ロードバイクの情報を発信しています!

ドメニコ・ポッツォヴィーヴォが事故で重傷

海外情報
photo yuzuru sunada
この記事は約2分で読めます。

ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(Bahrain Merida)は、コセンサ近くでトレーニング中に車との衝突。

ラガゼッタデッロスポーツは、ポーランドツアーから戻った2日後の日曜日に事件に巻き込まれ、右腕と脚に骨折を引き起こしたと報告している。

かなり骨折箇所が多いようで心配な状態らしい。

 

スポンサーリンク

Domenico Pozzovivo 

photo Domenico Pozzovivo instagram

事故はポッツォヴィーヴォが住んでいたイタリア南部のカラブリア地方で発生した。

ポッツォヴィーヴォは、2014年8月にもトレーニング中に事故にあっている。

脛骨を骨折し、ブエルタに出場できなくなった。

ポッツォヴィーヴォは、ヴィンテェンチォ・ニバリをアシストしていて2016年のニバリのジロ優勝を支えている。

ブエルタでは、彼はバーレーン・メリダの指導的役割を持つことになっていた。

 

災難続き

photo Domenico Pozzovivo instagram

ドメニコ・ポッツォヴィーヴォは、この春、フレッシュ・ワロンヌでもクラッシュして脳震盪を起こしている。

骨折はなかったために、翌月にジロ・デ・イタリアを始めることができた。

今回は骨折箇所が複数に渡っており、復帰に時間がかかりそうだ。

 

チームの声明によると

「36歳のイタリア人ライダーは集中治療を受けており、安定して意識はあるものの、手術を必要とする複数の骨折に苦しんでいます」

はやく、立ち直れると良いのですが36歳ということもありリハビリに長くはかけられないような気がしますね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました