ロードバイクの情報を発信しています!

エリア・ヴィヴィアーニとリードアウトのファビオ・サバティーニがCofidisに移籍

海外情報
from Elia Viviani twitter
この記事は約5分で読めます。

かねてからあったエリア・ヴィヴィアーニの移籍の噂。ワールドツアーチームからプロコンチネンタルチームに移籍するという噂だった。

 

エリア・ヴィヴァーニは、正式にブロコンチネンタルチームのCofidisに移籍することが発表された。

チームメイトのリードアウトライダーであるファビオ・サバティーニも一緒に移籍する。

 

スポンサーリンク

Cofidisが正式に発表

 Cofidisからの移籍発表はこちら

 

Cofidisは、エリア・ヴィヴィアーニとファビォ・サバティーニのサインによって、ワールドツアーチーム昇格への強化を果たすことになる。

UCIは、シーズンの終わりにワールドツアーチームの数を18から20に増やす予定。

 Cofidis, Solutions Crédits は、フランスのチームであるTeam Total Direct Energieと共に、ワールドツアーチームに昇格する予定となっている。

 

 Cofidisがワールドツアーチームになれば、自動的にグランドツアーには出場出来るようになる。

イタリア人である、エリア・ヴィヴィアーニはジロ・デ・イタリアにも出場することが可能となる。

ブロコンチネンタルのままでは、ジロのワイルドカードにも招待される可能性は低いですからね。

ただ、エリア・ヴィヴィアーニがエーススプリンターとなることで、ツール・ド・フランスにも出場出来なかったナッセル・ブアニはチームを去りArkea-Samsicに移籍する予定。

 

 

エリア・ヴィヴィアーニがいなくなったQuick Stepには、サム・ベネットがBora-​​Hansgroheから移籍する予定。

 

 

エリア・ヴィヴィアーニは、3つのグランドツアー全てでステージ優勝を果たしている。

30歳の彼は、今シーズン9回優勝しており、最近の優勝はPrudential RideLondon。上のツイートはその時のスプリントの様子。

エリア・ヴィヴィアーニは次のように語っている。

「Cofidisゼネラルマネージャー]CédricVasseurおよび[スポーツディレクター] Roberto Damianiと話をすることで、Cofidisが私のために野心的なプロジェクトを提案することにどれだけコミットしているかを知ることが出来た。

私を中心にチームを作りたいという願望と、友人のファビオが到着したことで彼らが私に示した誠意にとても感謝しています。
Cofidisジャージは、最も歴史的なジャージの1つであり、私はそれを着ることを誇りに思います」

ただ、エリア・ヴィヴィアーニはQuick Stepの時のように手厚いリードアウトは望めないだろう。

どこまで勝利をチームにもたらすことが出来るのか注目が集まる。

 

ファビオ・サバティーニ

エリア・ヴィヴィアーニのリードアウトをするファビオ・サバティーニは、2009年のLiquigasでブロデビュー。

2015年にEtixx-Quick Stepに移籍してきた。

34歳の彼は、これまでに

  • エリア・ヴィヴィアーニ
  • マーク・カヴェンディシュ
  • マルセル・キッテル
  • ペーター・セーガン

彼らを、グランドツアーで勝利させた世界屈指のリードアウト選手の一人と広く認められている。

Cofidisに移籍して、二人がどこまで勝利をあげることが出来るのか来シーズンの走りが期待される。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました