ロードバイクの情報を発信しています!

スーパープレステージュ第7戦 ヒュースデンで落車したエリ・イーゼルビットのケガの様子

海外情報
Image by Anastasia Gepp from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

スーパープレステージュ第7戦 ヒュースデンでは、先頭を走るマチュー・ファンデルプールを追って2番手で走っていたエリ・イーゼルビットが落車。

このレースでは、ワウト・ファンアールトはパンクに落車。トム・ピドコックも落車。

レースは独走したマチュー・ファンデルプールが勝利している。

 

映像では、すでに落車した姿が写っていたが、どうやらカーブでフェンスにぶつかったようだ。

その後、腕を後続のライダーに踏まれたと。

 

スポンサーリンク

小石で滑る

photo tz-cyclingストリーミングより 以下同様

映像ではこける瞬間から。コルネ・ファンケッセルが倒れかけるエリ・イーゼルビットの肘に当たっていることがわかる。

 

ラース・ファンデルハールとコルネ・ファンケッセルはバイクをどけている。

 

エリ・イーゼルビットは相当痛そうにしており、この後、係員に抱きかかえられて救急車に乗って病院に直行。

診断では、骨折はなくて肘の脱臼だった。

病院から出てきたエリ・イーゼルビットは

病院では手術の準備が出来ていたが、スキャンの結果脱臼だとわかった。

ローレンス・スウェークの車輪に乗っていたが、小石で滑ってフェンスにぶつかった。

腹ばいになるまでは痛くなかった。コルネ・ファンケッセルは、私を避けようとしたが、腕を乗り越えて肘がずれた。私は彼を責めません。

それは起こり得る。それが壊れなかったことをうれしく思っている。

 

1月10日のベルギー選手権が目標

© Jef Matthee

 

エリ・イーゼルビットは日曜日の Dendermondeではスタートしないが、来週金曜日の元旦のバールではスタートに立ちたいとのこと。

幸いにもダメージはそれほど大きくなく、肘自体には何の問題もありません。しかし、写真では何かが見えている。月曜にはコルトレイクに検診に行きますが、その時には詳しいことがわかります。

しかし、通常はシーズンは終わりません。1月1日はバアルでドライブしたいです。だからギブスにしなかったんだよ。

1月10日のベルギー選手権は、私の日記に太字で書いてあります。今はそれに集中している。

 

私も肘を脱臼骨折したことがありますけど、かなり腫れるし痛みも凄い。元旦まで1週間もないのでシクロクロスを開始出来るとは思えないけど。

1月10日でも2週間しかないので微妙ですね。ロードと違って振動というか、衝撃は凄いのでベストの走りはまず難しい。

女子ジュニアシクロクロス王者シリン・ファンアンローイに続いて、ヨーロッパ選手権王者も離脱することになると、かなり寂しい結果になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました