ロードバイクの情報を発信しています!

マッティ・ブレシェルは関節炎との闘いで走れない

海外情報
photo from EF Education First
この記事は約4分で読めます。

マッティ・ブレシェル(EF Education First)は2018ジャパン・カップにも来日したことのあるベテラン選手。

2019ジロ・デ・イタリアにも出場していたが第4ステージでリタイヤしてしまった。

マッティ・ブレシェルが走れなくなった原因は乾癬性関節炎。

リウマチとは違うが薬で眠り続けないといけなくなってしまう。

 

スポンサーリンク

引退を決意

マッティ・ブレシェル  Photo Bettini

「良い形を見つけるのに苦労していたので、引退の決断を下したことは大きな安堵でした。

服用している薬が本当に私をノックアウトした。頭痛のために1日15時間眠った。

病気にかかり、プロのバイクライダーとして走り続けることは意味がなかった。

ジロをやめなければならないなら、プロのバイクライダーとしてやめなければならない」

と自分自身に言った。

マッティ・ブレシェルは、2月から5月まで悩んでいた。

春のクラッシック以来、乾癬性関節炎による慢性疼痛に苦しんでいたのだ。

 

乾癬性関節炎とは

乾癬性関節炎は、皮膚の病気である乾癬に、腫れと痛みを伴う手足などの関節炎を合併する病気。
乾癬性関節炎では、関節炎に加えて、腱や靭帯が骨に付く部位の炎症である付着部炎を始めいくつかの関節および関節周囲の症状を示し、どの症状がみられるかは患者さんそれぞれで異なります。
引用 リウマチ情報センター

 

医師と相談して、症状を和らげるのを助ける治療を受けた。

彼は5月にGiro d’Italiaを放棄し、それ以来Prudential RideLondon-Surrey Classicにのみ参加。これもDNF。

問題のある症状が続いており、マッティ・ブレシェルはスポーツから引退して健康に集中することを決意した。

 

キャリア

photo Matti Breschel instagram

2005年にCSC ProTeamとプロコンチネンタル契約。

15年に渡ってプロチームを渡り歩いた。

  • 2019 EF Education First (WT)
  • 2018 Team EF Education First-Drapac p/b Cannondale (WT)
  • 2017 Astana Pro Team (WT)
  • 2016 Cannondale Pro Cycling Team (WT)
  • 2016 Cannondale-Drapac Pro Cycling Team(WT)
  • 2015 Tinkoff – Saxo (WT)
  • 2014 Tinkoff – Saxo (WT)
  • 2013 Team Saxo – Tinkoff (WT)
  • 2012 Rabobank Cycling Team (WT)
  • 2011 Rabobank Cycling Team (WT)
  • 2010 Saxo Bank (WT)
  • 2009 Saxo Bank (WT)
  • 2005-2008 CSC ProTeam (PT)

ブレッシェルはクラシックでの有望な結果でキャリアをスタートし、2007年にデンマークのRundtでのステージで最初のプロ勝利を獲得。

彼はキャリア中にホームツアーの9つのステージで優勝。 2008年にはフィラデルフィア国際選手権とVuelta aEspañaのステージ優勝も果たした。

2009年に傑出したシーズンを過ごし

  • フランダースのツアー 6位
  • パリ・ルーベ 9位
  • デンマークロードレース選手権 優勝
  • ツール・ド・スイス  Stage4 優勝
  • ヴォルタ・ア・カタルーニャ Stage2 優勝
  • ツール・ド・ルクセンブルグ Stage5 優勝
  • ポスト・デンマーク・ルント Srag1 優勝

 

2010年には、オーストラリアのジーロングで開催された世界選手権で、銀メダルを獲得している。

2012年にデンマーク代表でロンドンオリンピックにも出場

2014年にツール・ド・ルクセンブルグで総合優勝し、同年の世界選手権では4位。

キャリアの後期の勝利はほとんどなかったが、ワールドツアーチーム、特にEF Education Firstで貴重なサポートの役割を果たした。

「本当に良い思い出がたくさんあります。自分のキャリア全体に非常に満足しています。多くのクレイジーなクールな人々と出会うことができた。

私は海のすぐそばに住んでいます。小さな帆船を持って、航海する方法を学ぶのは素晴らしいことです。それは、すべてを逃れる山での長い乗り物とほとんど同じような感じです」

 

と、引退後の計画について語ってくれている。

ブレッシェルはデンマークで最後のレースに出場します。家族や友人と一緒に、引退に向かうキャリアの終わりを祝います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました