ロードバイクの情報を発信しています!

オランダ選手権ロード マチュー・ファンデルプールが~

この記事は約6分で読めます。

オランダ選手権といえば、トリコロールのジャージをきたマチュー・ファンデルプールが思い出される。

レースでは目立つので代名詞のようになっている姿だ。オランダ選手権は昨年と同じコース。地元のTeam Jumbo-Vismaが大挙して訪れる選手権だ。

 

スポンサーリンク

オランダ選手権 183km

コースマップ photo nkwielrennen

 

コースは去年と一緒。7.3kmの周回コースを27周の予定だったけど、25周に短縮されている。

短縮された理由は、欧州サッカー選手権のためにNOS放送スケジュールがタイトになるためだそうだ。短くなっても厳しいコースであることには変わりがない。

上のコースマップを見てもわかるようにテクニカル。しかも9%勾配の登りが毎週回に出て来るサバイバルコース。

今年は観客も入れての観戦となった。

 

スタート前

Tiz-cyclingストリーミング スクリーンショット 以下同様

 

スタートでは、マチュー・ファンデルプールとトム・デュムランがグータッチ。二人は最後尾からスタート。余裕なのか?

 

更に、このレースではファビォオ・ヤコブセンとディラン・フルネーフェンが同じレースに出場。二人が声をかわしたのかはわからない。

上は、ヴィズマのクーン・ボウマンだ。

 

サバイバルレース

スタートは、狭い場所から。これも昨年と一緒だ。

 

ファビオ・ヤコブセンが最後尾。その前はトム・デュムランでスタート。

 

逃げには、ユンボ・ヴィズマが二人入っている。

 

レースは、ユンボ・ヴィズマが主導権を握る。途中3人が抜け出す場面も。

 

マチュー・ファンデルプールは、追走集団の最後尾で走っている。

 

少しずつ人数は減るが、先頭は目まぐるしくかわる。

  1.  Boy van Poppel (Intermarché-Wanty-Gobert)
  2. Gijs Leemrijze (Jumbo-Visma)
  3. Ivar Slik (Abloc)
  4. Nils Wolffenbuttel (VolkerWessels)
  5. Timo Roosen(Team Jumbo-Visma)
  6. Olav Kooij (Team Jumbo-Visma)
  7. Dylan Groenewegen (Team Jumbo-Visma)
  8. Nick van der Meer (VolkerWessels)
  9. Sebastiaan Langeveld (EF Education)
  10. Martijn Tusveld (Team DSM)
  11. Elmar Reinders (Riwal)
  12. Jens van den Dool (Metec-Solarwatt)
  13. Wesley Kreder (Intermarché-Wanty-Gobert)
  14. Oscar Riesenbeek (Alpecin-Fenix)
  15. Sjoerd Bax (Metec-Solarwatt)
  16. Sven Burger (Beat Cycling)
  17. Jan Maas (Leopard Pro Cycling)
  18. Danny van Poppel (Intermarché-Wanty-Gobert)

 

残りl48.4kmで先頭から3人が抜け出す。

 

 オスカル・リースベーグ(Alpecin-Fenix)が先頭をリードする。

 

 

3人は後続を引き離しにかかる。ディラン・フルネーフェンが入っているのが驚きだ。

  1. オスカル・リースベーグ(Alpecin-Fenix)
  2. ディラン・フルネーフェン(Team Jumbo-Visma)
  3. ボーイ・ファンポッペル (Intermarché-Wanty-Gobert)

 

こちらは追走グループ。

 

 

ラスト40kmで先頭3人に後続の5人が合流して8名の先頭グループとなる。ディラン・フルネーフェンは、チームメイトを率いれて、交代どなった。

  1. オスカル・リースベーグ(Alpecin-Fenix)
  2. ボーイ・ファンポッペル (Intermarché-Wanty-Gobert)
  3. Sjoerd Bax(Intermarché-Wanty-Gobert)
  4. Danny van Poppel (Intermarché-Wanty-Gobert)
  5. Boy van Poppel (Intermarché-Wanty-Gobert)
  6. Martijn Tusveld (Team DSM)
  7. オラク・クーイ(Team Jumbo-Visma)
  8. ティモ・ローセン(Team Jumbo-Visma)

 

最終グループから、抜け出たのは、ティモ・ローセン。

 

ティモ・ローセンは独走状態にはいる。

 

 

最終的にティモ・ローセンは30秒ものタイム差をつけて優勝した。

子供の頃からの夢がかなったと言う。トリコロールのジャージを着て1年間走れるが、ツールではみれないのが残念。

肝心のマチュー・ファンデルプールだが、今日は彼の日ではなかったようだ。追走集団の先頭を走っている時もあったが、結局追いつくことなく残り50kmで1分30秒のタイム差。

最終的にはリタイヤしてしまった。マチュー・ファンデルプールは、ツール開幕の土曜日までにスーパーな足が戻ってくることを期待しているとゴール後に答えている。

まあ、毎回スーパーであることは難しいですよね。これから、トリコロールジャージでないので、マチュー・ファンデルプールの姿を探すのに苦労しそうだ。

 

リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 ROOSEN Timo
Team Jumbo-Visma100154:10:41
2
 BAX Sjoerd
Metec – Solarwatt p/b Mantel75100:30
3
 RIESEBEEK Oscar
Alpecin-Fenix607,,
4
 TEUNISSEN Mike
Team Jumbo-Visma5040:33
5
 VAN POPPEL Boy
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux402,,
6
 TUSVELD Martijn
Team DSM3010:36
7
 KOOIJ Olav
Team Jumbo-Visma20 0:38
8
 MAAS Jan
Leopard Pro Cycling10 1:24
9
 WELTEN Bram
Team Arkéa Samsic5 1:28
10
 LANGEVELD Sebastian
EF Education – Nippo3 1:41

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました