ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ツール・ド・スイス第6ステージ 超級山岳を制したクライマーは?

海外情報
Photo credit: habi on VisualHunt
この記事は約17分で読めます。

ツール・ド・スイスは暑さに加えてコロナにも見舞われている。

人数が多すぎるので別記事で掲載。

 

アレクサンドル・ウラソフは、陽性の状態でもあれだけ走れているのだから凄いとも言える。回りで走っていたライダーが感染している可能性は否定できないだろう。

これで、リーダージャージはヤコブ・フルサンに移動。

 

スポンサーリンク

第6ステージ  ロカルノ~モーサルプ 180 km 

コースプロフィール   phoro tourdesuisse

 

スイスツアーも週末にかけて2連続の山岳ステージ。まずは超級山岳の連続だ。最後はモーサンプの登りゴールでフニッシュなので、ここで大きく差がつきそうだ。

ヤコブ・フルサンは、超級山岳に耐えられるだろうか。そうなると、INEOS Grenadiersのチーム力が大きくものをいいそう。アダム・イェーツにトム・ビドコックもいないけど。

 

  1. 超級山岳    Nuf​​enenpass  21.6km・5.0%
  2. スプリントポイント   Naters
  3. スプリントポイント  Visp
  4. 超級山岳    モーサンプ 17.7km・7.6%

 

スタート前

ヤコブ・フルサンは、思わぬ形でリーダージャージに。93人がスタート。

第6ステージの4賞。

  • 総合 ヤコブ・フルサン Israel – Premier Tech
  • ポイント賞 アンドレアス・レックネスン Team DSM
  • 山岳賞 クイン・シモンズ Trek-Segafredo
  • 新人賞 アンドレアス・クローン Lotto Soudal

 

12人の逃げ

残り130kmで逃げが一塊に。

  1. クレマン・シャンプッサン AG2R Citroën Team
  2. ディオン・スミス Team BikeExchange – Jayco
  3. ホセ・エラダ Cofidis
  4. ニコ・デンツ Team DSM
  5. カンタン・バシュ Groupama – FDJ
  6. アンドレア・パクアスロクン Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux
  7. ブレント・ファンムール Lotto Soudal
  8.  マイケル・マシューズ Team BikeExchange – Jayco
  9.  ネルソン・オリヴェイラ (Movistar Team)
  10.  ファウスト・マスナダ (Quick-Step Alpha Vinyl Team)
  11. クイン・シモンズ Trek-Segafredo
  12. ローランド・ザルマン Switzerland

 

 

超級山岳    Nuf​​enenpass  21.6km・5.0%

集団はAstana Qazaqstan Team が引いている。タイム差は7分30秒と開いている。

 

先頭は後続に追いつかれる心配はない。

 

スプリンターは集団からきれる。Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxのアレクサンダー・クリストフが切れている。

 

サガンは、ダニエル・オスと一緒に登っている。

 

クイン・シモンズは山岳ポイントを当然狙う。

 

 

集団はAstana Qazaqstan Team が引く展開で変わらず。

 

ようやく頂上だ。クイン・シモンズが前に。

 

クイン・シモンズ先頭で超級山岳を越える。

 

先頭は5分38秒差で下っている。

 

集団はIsrael – Premier Techが引いている。残り66.2kmでタイム差5分42秒。

 

Groupama – FDJは、シュテファン・キュングが総合5位の16秒差だ。

 

ヤコブ・フルサンが集団復帰中。

 

先頭集団にいるホセ・エラダはヘスス・エラダと兄弟。あまりにも暑いのでボトルの水を頭からかけている。

なんと、フランスのルート・ドクシタニー第2ステージは、暑さのために県知事がレースの通過を許可しなかった。34kmにレースが短縮されている。欧州は熱波だ。

 

Astana Qazaqstan Team がまた集団先頭に。アレクセイ・ルチェンコはかなり遅れているのだけど。

 

  スプリントポイント   Naters

マイケル・マシューズがスプリントポイントをトップ通過。

  1. マイケル・マシューズ Team BikeExchange – Jayco 5ポイント・3秒
  2. アンドレア・パクアスロクン Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 2ポイント・2秒
  3. ローランド・ザルマン Switzerland 1ポイント・1秒

 

マイケル・マシューズはスプリントポイントを集める。

 

残り37.3kmでタイム差は、6分44秒に。この中からステージ優勝が出そうだ。

 

スプリントポイント  Visp

マイケル・マシューズがまたもスプリントポイントトップ通過。

  1. マイケル・マシューズ Team BikeExchange – Jayco 5ポイント・3秒
  2. ローランド・ザルマン Switzerland 2ポイント・2秒
  3. ファウスト・マスナダ Quick-Step Alpha Vinyl Team 1ポイント・1秒

 

超級山岳    モーサンプ 17.7km・7.6%

マイケル・マシューズが先頭から脱落。

 

ニコ・デンツがアタック!

