ロードバイクの情報を発信しています!

チャレンジマヨルカのアルクディアで勝利したのは超ベテランライダー

海外情報
Photo credit: cas_ks on VisualHunt.com
この記事は約5分で読めます。

アンドレ・グライペル(Israel Start-Up Nation)が2年振りの勝利だ!

これで現役最多勝利数を157勝に伸ばした。

アンドレ・グライペルが優勝したのはチャレンジマヨルカのワンデーレース。

チャレンジマヨルカは、シーズン開幕を告げるレースだが、コロナで延期されて今の時期に開かれている。

 

スポンサーリンク

Trofeo Alcudia  Alcudia~Alcudia 169.8km

コースプロフィール phto vueltamallorca.com

 

今年のチャレンジマヨルカはワンデーレースの集まりで、ここまでの優勝者は

  1. Trofeo Serra de Tramuntana (Lloseta – Deia) 優勝 ヘスス・エラダ(Cofidis, Solutions Crédits)
  2. Trofeo Andratx – Mirador des Colomer 優勝 ウイナー・アナコナ(Team Arkéa Samsic)

 

コースは前半に登りがあるが、後半はほぼ平坦のスプリンター向けのコース。

 

最初の逃げはスタートから45kmで完成。

 

6人の逃げのメンバー。

  1. ヨン・バレネツェア(Caja Rural)
  2. ジェス・アントニオ・ソト(Euskaltel-Euskadi)
  3. カイル・マーフィー(Rally Cycling)
  4. ジョーイ・ロスコフ(Rally Cycling)
  5. ミゲル・アンヘル・バレステロス(Electro Hyper Europe)
  6. ジャン・マース(Leopardo)

 

最大2分のタイム差でコントロールされる。ゴール手前20kmでは捕まってしまう。ワールドチームが6チーム揃っており、最後まで逃げれることはない。

UAEチームエミレーツとイスラエルスタートアップネイションが主導権を握って勝負はスプリントに。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Andre Greipel(@andregreipel)がシェアした投稿

 

アンドレ・グライペルは、ユーゴ・オフステテールのアシストをうけて見事にスプリント勝利。UAEのアレンサンダー・クリストフを退けた。

3位は元チームメイトのクリストフ・ノッぺ(Team Arkéa Samsic)。

 

こちらはゴールの様子

 

アンドレ・グライペルは、今シーズンツアー・オブ・ターキーで3度表彰台に上がっていたが勝利はなかった。

実に、2019ラ・トロピカル・アミサ・ボンゴ第6ステージ以来の勝利だ。アンドレ・グライペルは、2022年で引退を表明している。

更に、勝利を積み重ねることが出来るのか、現役最多勝を少しでも伸ばしてもらいたいですね。

 

リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 GREIPEL AndréIsrael Start-Up Nation125753:50:24
2 KRISTOFF AlexanderUAE-Team Emirates8555,,
3 NOPPE ChristopheTeam Arkéa Samsic7040,,
4 JANSE VAN RENSBURG ReinardtTeam Qhubeka ASSOS6032,,
5 CULLAIGH GabrielMovistar Team5028,,
6 HOFSTETTER HugoIsrael Start-Up Nation4024,,
7 LONARDI GiovanniBardiani-CSF-Faizanè3520,,
8 DEVRIENDT TomIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux3018,,
9 CAÑELLAS XavierGios2516,,
10 VERNON EthanGreat Britain2014,,

コメント

タイトルとURLをコピーしました