ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ツアー・オブ・スロベニア第3ステージ タデイ・ポガチャルは、山岳で爆発か?

海外情報
Photo credit: WolfgangPichler on Visualhunt
この記事は約15分で読めます。

ツアー・オブ・スイスではマルク・ヒルシとディエゴ・ウルッシが陽性反応。当初は、二人以外は出走となっていたけど、その後チームごと撤退。

スロベニアツアーでは、UAE Team Emiratesはミッケル・ビョーグが陽性反応。ルームメイトのヴェガールステイク・ラエンゲンが念のためにDNS。

こちらは、タデイ・ポガチャルがおり、チームごと撤退するとツールのための調整も出来なくなる。このステージは走っておきたいところだけど無事にスタート。

 

スポンサーリンク

第3ステージ    ジャレツ~ツェリェ 144.6km

コースプロフィール   photo tourofslovenia

 

昨年のこのステージでは、タデイ・ポガチャルが勝利している。2級山岳スヴェティナの登りで、タデイ・ポガチャルがアタックをかけると、もう誰もフォローできないだろう。

Bahrain Victoriousのドメン・ノヴァクは、どこまでついていけるかな。

 

  1. スプリントポイント  Šoštanj
  2. スプリントポイント  Šmartno ob Paki
  3. 2級山岳  リバ  4.8km・7.0%
  4. スプリントポイント   Vransko
  5. スプリントポイント Braslovče
  6. 2級山岳   スヴェティナ  5.2km・7.7%

 

スタート前

リーダージャージは、ラファウ・マイカ。タディ・ポガチャルと二人で山岳トップを目指す。

 

さあ、オフィシャルスタート。

 

単独の逃げ

放送が始まる前には、Team BikeExchange – Jaycoのディラン・フルーネウェーヘンや、ヤン・ポランツなどが逃げていた。

スプリントポイントを過ぎるとBardiani-CSF-Faizanèのサミュエル・ゾッカラート単独に。

 

2級山岳  リバ  4.8km・7.0%

2級山岳をバラバラで通過

  1. サミュエル・ゾッカラート Bardiani-CSF-Faizanè  6ポイント
  2. DE ROSSI Lucas(China Glory Continental Cycling Team) 4ボイント
  3. BANASZEK Alan(HRE Mazowsze Serce Polski) 2ポイント

 

 

単独で先頭のサミュエル・ゾッカラートを追う。

 

   

当然、集団はUAE Team Emiratesが引いてる。

 

サミュエル・ゾッカラートに後続が追いつく。

 

3人の逃げ

さらに後方から追いつき3人に。

  1. サミュエル・ゾッカラート Bardiani-CSF-Faizanè
  2. DE ROSSI Lucas(China Glory Continental Cycling Team) 
  3. BANASZEK Alan(HRE Mazowsze Serce Polski)

 

集団は3分16秒差。山岳までには追いつきたいところか。

 

スプリントポイント Braslovče

先頭がスプリントポイント通過。

  1. BANASZEK Alan(HRE Mazowsze Serce Polski) 5ポイント・3秒
  2. サミュエル・ゾッカラート Bardiani-CSF-Faizanè 3ポイント・2秒
  3. DE ROSSI Lucas(China Glory Continental Cycling Team) 1ポイント・1秒

 

残り53.4kmでタイム差1分56秒に。

 

ディラン・フルーネウェーヘンのボイント賞はスロベニアツアーでは獲得が濃厚かな。

 

UAE Team Emiratesは、5人しかいないがパスカル・アッカーマンは、スプリンターなので山岳では関係ない。それでも、平地で引いて貰えれば、タディ・ポガチャルには十分かな。

 

スロベニアは気温26℃。少しパラパラと雨も降ってきた。

 

2級山岳前に位置取り争いが。先頭まで28秒と迫る。

 

3人の後ろに集団が迫る。

 

残り27.2kmで先頭3人は集団に捕まった。

 

先頭はBahrain Victoriousが引く。

 

なんと、先頭を走っていたUAE Team Emiratesのルイ・オリヴィラが落車。

 

雨で路面が滑りやすくなっている。

 

バイク交換して走りだすが追いつくことはないだろう。

 

2級山岳   スヴェティナ  5.2km・7.7%

まずは、Bahrain Victoriousが先頭を引く。

 

すぐにUAE Team Emiratesが主導権を。タデイ・ポガチャルが先頭に立つ。

 

ラファウ・マイカに、ドメン・ノヴァクが続く。

 

なんと、もう3人だ。

 

マテイ・モホリッチがなんとか後ろに見えている。

 

タデイ・ポガチャルがラファウ・マイカを引く。

 

あ~っ、ドメン・ノヴァクが遅れた。

 

マテイ・モホリッチとドメン・ノヴァクのBahrain Victoriousコンビで追う。

 

これは、このままタデイ・ポガチャルが引くパターンだ。

 

マテイ・モホリッチが単独で20秒差で追っている。ドメン・ノヴァクは切れてしまった。

 

タデイ・ポガチャルとラファウ・マイカは先頭交代を始めた。

 

タディ・ポガチャルのあまりのスピードに、ラファウ・マイカはカメラに向かって切れてしまうとアピール。

 

ラファウ・マイカ先頭で2級山岳を越える。

 

マテイ・モホリッチは、集団に捕まってしまう。

 

だが、マテイ・モホリッチは集団から再度アタック!

 

タデイ・ポガチャルとラファウ・マイカは慎重に下るだけだ。

 

なんと、下りでAlpecin-Fenixの二コラ・コンチが追いついた。これがチーム所属がなかったライダーの走りなのか?

 

残り4.5km。集団も25秒差で迫っている。

 

残り3.5kmで集団とは52秒に開く。さすがタディ・ポガチャルの引きだ。

 

ずっとタディ・ポガチャル先頭。残り1.9kmだ。

 

残り1.4km。ラファウ・マイカとタデイ・ポガチャルが少し打ち合わせる。

 

ラファウ・マイカが先頭に。少しタディ・ポガチャルの足を休ませる作戦だ。

 

ここで、少し休んだタディ・ポガチャルがアタック!

 

ラファウ・マイカは、ついていけない。

 

だが、二コラ・コンチもタディ・ポガチャルにはついていけない。

 

のこり900mで完全に遅れた。

 

こうなると誰もタディ・ポガチャルには追いつかない。

 

さあ、タディ・ポガチャルがどこまでタイム差を広げるか。

 

タディ・ポガチャルは全くスピードが落ちない。

 

ラファウ・マイカは二コラ・コンチに追いつく。

 

二コラ・コンチは、ラファウ・マイカにもちぎられてしまう。

 

タディ・ポガチャルが単独でゴール前に帰ってきた。

 

タディ・ポガチャルは、地元ファンの大歓声の中、単独でゴール!

ツール・ド・フランスに向けて死角なしだ。ラファウ・マイカと共にワンツーフニッシュを決めた。タディ・ポガチャルは、クイーンステージを明日に控えて、総合でもトップに。

大会2連覇が見えてきた。

 

こちらはハイライト動画

 

 

スポンサーリンク

リザルト

第3ステージ リザルト

タディ・ポガチャルのコメント(公式サイトより)

チームとして、状況をコントロールするために完璧に仕事をした。登りではラファウと2人でアタックすることにして、後続に十分なマージンを作ることができた。

下りは雨が降っていたこともあって非常に滑りやすく、ハードに走るのは難しいと思っていた。

二コラ・コンチはうまく追いついたし、その時点で最後の坂で賢く動くしかないと思った。うまくいった。優勝できてとてもうれしいよ。

RnkRiderTeamUCI Time
1
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates20
10″
3:27:09
2
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates10
6″
0:11
3
 CONCI Nicola
Alpecin-Fenix5
4″
0:14
4
 MEZGEC Luka
Team BikeExchange – Jayco  0:36
5
 ALBANESE Vincenzo
EOLO-Kometa  ,,
6
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious  ,,
7
 GABBURO Davide
Bardiani-CSF-Faizanè  ,,
8
 BARCELÓ Fernando
Caja Rural – Seguros RGA  ,,
9
 CHIRICO Luca
Drone Hopper – Androni Giocattoli  0:41
10
 NICOLAU Joel
Caja Rural – Seguros RGA  0:43
11
 LASTRA Jonathan
Caja Rural – Seguros RGA  0:46
12
 ŘEPA Vojtěch
Equipo Kern Pharma  ,,
13
 NOVAK Domen
Bahrain – Victorious  0:47
14
 DOUBLE Paul
Mg.K Vis-Color for Peace-VPM  ,,
15
 BUDZINSKI Marcin
HRE Mazowsze Serce Polski  ,,
16
 BURKE Jack
Team Felbermayr – Simplon Wels  ,,
17
 MARTÍN Sergio Roman
Caja Rural – Seguros RGA  0:57
18
 RAVASI Edward
EOLO-Kometa  1:00
19
 IRIBAR Unai
Euskaltel – Euskadi  1:12
20
 AGIRRE Jon
Equipo Kern Pharma  1:30

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCI Time
13▲2
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates5
14″
11:41:58
21▼1
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates 
16″
0:07
32▼1
 NOVAK Domen
Bahrain – Victorious 
6″
0:55
48▲4
 CONCI Nicola
Alpecin-Fenix 
4″
1:10
55
 ALBANESE Vincenzo
EOLO-Kometa  1:36
69▲3
 MEZGEC Luka
Team BikeExchange – Jayco  ,,
714▲7
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious  ,,
87▼1
 GABBURO Davide
Bardiani-CSF-Faizanè  1:37
910▲1
 NICOLAU Joel
Caja Rural – Seguros RGA  1:43
104▼6
 ŘEPA Vojtěch
Equipo Kern Pharma 
3″
,,
1112▲1
 DOUBLE Paul
Mg.K Vis-Color for Peace-VPM  1:47
126▼6
 FELLINE Fabio
Astana Qazaqstan Team  2:40
1315▲2
 BARCELÓ Fernando
Caja Rural – Seguros RGA  2:52
1416▲2
 MARTÍN Sergio Roman
Caja Rural – Seguros RGA  3:12
1520▲5
 RAVASI Edward
EOLO-Kometa  3:20
1618▲2
 AGIRRE Jon
Equipo Kern Pharma  3:45
1719▲2
 TOLIO Alex
Bardiani-CSF-Faizanè  4:15
1817▼1
 FORTUNATO Lorenzo
EOLO-Kometa  5:34
1928▲9
 BUDZINSKI Marcin
HRE Mazowsze Serce Polski  7:25
2041▲21
 LASTRA Jonathan
Caja Rural – Seguros RGA  8:39

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates45
27▲5
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates41
33
 ALBANESE Vincenzo
EOLO-Kometa35
416▲12
 CONCI Nicola
Alpecin-Fenix26
512▲7
 MEZGEC Luka
Team BikeExchange – Jayco26
62▼4
 GROENEWEGEN Dylan
Team BikeExchange – Jayco25
74▼3
 NOVAK Domen
Bahrain – Victorious23
810▲2
 CHIRICO Luca
Drone Hopper – Androni Giocattoli21
95▼4
 TAMINIAUX Lionel
Alpecin-Fenix20
1017▲7
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious19

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates19
23▲1
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates12
32▼1
 NOVAK Domen
Bahrain – Victorious9
4 
 ZOCCARATO Samuele
Bardiani-CSF-Faizanè6
5 
 DE ROSSI Lucas
China Glory Continental Cycling Team4
64▼2
 CANAL Carlos
Euskaltel – Euskadi3
7 
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious2
8 
 BANASZEK Alan
HRE Mazowsze Serce Polski2
95▼4
 ROVDER Pavol
Dukla Banska Bystrica2
106▼4
 JEROMEL Vid
Cycling Team Kranj1

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 ŘEPA Vojtěch
Equipo Kern Pharma11:43:41
22
 TOLIO Alex
Bardiani-CSF-Faizanè2:32
35▲2
 HOPKINS Dylan
Ljubljana Gusto Santic9:15
43▼1
 CANAL Carlos
Euskaltel – Euskadi9:28
54▼1
 GOVEKAR Matevž
Bahrain – Victorious16:49
67▲1
 UMBA Santiago
Drone Hopper – Androni Giocattoli18:18
79▲2
 FANCELLU Alessandro
EOLO-Kometa19:22
812▲4
 GLIVAR Gal
Adria Mobil21:00
98▼1
 BOGNA Alex
Alpecin-Fenix22:14
1010
 CAROLLO Francesco
Mg.K Vis-Color for Peace-VPM25:46

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました