ロードバイクの情報を発信しています!

絶好調のエリア・ヴィヴィアーニが世界選手権に出ない! その理由とは?

海外情報
photo Elia Viviani twitter
この記事は約5分で読めます。

シーズン後半にかけて更に好調を維持しているエリア・ヴィヴィアーニ(Deceuninck-Quick Step)。

移籍も無事に発表されて来シーズンに向けて走り続けている。

 

Prudential RideLondon-Surrey Classic (1.UWT)に続いてヨーロッパ選手権のタイトルも獲得した。

そんな現在、絶好調のエリア・ヴィヴィアーニですが、なんと世界選手権ロードには出ないという。

イタリア代表として乗り込むのかと思ってましたけどねえ~。

エリア・ヴィヴィアーニが世界選手権ロードに出ない理由とは?
 
スポンサーリンク

シーズン後半は好調

エリア・ヴィヴィアーニは、今年9月にヨークシャーで開催される世界選手権に出場することはないと述べた。

30歳の彼は、4月にイタリアのチームメイトとコースの下見もしているのに?

ヨーロッパ選手権ロードレースで、ヴィヴィアーニはお気に入りの一人でしたが、予想外の方法で勝利を収めた。

イタリアはスプリントで決着するのではなくて逃げを選択。

ヴィヴィアーニは、

  • ドイツのパスカルアッカーマン(BORA – hansgrohe )
  • ベルギーのイヴ・ランパールト( Deceuninck – Quick Step)

と並んで、プロトンの前を走った。

ランパールトがラスト3 kmで攻撃。ヴィヴィアーニはアッカーマンを置き去りにしてイヴ・ランパールトと合流。

最後は、エリア・ヴィヴィアーニの貫禄勝ち。

 

1週間前のRideLondon-Surreyの勝利と並んで、ヴィヴィアーニはツール・ド・フランスを終えてから足の調子が良かったと語っていた。

 

最終目標は東京オリンピック!

 

好調なのに何故、世界選手権は出ないのだろうか??

それには、これまでのシーズンの積み重ねがあった。

エリア・ヴィヴィアーニは72日間のレースで約12,000キロも走っている。

ヨークシャーはトラックに重点を置きたいので、あまりにも遠いステップだと言うのだ。

ヴィヴィアーニはラ・ガゼッタ・デッロ・スポーツにこう語った。

 私はスーパーマンじゃない。「私はしたいのですが、できません」というようなものだ。

物理的に最高の状態でそこに着くことができると考えるのは愚かでしょう」

 

 

つまり、ヴィヴィアーニのシーズン後半はトラックのための調整レースとなる。

Elia Viviani
レーススケジュール
  • 8月25日  EuroEyes Cyclassics Hamburg
  • 9月1日 Bretagne Classic – Ouest-France
  • 9月18日 Okolo Slovenska / Tour de

 

これらは、トラックの準備をするためのロードレース。

ヴィヴィアーニは、10月にヨーロッパトラックチャンピオンシップ、そして11月にベラルーシのワールドカップでレースする予定となっている。

「ハンブルグとプルアエまで続けていきます。再び勝利を目指します。

その後、10月と11月に、ヨーロッパトラックチャンピオンシップと、東京2020に向けたワールドカップの第1ラウンドを開催します」

とヴィヴィアーニは語った。

 

つまりエリア・ヴィヴィアーニもトラックで東京オリンピックを狙っているのだ。

 

 

ヴィヴィアーニによると、ヨークシャーのイタリアのロードチームのリーダーはマッティオ・トレンティンだという。

マッティオ・トレンティンは、ヨーロッパ選手権ではヴィヴィアーニのために集団を引きまくって勝利に貢献した。

トレンティンの走りで集団は分裂して多くのライダーがDNFになるほどだった。

 

東京オリンピックでエリア・ヴィヴィアーニのトラックの走りが見れたら最高ですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました