ロードバイクの情報を発信しています!

バロワーズ・ベルギーツアー第3ステージ スプリントを制したライダーは?

海外情報
Photo credit: Live the World on Visualhunt
この記事は約9分で読めます。

第2ステージの個人タイムトライヤルで、レムコ・エヴェネプールはトップタイムを出した。しかし、チームメイトのイヴ・ランバールトとは2秒のタイム差。

ベストな状態とは言えないが、総合では45秒リードしている。だから、残りのステージでは、チームのスプリンターのためにアシストするのではないかな。

 

スポンサーリンク

第3ステージ ギンゲロム~スケルペンフフェル-ジケム 174.4 km

第3ステージ photo baloisebelgiumtour

 

公式コースマップでは、大きな高低差があるように見えるが、実際はそれほどでもない。

ベルギーツアーは、第3ステージで初めてスプリンターのためのステージとなる。

後半は、16kmのローカルラップを3周。第1ステージと同じようにゴールデンKMがあり、ボーナスタイムが1位・3秒、2位・2秒、3位・1秒が与えられる。

 

逃げは5人

Toz-cyclingストリーミング スクリーンショット以下同様

スタートの風景。レムコ・エヴェネプールはリーダージャージをキープするだろう。

 

逃げているのは5人。最初のスプリントポイントをヤン・ウィレムが獲得。上の写真の2番目のライダーだ。

  1.  ヤン・ウィレム VAN SCHIP Jan-Willem (BEAT Cycling)
  2. Cedric Beullens (Sport Vlaanderen-Baloise)
  3. Laurens Sweeck (Pauwels Sauzen-Bingoal)
  4. Mirco Maestri (Bardiani)
  5. Andreas Goeman (Tarteletto-Isorex)

 

ヤン・ウィレムは、ブレイクアウェイに最適なハンドルを使っている。これならばUCIのルールにも合っている。

 

ナセル・プアニは落車からの復帰中。左肘から血が流れている。

 

集団はロットが引いている。カレブ・ユアンのスプリントのためだ。残り55.7kmで2分24秒のタイム差。

 

集団先頭のBEAT Cyclingの選手は、ハンドル幅が狭いものを使っている。かなりフレアだ。

 

ヤン・ウィレムのボジションに注目だ。ハンドル形状が特殊なので無理なくTTボジションとなっている。

 

ローカルラップ1周回

先頭は、ローカルラップの3周回に入った。

 

ロットは、フィリップ・ギルバートが先頭を引いている。

 

逃げ集団は2回目のスプリントポイントを越える。ヤン・ウィレムは2位通過。

 

前から見た時の、ヤン・ウィレムの手の位置の違いが良くわかる。

 

集団は、レムコ・エヴェネプールも前に出て追う。

 

ラスト1周回

最後の1周に入る。

 

残り13.7kmで55秒。ここから一気にタイム差は縮まってくるだろう。

 

なんと、ジャスバー・フィリップセンが落車してしまう。

  • SBARAGLI Kristian (Alpecin-Fenix)
  • ジャスバー・フリップセン (Alpecin-Fenix)

 

ジャスバー・フィリップセンはかなり痛そうだ。

 

12.6kmで47秒。つめられてきた。

 

集団はBORAが引く。残り12.1kmで47秒と猛烈な勢いで詰めてくる。

 

ジャスバー・フィリップセンは膝に包帯を巻いて走り出した。無理しないほうが良いのではないかな。

 

トレックも集団牽引に加わる。

 

残り7.1kmで、後ろには集団が見えているが先頭はあきらめない。第1ステージのように逃げ切りだってあるから最後まで全力だ。

 

ゼネク・スティバルが集団から切れてしまう。肘の包帯が痛々しい。指の剥離骨説は大丈夫のようだけど、本調子には程遠い。

 

ヤン・ウィレムは、狭いハンドル幅の狭いpeeco Aero Breakaway Barは逃げるには最高だ。

 

集団が10秒後方まで来た時に、ヤン・ウィレムがアタック!

 

後続に捕まるが、かまわず引き続ける。だが、残り4kmで逃げグループは捕まってしまった。

 

ゴール手前3.4kmの登りで二人が抜け出す。    

 

先頭二人に追いついたのは、イヴ・ランパールトと、ビートル・ハヴィク (Beat Cycling)

 

イブ・ランパールトとビートル・ハヴィクは最後まで抵抗を続ける。ビートル・ハヴィクのハンドルも幅が凄く狭いフレアハンドルだ。

 

二人は、ロットによって捕まってしまう。

 

ラスト1.8kmでロットが先頭をキープ。

 

最後はなだれ込んでのスプリント開始。右側からロットがカレブ・ユアンを引きだす。

 

カレブ・ユアンはボイ・ファン・ポッペル(Intermarché-Wanty-Gobert)が速いとみるや、一気に進路を変えて後ろに陣取る。

 

カレブ・ユアンは、ボイ・ファン・ポッペルを悠々と抜いて勝利だ。2位はパスカル・アンカーマン。3位はミケル・モロコフ。

ティム・メルリエ、ディラン・フルネーフェン、ジャコモ・ニッツォーロ、ケース・ボルなど名だたるスプリンターはゴールスプリントには加われていない。猛烈なペースでついていけなかったのだ。

 

カレブ・ユアンは

登った後の最後の3kmは逆風が吹いていたが、チームが守ってくれた。4人が逃げていたので数人を使って追いつかなければならなかった。

彼らは最後の1kmまで素晴らしく案内してくれた。こんなにも頭が良くて強いライダーが回りにいるのはラッキーだ。彼らは完璧な仕事をした。

明日は追加のトレーニングとして使用し、日曜日に全力を尽くしたい。

最終ステージは完全フラットなので、再びカレブ・ユアンのスプリントが見られることだろう。

 

こちらはハイライト動画
2021 Baloise Belgium Tour – Stage 3 | Highlights | Cycling | Eurosport

 

リザルト

第3ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 EWAN CalebLotto Soudal20303:56:43
2 ACKERMANN PascalBORA – hansgrohe1018,,
3 MØRKØV MichaelDeceuninck – Quick Step512,,
4 VAN POPPEL DannyIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux 7,,
5 MOSCHETTI MatteoTrek – Segafredo 4,,
6 DUPONT TimothyBingoal Pauwels Sauces WB 3,,
7 KOOIJ OlavTeam Jumbo-Visma 2,,
8 COQUARD BryanB&B Hotels p/b KTM 1,,
9 NYS ThibauBaloise – Trek Lions  ,,
10 EEKHOFF NilsTeam DSM  ,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11 EVENEPOEL RemcoDeceuninck – Quick Step58:13:43
22 LAMPAERT YvesDeceuninck – Quick Step 8:14:28
33 MARCHAND GianniTarteletto – Isorex 8:14:36
44 FISHER-BLACK FinnTeam Jumbo-Visma 8:14:44
55 BOUWMAN KoenTeam Jumbo-Visma 8:14:50
66 SWIFT ConnorTeam Arkéa Samsic 8:14:52
77 SCHELLING IdeBORA – hansgrohe 8:14:53
88 RIESEBEEK OscarAlpecin-Fenix ,,
99 EENKHOORN PascalTeam Jumbo-Visma ,,
1010 AERTS ToonBaloise – Trek Lions 8:14:58

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 EVENEPOEL RemcoDeceuninck – Quick Step45
22 GHYS RobbeSport Vlaanderen – Baloise30
3  EWAN CalebLotto Soudal30
4  ACKERMANN PascalBORA – hansgrohe25
513▲8 COQUARD BryanB&B Hotels p/b KTM23
63▼3 MARCHAND GianniTarteletto – Isorex22
7  MØRKØV MichaelDeceuninck – Quick Step22
8  VAN POPPEL DannyIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux19
94▼5 PHILIPSEN JasperAlpecin-Fenix19
105▼5 LAMPAERT YvesDeceuninck – Quick Step18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました