ロードバイクの情報を発信しています!

Alpecin-Fenixがスプリンターステージを狙うツール・ド・フランスメンバーを発表

海外情報
Image by Steve Buissinne from Pixabay
この記事は約5分で読めます。

Alpecin-Fenixがツール・ド・フランスに初出場する。

スプリンターステージに特化したメンバーを揃え、ステージ優勝を狙うことが目標だ。

開幕ステージでは、マチュー・ファンデルプールに期待がかかるが、少し登りの勾配がキツイのが気にかかる。

だが、これぼど期待のかかるプロチームはないだろう。メンバーを見てみよう。

 

スポンサーリンク

ツール・ド・フランスメンバー

101. Mathieu van der Poel(マチュー・ファンデルプール)
102.Silvan Dillier(シルヴァン・ディリエ)
103. Tim Merlier(ティム・メルリエ)
104. Xandro Meurisse(クサンドロ・ムーリッセ)
105. Jasper Philipsen(ジャスバー・フィリップセン)
106. Jonas Rickaert(ヨナス・リッカールト)
107. Kristian Sbaragli(クリスティアン・スバラッリ)
108. Petr Vakoč(ビーター・ポラック)

 

山岳を狙うなんて考えは全くないメンバー構成。とにかくスプリンターステージでの勝利を狙う。

 

マチュー・ファンデルプール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MVDP(@mathieuvanderpoel)がシェアした投稿

 

おなじみのトリコロールジャージではなくなった。なんとオランダ選手権ではまさかの失速。スーパーな足がなかったというマチュー・ファンデルプール。

 

ツールも大事だが、マチュー・ファンデルプールは東京でのMTBの金メダルを狙っている。最大のライバルとなるのは、イネオスのトム・ピドコックだ。

そのため、マチュー・ファンデルプールはツールを最後まで走るのか疑問がある。ただ、狙って欲しいのは開幕ステージの登りゴール。

14%勾配の部分があるので、ここで遅れなれば勝機はあるだろう。初日からマイヨジョーヌを着るマチュー・ファンデルプールの姿をファンは望んでいる。

 

ティム・メルリエ

 

ジロ・デ・イタリア初出場でステージ勝利をあげたティム・メルリエ。

だが、グランツール初出場のティム・メルリエは雨の連続したステージで消耗してしまいジロを途中で去ってしまう。

 

ただ、その後ジロの期間中に、ベルギーのワンデーレース、ロンド・ファン・リンブルフで優勝している。

だから、ツールに向けては万全だろう。ただ、バロワーズ・ベルギーツアーでは、マーク・カヴェンディシュに最終ステージで負けてしまった。

マークとの戦いで、写真判定になるのは2度目。だから、次はツールでマーク・カヴェンディシュと3度目の対決をして貰いたい。

すでに今シーズン6勝をあげており、純粋なスプリンターステージではエースとしてゴールを狙うはずだ。

 

ジャスパー・フィリップセン

 

Alpecin-Fenixの3本柱の一人、ジャスパー・フィリップセン。バロワーズ・ベルギーツアー第3ステージで落車してしまい膝を痛めていた。

ベルギー選手権を欠場したので、ツール出場が疑問視されていた。だが、無事にセレクトされている。

今年は、ツアー・オブ・ターキーでマーク・カヴェンディシュと火花をちらし、第6ステージ、第7ステージで連勝した。このステージ、マーク・カヴェンディシュとは2勝4敗だ。

ツールではマーク・カヴェンディシュにリベンジしないといけない。ただ、フラットなスプリンターステージでは、ヨナス・リッカールトとならんで、ティム・メルリエの最後の発射台となることが予想される。

すこし、厳しいステージだとジャスパー・フィリップセンが狙ってくるだろう。

この強すぎるプロチームはツールで初勝利をあげることが出来るだろうか?  まずは開幕ステージに注目だ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました