折して以来の復帰レースをすでに行っています。このレースでは、他にも多くの犠牲者が~

チームの総合エースとしてツール・ド・フランスには間に合うのでしょうか?

 

スポンサーリンク

落車続きのバルギル

http://www.cyclingnews.com/news/barguil-diagnosed-with-fractured-pelvis-following-catalunya-crash/

バリ~ニース第2ステージ

今年のバルギルは不運に見舞われている。

パリ~ニース第2ステージで首の椎骨を骨折。これが3月11日の落車で1度目の骨折

続く、ボルタ・ア・カタルーニャの最終ステージの大落車に巻き込まれたバルギル。

 

ボルタ・ア・カタルーニャの 犠牲者
主なライダーだけ
  • ロマン・バルデ(AG2R La Mondiale)
  • サイモン・ゲシュケ(CCC Team)
  • マーク・ソラー(Movestar)
  • リチャル・カラパス Carapaz(Movestar)

多くのライダーが70キロ以上でクラッシュしてしまいました。

 

「クラッシュを避けるために私にできることは何もなかった。残念だが、もっと悪いことが人生では起こる。私はこのスポーツが好きです。すべての支持者、妻、家族に感謝したいです。

私はただ我慢しなければならなくて、できるだけ早くトレーニングに戻る必要があります」

とバルギルはコメント。

Arkea-Samsicのチーム医師Jean-Jacques Menuetは詳しく説明。右股関節の腸骨の上部に変位していない骨折があり、14日の安静を取らせたようです。

これが2度目の骨折です。

 

復帰レースを無事にこなす

骨折も癒えて、3か月ぶりにバルギルはレースに復帰。

 

復帰第1戦は、Grand Prix de Plumelec-Morbihan (1.1)。

フランスのモルビアン県プリュムレック周辺で行われるワンデーレース。過去にはトマ・ヴォクレールが2度優勝。

 

コースプロフィールもほぼ平坦で距離は188キロ。

Boucles de l'Aulne - Châteaulin (1.1)

http://www.grand-prix-plumelec.com/

バルギルは、トップから16秒差の13位でフニッシュしています。

 

こちらゴールシーンですが、バルギルは全く映らず( ;∀;) ヘリがトップのBenoît Cosnefroy(AG2R) だけを追ってます。6月1日のレース

Grand Prix de Plumelec-Morbihan 2019

続く復帰第2戦はBoucles de l’Aulne – Châteaulin (1.1)。こちらは66位でフニッシュ。

 

2019ツール・ド・フランスへの道

http://www.cyclingnews.com/news/barguil-battles-back-to-race-fitness-in-readiness-for-tour-de-france/

バルギルは、ツール・ド・フランスに出場するために、クリテリウム・ドーフィネに出場します。

ただ、今のところスタートリストには、バルギルとアンドレ・グライペルの名前しかありません。

これまでのワレン・バルギルの成績を見てみると

ワレン・バルギル
  • 1998年10月28日生まれ フランス エンヌボン出身
  • 2013 アルゴス・シマノでプロデビュー
  • 2013ブエルタ・ア・エスパーニャでステージ2勝
  • 2014ブエルタ・ア・エスパーニャ総合8位
  • 2015ツール・ド・フランス総合14位
  • 2016ツール・ド・スイス総合3位
  • 2017ツール・ド・ロマンディで骨盤骨折
  • 2017 ツール・ド・フランス総合10位 山岳賞獲得
  • 2018 Arkea-Samsic に移籍

 

なんといっても、Arkea-Samsicとしては、これまでの実績からチームのエースとして勝利を挙げてくれることを期待したはず。

しかし、2018ツール・ド・フランスではアラフィリップに2倍近い差で山岳賞も取れず。チームとしては、もうちょっと頑張ってくれよ~ といった感じでしょうね。

 

http://www.team-arkea-samsic.fr/warren-barguil-heureux-de-reprendre-a-maison/

「困難な時期が過ぎた後、再びレースをすることができてとてもうれしい。攻撃的なワレンがそこにいることを証明したかった。私は攻撃的にレースする」

とバルギルはチームのウェブサイトでコメント。

 

実は、すでにバルギルの名前はアンドレ・グライペルと共にはツール・ド・フランスのスタートリストの中に入っています。

Arkea-Samsicとしては、アンドレ・グライペルでスプリント勝利。バルギルの活躍を期待しているはず。

グライペルのリードトレインとして2018イギリスナショナルチャンピオンのコナー・スウィフトも獲得しています。

 

さらに、ナイロ・キンタナの移籍も噂されておりチームの成績向上も目指してます。まあ、勝利数をもっとあげてポイントを稼がないと来年のツール・ド・フランスの出場もかかってますからね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました