ロードバイクの情報を発信しています!

フランス版ストラーデ・ビアンケのトロ・ブロ・レオンのゴールは写真判定に

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt.com
この記事は約6分で読めます。

フランスで行われたワンデイレース、トロ・ブロ・レオンは、ストラーデ・ビアンケとパリ~ルーベをミックスさせたようなレース。

26の未舗装路があり、途中雨も降ったために路面状況はとても酷かった。

どんな状態かというと

Riwal Cycling Teamが前日に走った時の様子なのだろうけど、これで突っ込んだら間違いなくこけてしまう。

 

スポンサーリンク

Lannilis~Lannilis  207km

コースマップ photo Trobroleon – officiel

 

実に26の未舗装路を含むコースは、207kmという長距離で行われる。アップダウンプラス、未舗装では走っているだけで集団が小さくなっていく。

 

レースは早い段階で逃げが発生。

photo YouTube動画より

 

大きなリードは奪えないけれども、集団は小さくなっていく。

  • Ook Alexys Brunel (Groupama-FDJ)
  • Maxime Cam (B&B Hotels)
  • Eduard-Michael Grosu (Delko)
  • Mikel Aristi (Euskaltel-Euskadi)
  • Pier-André Coté (Rally)
  • Syves Waersted (Uno-X)
  • Dylan Kowalski (Xelliss-Roubaix Lille Métropole) 

 

途中から雨で路面状態は良くない。

 

砂ぼこりも、嫌だろうけど雨はもっと嫌でしょうね。

離脱グループは、メンバーを変えながら最終的に4人のグループとなる。

 

  1. ビート・アレハールト (Cofidis)
  2. オリヴィエ・ルガック (Groupama-FDJ)
  3. コナー・スゥィフト (Arkéa-Samsic)
  4. バティスト・ブランカール (Intermarché-Wanty-Gobert)

4人は、集団に30秒程度の差をつけて逃げ続ける。

最後まで、逃げ切った4人はスプリントに突入。やや登り勾配のゴールで、最初にスプリントを開始したのは、2018英国チャンピオンのコナー・スゥィフト (Arkéa-Samsic)。

 

こちらはゴールシーン

 

勝ったと思った、コナー・スゥィフトは手を上げるのだけど、少し早過ぎた。

 

photo YouTube動画より

ビート・アレハールト (Cofidis)と、バティスト・ブランカール (Intermarché-Wanty-Gobert)に差し込まれてしまう。

これにより、結果は写真判定を待つことに。

 

写真判定の結果は

 

僅かな差で、コナー・スウィフトの勝利だ!

2020ツール・ド・フランスではナイロ・キンタナのアシストとして献身的に働いた。アシストとして働いているが、少人数の逃げからの勝利は得意なパターンだ。

 

コナー・スウィフトはチームの公式サイトで

それはクレイジーだ。とても幸せです。チームで2年間過ごした後、これはArkéa-Samsicでの最初の勝利だ。

少し早めに手を上げたので、ラインを越えて勝てなかったと思っていた。「コナー・スウィフトの勝者」と聞いたときはすごかったです。それは純粋な感情です!

ラインの後のその瞬間は素晴らしかった。その瞬間を決して忘れません。最高の気分です。チームメイト、チーム、みんな幸せすぎます…だから自転車に乗るのです。

 

コナー・スウィフトは、2020英国王者ベン・スウィフト(INEOS Grenadiers)のいとこにあたる。

3回目のトロ・ブロ・レオンだったが、2017年に初めて出場して家に帰ってからベン・スウィフトにこのレースで勝ちたいと誓っていたそうだ。

 

コナー・スウィフト

コンチネンタルチームであるMadison-Genesisに2017年に加入。
2018年にはイギリスのロードレースチャンピオンとなった。歴代のイギリスチャンピオンには錚々たる名前がならんでおり、2010年にはゲラント・トーマスの名前もあるほどレベルが高い。
2018年のレースでの3位はチーム・スカイのオウェイン・ドゥールだ。
コナー・スウィフトは、ディメンション・データとスタジエール契約(研修生)を結んでいる。

2019年5月10日からTeam Arkea Samsicに移籍。

実は、コナー・スウィフトには注目していて、ずっと追っているライダーだ。プロとなって初めての勝利はファンとしても嬉しい。

これからも、たまに勝ってほしいライダーの一人だ。

 

こちらはユーザーがまとめたハイライト動画

 

リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 SWIFT ConnorTeam Arkéa Samsic2001255:18:38
2 ALLEGAERT PietCofidis, Solutions Crédits15085,,
3 PLANCKAERT BaptisteIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux12560,,
4 LE GAC OlivierGroupama – FDJ10050,,
5 TILLER RasmusUno-X Pro Cycling Team8545,,
6 DEGENKOLB JohnLotto Soudal70400:26
7 NAESEN OliverAG2R Citroën Team6035,,
8 WELTEN BramTeam Arkéa Samsic5030,,
9 LAPORTE ChristopheCofidis, Solutions Crédits4026,,
10 GENIETS KevinGroupama – FDJ3522,,

コメント

タイトルとURLをコピーしました