 

先頭はすぐにばらけ始めた。

 

先頭は4人に。

  1. ニコ・デンツ Team DSM
  2. カンタン・バシュ Groupama – FDJ
  3. ファウスト・マスナダ (Quick-Step Alpha Vinyl Team)
  4. クイン・シモンズ Trek-Segafredo

 

超級山岳    Nuf​​enenpass  21.6km・

 

更に3人となる。

  1. ニコ・デンツ Team DSM
  2. ファウスト・マスナダ (Quick-Step Alpha Vinyl Team)
  3. クイン・シモンズ Trek-Segafredo

 

残り13.9km。タイム差は5分18秒あるので十分だろう。

 

集団はINEOS Grenadiersが引きだした。まずは、オマール・フライレ。

 

残り11.2kmでシモン・クインズが先頭から切れてしまう。

 

クイン・シモンズは、すでに山岳ポイントを大きく稼いでおり山岳賞獲得は固いのでは。

 

先頭は二人の勝負に。

  1. ニコ・デンツ Team DSM
  2. ファウスト・マスナダ  Quick-Step Alpha Vinyl Team

 

先頭はディラン・ファンバーレに。残るはアシストは、ダニエル・マルチネスのみ。トム・ピドコックをコロナで失ったのは大きい。

 

集団からAstana Qazaqstan Team のアレクセイ・ルチェンコがアタック!

 

なんか、ずっとファウスト・マスナダが引いているような感じだ。

 

集団はIsrael – Premier Techが引きだす。

 

残り5kmで5分17秒とタイム差が少しだけ縮まってきた。

 

ここでマキシミリアン・シャフマンがアタック!

 

すぐにヤコブ・フルサンがチェックにはいる。

 

ヤコブ・フルサンとマキシミリアン・シャフマンが少し会話を。

 

そして、ダニエル・マルチネスが先頭にでる。

 

先頭に二人が追いつく。

  1. ニコ・デンツ Team DSM
  2. ファウスト・マスナダ  Quick-Step Alpha Vinyl Team
  3. ホセ・エラダ Cofidis
  4. クレマン・シャンプッサン AG2R Citroën Team

 

ようやく、ニコ・デンツが前にでた。これは遅すぎる。

 

また、ファウスト・マスナダが先頭に。

 

ダニエル・マルチネスがペースを刻む。

 

ファウスト・マスナダがアタック!

 

ホセ・エラダは切れたが二人は振り切れない。

 

だが、牽制している間にホセ・エラダが追いつき再び4人に。

 

集団ではBORA-hansgroheが攻撃。

 

ファウスト・マスナダは、無理やり横にずれて先頭を譲らないと引かされるばかりだ。

 

残り1.1kmでファウスト・マスナダがベースアップ!

 

だが、振り切れない。このままいくとスプリントだ。

 

後ろから、クイン・シモンズも追いついた。

 

クイン・シモンズが後ろからアタック!

 

クイン・シモンズ先頭。後ろから、ニコ・デンツとクレマン・シャンプッサンが追い込む!

 

クレマン・シャンプッサンが先頭だ。

 

二人はハンドルを投げたが、ギリギリでニコ・デンツが差し切った!

ステージ優勝はニコ・デンツに。最も強かったのはファウスト・マスナダだが、勝つことは出来なかった。ジロを欠場し長く出れないかと思っていたけど、これで復活だ。

 

 

ゲラント・トーマスが総合勢トップでゴール。総合ではヤコブ・フルサンと1秒差。このままTTに持ち込めば総合優勝も見えてくる。

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

第6ステージ リザルト

ニコ・デンツのコメント(公式サイトより)

早めに休憩を取り、前の人たちと橋を架けようとした。一日中本当に気分が良く、一日中氷と水で車を冷やして水分を補給するのに大いに助けられた。これが今日の自分にとって重要だった。

最後の登りで、私は自分が従わなければならないことを知っていた。コースは逆風でもあった。

前にとどまるために深く掘り下げた、そして、より平らな部分に着いたとき、本当に勝てるかもしれないと思った。

スプリントのために、どのようになるかを知っているサポートカーからいくつかの本当に良い情報を得ていた。

急な部分で遅れる必要があることはわかっていた。実際、ほとんど長く待ちすぎていた。しかし、それが私にとって良いことであり、この信じられないほどの勝利を収めることができて本当にうれしい。

これが私にとってどれほど大きいかを説明する言葉はありません。

RnkRiderTeamUCI Time
1
 DENZ Nico
Team DSM60
10″
5:11:14
2
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team25
6″
,,
3
 HERRADA José
Cofidis10
4″
,,
4
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo  ,,
5
 MASNADA Fausto
Quick-Step Alpha Vinyl Team 
1″
0:11
6
 PACHER Quentin
Groupama – FDJ  1:33
7
 THALMANN Roland
Switzerland 
3″
1:46
8
 THOMAS Geraint
INEOS Grenadiers  2:14
9
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe  ,,
10
 FUGLSANG Jakob
Israel – Premier Tech  ,,
11
 GROßSCHARTNER Felix
BORA – hansgrohe  ,,
12
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ  ,,
13
 POZZOVIVO Domenico
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  ,,
14
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers  2:18
15
 JUNGELS Bob
AG2R Citroën Team  ,,
16
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost  ,,
17
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM  2:22
18
 WARBASSE Larry
AG2R Citroën Team  2:50
19
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ  2:53
20
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team  2:55

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCI Time
12▲1
 FUGLSANG Jakob
Israel – Premier Tech10
4″
27:30:30
23▲1
 THOMAS Geraint
INEOS Grenadiers 
3″
0:01
36▲3
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe  0:10
47▲3
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost 
6″
0:26
58▲3
 GROßSCHARTNER Felix
BORA – hansgrohe  0:34
610▲4
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM 
16″
0:46
75▼2
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ  0:49
84▼4
 KRON Andreas
Lotto Soudal 
5″
1:00
914▲5
 POZZOVIVO Domenico
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  1:07
109▼1
 REICHENBACH Sébastien
Groupama – FDJ  1:29
1115▲4
 JUNGELS Bob
AG2R Citroën Team  1:36
1211▼1
 SCHACHMANN Maximilian
BORA – hansgrohe 
8″
1:47
1316▲3
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers  1:52
1417▲3
 HOULE Hugo
Israel – Premier Tech  2:44
1519▲4
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team  3:08
1622▲6
 PEDRERO Antonio
Movistar Team  3:53
1721▲4
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies 
3″
4:36
1828▲10
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ  6:20
1930▲11
 MASNADA Fausto
Quick-Step Alpha Vinyl Team 
1″
6:54

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
13▲2
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange – Jayco22
21▼1
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM20
32▼1
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo18
45▲1
 IMPEY Daryl
Israel – Premier Tech12
5 
 DENZ Nico
Team DSM12
67▲1
 SAGAN Peter
TotalEnergies12
78▲1
 HOLMES Matthew
Lotto Soudal12
810▲2
 SCHACHMANN Maximilian
BORA – hansgrohe10
912▲3
 THOMAS Geraint
INEOS Grenadiers8
1013▲3
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost8

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo60
2 
 DENZ Nico
Team DSM20
3 
 MASNADA Fausto
Quick-Step Alpha Vinyl Team19
4 
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team15
52▼3
 GILBERT Philippe
Lotto Soudal12
63▼3
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM10
74▼3
 KAMP Alexander
Trek – Segafredo10
85▼3
 VITZTHUM Simon
Switzerland10
9 
 THALMANN Roland
Switzerland10
107▼3
 HOLMES Matthew
Lotto Soudal9

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
12▲1
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe27:30:40
23▲1
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM0:36
31▼2
 KRON Andreas
Lotto Soudal0:50
46▲2
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team2:58
57▲2
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies4:26
68▲2
 BERTHET Clément
AG2R Citroën Team10:49
711▲4
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team13:35
813▲5
 MONIQUET Sylvain
Lotto Soudal34:32
910▲1
 VAN WILDER Ilan
Quick-Step Alpha Vinyl Team34:50
1020▲10
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo35:29

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました