ロードバイクの情報を発信しています!

2024チャレンジマヨルカ トロフェオ セス・サリーナス ファラニチ マヨルカ2日目を制したのは誰?

海外情報
Photo credit: Herr Olsen on Visualhunt
この記事は約11分で読めます。

チャレンジマヨルカの2日目。

トロフェオ  セス・サリーナス ファラニチ Trofeo Ses Salines-Felanitx(1.1)

チャレンジマヨルカはワンデーレースの集まり。1日目はEF Education-EasyPostのサイモン・カーが勝利している。

  1. 1月24日 トロフェオ カルビア
  2. 1月25日 トロフェオ  セス・サリーナス ファラニチ
  3. 1月26日 トロフェオ セラ・トラムンタナ
  4. 1月27日 トロフェオ ファラニチ
  5. 1月28日 トロフェオ パルマ

 

スポンサーリンク

セス・サリーナス~ ファラニチ

コースプロフィール photo vueltamallorca

 

チャレンジ マヨルカ2日目は、上り坂のフィニッシュとなる。大きな周回コースを約2周する。

選手はみんなキャンプでよく使っているコース。最後の8kmは上り坂で、ゴールから7km地点に6%の急勾配のセクションがある。残りは約2%勾配なのでスプリンターがゴールを狙ってくる。

 

  1. 4級山岳 KOM Sprint 1  4.1km・1.3%
  2. スプリントポイント Felanitx
  3. 4級山岳 KOM Sprint 2  1km・4.3%
  4. スプリントポイント Ses Salines
  5. 4級山岳 KOM Sprint 2  1km・4.3%
  6. スプリントポイント Ses Salines
  7. スプリントポイント Campos
  8. 4級山岳 Ca s’Hereu Mas  1km・3.4%

 

注目のライダーは

  • Movistar Team  ホルヘ・ハルカス、ダヴィデ・チモライ
  • UAE Team Emirates ニルス・ポリッツ、フィリッポ・バロンチーニ
  • BORA – hansgrohe レーナード・ケナム
  • Soudal – Quick Step ジャンニ・モスコン、イヴ・ランパールト、マッティア・カッタネオ
  • Cofidis ゴルカ・イサギレ、ステファノ・オルダーニ
  • EF Education – EasyPost アルベルト・ベッティオール、ミケル・ヴァルグレン、マライン・ファンデンベルフ、留目夕日
  • Intermarché – Wanty ユーゴ・パージ、ヘルベン・タイッセン、ローレンツ・レックス
  • Arkéa – B&B Hotels アルノー・デマール、デッカー
  • Uno-X Mobility アレンサンダー・クリストフ
  • Lotto Dstny ライオネル・タミニオー
  • Tudor Pro Cycling Team アルベルト・ダイネーゼ

 

スタート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

スタート地点には、アレハンドロ・バルベルデの姿も見られた。

 

ニュートラルスタート。

 

4人の逃げ

残り170kmから4人の逃げ。

  1.  リカルド・ルッカ (VF Group – Bardiani CSF – Faizanè)
  2.  ビクトル・ヴェルクイエ (Team Flanders – Baloise)
  3.  Edgar Curto(Illes Balears Arabay Cycling)
  4.  CRAINE Ethan (Project Echelon Racing)

 

4級山岳 KOM Sprint 1  4.1km・1.3%

4級山岳獲得順位は

  1.  リカルド・ルッカ (VF Group – Bardiani CSF – Faizanè) 3ポイント
  2. Edgar Curto(Illes Balears Arabay Cycling) 2ポイント 
  3.  CRAINE Ethan (Project Echelon Racing) 1ポイント

 

スプリントポイント Felanitx

スプリントポイント獲得順位は

  1. CRAINE Ethan (Project Echelon Racing) 3ポイント
  2. ビクトル・ヴェルクイエ (Team Flanders – Baloise) 2ポイント
  3.  リカルド・ルッカ (VF Group – Bardiani CSF – Faizanè) 1ポイント

 

4級山岳 KOM Sprint 2  1km・4.3%

4級山岳獲得順位は

  1. CRAINE Ethan (Project Echelon Racing) 3ポイント
  2. Edgar Curto(Illes Balears Arabay Cycling) 2ポイント 
  3. リカルド・ルッカ (VF Group – Bardiani CSF – Faizanè) 1ポイント

 

スプリントポイント Ses Salines

スプリントポイント獲得順位は

  1. リカルド・ルッカ (VF Group – Bardiani CSF – Faizanè) 3ポイント
  2.  CRAINE Ethan (Project Echelon Racing) 2ポイント 
  3. ビクトル・ヴェルクイエ (Team Flanders – Baloise) 1ポイント

 

4級山岳 KOM Sprint 2  1km・4.3%

4級山岳獲得順位は

  1. CRAINE Ethan (Project Echelon Racing) 3ポイント
  2. Edgar Curto(Illes Balears Arabay Cycling) 2ポイント 
  3. リカルド・ルッカ (VF Group – Bardiani CSF – Faizanè) 1ポイント

 

残り38kmで先頭から遅れた二人が集団につかまってしまう。

 

逃げ続けているはプロチームの二人。

  1. リカルド・ルッカ (VF Group – Bardiani CSF – Faizanè) 
  2. ビクトル・ヴェルクイエ (Team Flanders – Baloise)

 

残り22kmでタイム差54秒。集団は焦っていない。

 

Green Project-Bardiani CSF-Faizanèは、2024年からVF Group-Bardiani CSF-Faizanèとチーム名も変わったのだけど、ユニフォームが見慣れないので覚えるのに時間がかかりそう。

 

残り2km。各チームのアシストが働く。

 

残り1kmではLotto Dstnyが先頭に。

 

ウルフパックもよい位置につけている。

 

さあ、先頭はウルフパックのルーク・ランペルティ。ツアー・オブ・ジャパンで3勝をあげたネオプロだ。後ろについているのは、ポール・マグニエ。

Tudor Pro Cycling Teamに移籍したアルベルト・ダイネーゼはインに詰まってしまう。

 

 

ルーク・ランペルティが猛烈にポール・マグニエを引いている。

 

ポール・マグニエが発射されて、そのままゴールを駆け抜けた~!

 

 

ポール・マグニエの後ろでは、ルーク・ランペルティが手を挙げている。二人はTrinity Racingで昨年まで一緒に走っていた。今年ワールドツアーチームに移籍して早くも勝利を挙げるとは~。

ポール・マグニエは、2023ツアー・オブ・ブリテンでは、総合20位。2023欧州選手権ジュニアロード3位の実績から一気にワールドツアー入りしている。

プロ初レースの19歳が初戦でプロ初勝利をあげるという快挙を成し遂げた。

2位にはTeam dsm – firmenichからTudor Pro Cycling Teamに移籍したアルベルト・ダイネーゼ。最終コーナーでインに詰まったのが痛かった。

リザルト

ポール・マグニエのコメント

優勝できたのは、主にチームのおかげだ。彼らには自信があった。もちろんプロレースで勝ったことはなかったから。でも、ラスト1キロでチームのみんなに助けられた。うまくいってとてもうれしいよ。

見事なリードアウトを見せたのは、もう一人の若手、ルーク・ランペルティでしたね。

昨年Trinity Racingでもすでにいいコンビだった。でも、このチームはその方法を知っている。でも、このチームは何十年も前からそのやり方を知っていたから、彼らのアプローチには自信があった。

優勝できたことは、僕にフィニッシュする力があることを示している。チームマネージャーのトム・スティールズは、ステージでの僕のスプリントを見て、自信を持たせてくれたんだ。

日曜日のトロフェオ・パルマにはルーク・ランペルティが狙う。交互に走るのは僕らの成長にとっていいことだ。その後、マスカット・クラシック、ツアー・オブ・オマーン、そしてベルギーのワンデーレースが待っている。

2位のアルベルト・ダイネーゼのコメント

チームと一緒にシーズンをスタートするのを楽しみにしていた。マリウス・マイヤーホーファーはいい仕事をしてくれたが、残念ながら最後の500メートルで彼のホイールを失ってしまった。

あそこはかなり危険で滑りやすいコーナーだった。そのあとはすぐにスタートしなければならなかった。それでも5番手からかなりのスピードで上がっていったが、十分ではなかった。

勝つためにやってきた。チームの苦労にすぐにでも報いたかったので、とにかく悔いが残る。スプリンターとしては、常に勝ちたい。幸い、日曜日のトロフェオ・パルマにまたチャンスがある。

Rnk Rider Team UCI Time
1
 MAGNIER Paul
Soudal – Quick Step 125 3:55:03
2
 DAINESE Alberto
Tudor Pro Cycling Team 85 ,,
3
 LAMPERTI Luke
Soudal – Quick Step 70 ,,
4
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education – EasyPost 60 ,,
5
 COLNAGHI Luca
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè 50 ,,
6
 CIMOLAI Davide
Movistar Team 40 ,,
7
 TEUTENBERG Tim Torn
Lidl – Trek Future Racing 35 ,,
8
 OLDANI Stefano
Cofidis 30 ,,
9
 MARTIN David
Team Polti Kometa 25 ,,
10
 KRISTOFF Alexander
Uno-X Mobility 20 ,,
11
 RENARD Alexis
Cofidis 15 ,,
12
 ABERASTURI Jon
Euskaltel – Euskadi 10 ,,
13
 VAN DE PAAR Jarne
Lotto Dstny 5 ,,
14
 BÁRTA Tomáš
Caja Rural – Seguros RGA 5 ,,
15
 TAMINIAUX Lionel
Lotto Dstny 5 ,,
16
 MCGILL Scott
Project Echelon Racing 3 ,,
17
 CANAL Carlos
Movistar Team 3 ,,
18
 SERRANO Javier
Team Polti Kometa 3 ,,
19
 THIJSSEN Gerben
Intermarché – Wanty 3 ,,
20
 BEHRENS Niklas
Lidl – Trek Future Racing 3 ,,
21
 BABOR Daniel
Caja Rural – Seguros RGA 3 ,,
22
 HERZOG Emil
BORA – hansgrohe 3 ,,
23
 SOTO Antonio Jesús
Equipo Kern Pharma 3 ,,
24
 DEWEIRDT Siebe
Team Flanders – Baloise 3 ,,
25
 CAÑELLAS Xavier
Euskaltel – Euskadi 3 ,,
26
 LÜHRS Luis-Joe
BORA – hansgrohe   ,,
27
 BOUGLAS Georgios
Burgos – BH   ,,
28
 ISASA Xabier
Euskaltel – Euskadi   ,,
29
 DÉMARE Arnaud
Arkéa – B&B Hotels   ,,
30
 GONZÁLEZ David
Caja Rural – Seguros RGA   ,,

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

  1. Joe より:

    1日目を勝ったのはサイモン・カーでは?

    • ちゃん より:

      Joeさん、教えていただき大変ありがとうございます。自分では中々気づかないので助かります。また教えてください!

タイトルとURLをコピーしました