ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ  これは本物だ~!

海外情報
Photo credit: pfctdayelise on VisualHunt
この記事は約25分で読めます。

ブエルタは第2週の週末に2連続の山岳ステージを持ってきた。

しかも、2連続の登りゴール。総合勢の争いも大変だが、クライムの得意でないライダーにとってはタイムアウトとの戦いも出てくる。

第8ステージは156kmと短いけれども、6つの登りがあり、獲得標高は 3,751m。プリモッシュ・ログリッチの逆襲があるのか注目してみてみたい。

 

スポンサーリンク

第8ステージ   ポラ・デ・ラビアナ~コリャウ・ファンクワーヤ 153.4㎞

コースプロフィール photo lavuelta

 

スタートからわずか3.5kmで最初の2級山岳アルト デ ラ コロドンナが始まる。その後も、休むことなく2級山岳、3級山岳が続く。

決戦は、1級山岳コリャウ・ファンクワーヤで行われる。

 

1級山岳コリャウ・ファンクワーヤ

1級山岳コリャウ・ファンクワーヤ photo lavuelta

 

2019年に新しく舗装されているが、道幅が狭いので注意が必要だ。

中盤には最大勾配19%という激坂が現れる。最後の 2kmでは、平均10%を超え、フィニッシュラインで17%のピークを迎える。

総合勢のガチンコバトルとなるのは間違いない。

 

  1. 2級山岳 アルト デ ラ コロドンナ  7km・6.3%
  2. 2級山岳 アルト デ ラ モスケタ  7.2km・6.8%
  3. 3級山岳 サント エミリアーノ  5.8km・5.3%
  4. 3級山岳 プエルト デ ペルラビア  5.9km・5.5%
  5. 3級山岳 Puerto de Perlavia  3.8km・7.9%
  6. スプリント Grado/Grau
  7. 1級山岳 コリャウ・ファンクワーヤ  10.1km・8.5%

 

スタート前

ブエルタストリーミングより以下同様

クリス・フルームも楽しいブエルタを送っていない。SNSでは

大変な一週間でしたね🥴 コビットは冗談じゃないです😮💨 今日も楽しみなクライミングがいっぱいです

だけど、本当にタイムアウトと戦わないといけないかも。それほどコンデションは良くないようだ。

 

ブエルタというと激坂で飛び出したヒュー・カーシーが思い出される。今日のステージでは良い所が見られるかな。

 

Astana Qazaqstan Team のミゲルアンヘル・ロペスのアタックはあるだろうか。どこかのステージでは優勝を狙ってくるばす。

 

第7ステージでは、早めのアタックをかけたけれど不発。サイモン・イェーツは今日は成功するか。

 

BORA – hansgroheは、ジェイ・ヒンドリーが総合11位。セルジオ・イギータは総合18位となっているのでアシストに回るのかな。

 

チームの話では遅れてもまだカラパスがエースだとの声もある。まあ、この2日間でどのライダーで勝負するのか見えてくるだろう。

 

プリモッシュ・ログリッチは、逆襲をかけるのか。隣のセップ・クスのアシストは欠かせないだろう。

 

アレハンドロ・バルベルデは、今日もエンリク・マスをアシストするはず。エンリク・マスはアタックをかけることがあるかな。

 

レコム・エヴェネプールは抑えて走ることが出来るだろうか。自分から動かずエネルギーを無駄遣いしないようにしないといけない。

レース前インタビューでは

攻撃する必要はない。指導者のジャージを守ることが最も重要だ。ヨナス・ヴィンゲコーがツールで行ったように。彼が他の人よりも気分が良くなったときだけ、彼は攻撃した。私はその戦術を反映しなければならないかもしれないが、私が言ったように、足も必要だ。

 

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

第8ステージスタートでの4賞

  •  総合 レムコ・エヴェネプール Quick-Step Alpha Vinyl Team
  • ポイント賞  サム・ベネット BORA – hansgrohe 
  • 山岳賞 ヴィクトル・ランゲロッティ Burgos-BH
  • 新人賞 フアン・アユソー UAE Team Emirates

 

スタートしないライダーは

  • ジェイク・スチュワート Groupama – FDJ 病気(コロナではない)
  • ニキアス・アルント Team DSM コロナ
  • マーク・ドノヴァン Team DSM コロナ

 

ニュートラルではマルク・ソレルが前で走っている。また逃げるのかな。

 

オフィシャルスタートとなったけれど、最初から登っているので誰も飛び出さない。

 

2級山岳 アルト デ ラ コロドンナ  7km・6.3%

ファーストアタックは、Astana Qazaqstan Team のアレクセイ・ルチェンコ。

 

ようやく、後ろから追走が追いつきそう。

 

追い付いたのは5人。まだ、集団から追走がかかっている。ジェイ・ヴァインもいるぞ。

 

後方からティボー・ピノ、レイン・タラマエも追いつく。これで12人。

 

あら~、後ろからリチャル・カラパスが追ってきた。カラパスがいたら逃げは成就しないだろう。

 

先頭は19人に膨らむ。アレハンドロ・バルベルデもいるし、これは逃げれないのでは。

 

リチャル・カラパスは、集団に捕まる。集団も12秒しか離れていない。ただ、レムコ・エヴェネプールのアシストはイラン・ファンワイルダーとジュリアン・アラフィリップしかいない。

 

最初の2級山岳はジェイ・ヴァインが頂上手前でアタックをかけて1位通過。

  1. ジェイ・ヴァイン Alpecin-Deceuninck 5ポイント
  2. マルク・ソレル UAE Team Emirates 3ポイント
  3. ティボー・ピノ Groupama – FDJ 1ポイント

 

下りでUAE Team Emiratesのマルク・ソレルがジェイ・ヴァインに追いつく。

  1. ジェイ・ヴァイン Alpecin-Deceuninck
  2. マルク・ソレル UAE Team Emirates

 

ジェイ・ヴァインは、これで山岳ポイントを15ポイント獲得して山岳賞トップに。これが目的か。

 

ティボー・ピノらの追走集団はメイン集団に吸収される。

 

再び、集団からIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxのレイン・タラマエがアタック。なんとしても逃げに乗りたい。

 

Quick-Step Alpha Vinyl Teamは、先頭に集まりペースを落とし始めた。追走が6人いるが容認か。

 

集団からティボー・ピノがまたもアタック。なんとしても逃げに乗る気だ。

  1. ティボー・ピノ Groupama – FDJ
  2. セバスティアン・ライヒェンバッハ Groupama – FDJ

 

先頭二人に追走が追いつく。これで先頭は8人。

  1. アレクセイ・ルチェンコ Astana Qazaqstan Team
  2. ミケル・ランダ Bahrain Victorious
  3. ブルーノ・アルミライル Groupama – FDJ
  4. レイン・タラマエ Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux
  5. ルーカス・ハミルトン Team BikeExchange – Jayco
  6. マッズ・ピーダスン Trek-Segafredo
  7. マルク・ソレル UAE Team Emirates
  8. ジェイ・ヴァイン Alpecin-Deceuninck

 

リチャル・カラパスは集団最後尾にいる。遅れていたサム・ベネットなど多くのライダーが集団復帰。

 

ブルーノ・アルミライルが先頭から降りて、ティボー・ピノに合流して3人が先頭に追いつく。これでGroupama – FDJは先頭に3人いる。

 

2級山岳 アルト デ ラ モスケタ  7.2km・6.8%

集団はQuick-Step Alpha Vinyl Teamが引いている。

 

逃げの先頭を引くミケル・ランダは、総合で6分33秒遅れ。逃げの中では最もタイムが良い。

 

2回目の山岳ポイントもジェイ・ヴァインがトップ通過。

  1. ジェイ・ヴァイン Alpecin-Deceuninck 5ポイント
  2. ティボー・ピノ Groupama – FDJ 3ポイント
  3. マルク・ソレル UAE Team Emirates 1ポイント

 

下りカーブで、Bahrain Victoriousのワウト・プールスが止まっている。危うく落車する所だったようだ。

この下りで山岳賞ジャージのヴィクトル・ランゲロッティ(Burgos-BH)が落車。鎖骨の骨折と脳震盪の可能性があり救急車で運ばれている。

 

3級山岳 サント エミリアーノ  5.8km・5.3%

残り91km。3番目の登りに先頭が入った。タイム差は3分52秒。

 

レムコはチームに守られている。カメラに気づくと手を振る余裕も。

 

ジェイ・ヴァインがトップ通過。

  1. ジェイ・ヴァイン Alpecin-Deceuninck 3ポイント
  2. ティボー・ピノ Groupama – FDJ 2ポイント
  3. レイン・タラマエ Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 1ポイント

 

Jumbo-Vismaのセップ・クスがパンクで復帰中。

 

3級山岳 プエルト デ ペルラビア  5.9km・5.5%

4分6秒差で4番目の山岳に。

 

マッズ・ピーダスンは最後尾に耐えている。何故、クラシックハンターでスプリンターでもある元世界チャンピオンが山岳ステージで逃げに乗ったのかな?

この答えは後でわかる。

 

ジェイ・ヴァインが4回目のトップ通過。

  1. ジェイ・ヴァイン Alpecin-Deceuninck 3ポイント
  2. ティボー・ピノ Groupama – FDJ 2ポイント
  3. アレクセイ・ルチェンコ Astana Qazaqstan Team  1ポイント

Israel – Premier Techのイタマル・アインホルンがリタイヤしている。マイケル・ウッズに続いてチーム二人目のリタイヤだ。

 

3級山岳 Puerto de Perlavia  3.8km・7.9%

5番目の登りに4分14秒差で突入。タイム差はあまり変わらない。

 

先頭はレミ・カヴァニャから、ピーター・セリーに変わっている。

 

クリス・フルームは集団から切れそうだ。なんとか粘って下りで追いつきたい。

 

ブルーノ・アルミライルはティボー・ピノのために燃やし尽くしている。

 

ジェイ・ヴァインが5度目のトップ通過。

  1. ジェイ・ヴァイン Alpecin-Deceuninck 3ポイント
  2. ティボー・ピノ Groupama – FDJ 2ポイント
  3. マルク・ソレル UAE Team Emirates 1ポイント

 

残り33.8km。タイム差は3分58秒となる。ただ、逃げ切りは出来そうな感じか。マッズ・ピーダスンは、スプリントポイントを狙っている。彼の今日の目標だ。

 

スプリント Grado/Grau

マッズ・ピーダスンが無事に1位通過。これでマッズ・ピーダスンは147ポイントでサム・ベネットを5ポイント上回ってポイント賞をゲットだ。

  1. マッズ・ピーダスン Trek-Segafredo 20ポイント
  2. マルク・ソレル UAE Team Emirates 17ポイント
  3. アレクセイ・ルチェンコ Astana Qazaqstan Team 15ポイント
  4. ルーカス・ハミルトン Team BikeExchange – Jayco 13ポイント
  5. ブルーノ・アルミライル Groupama – FDJ 10ポイント

 

残り21.3kmで3分23秒。

 

あと7.6kmで最後の1級山岳に。

 

マッズ・ピーダスンは任務完了で切れていく。明日からはグリーンジャージだ。

 

ブルーノ・アルミライルが切れそうになったが、再度もがいて復帰。

 

残り13.1km。集団はMovistar Teamが牽引し始める。

 

残り12.5kmで3分37秒。これはステージ優勝の可能性が高い。あとは誰が勝つのか?

 

Movistar Teamの引きは速い。集団をちぎるほどだ。

 

1級山岳 コリャウ・ファンクワーヤ  10.1km・8.5%

INEOS Grenadiersが集団先頭に。

 

集団先頭はジュリアン・アラフィリップに。

 

マルク・ソレルは最後尾。足を溜めているのか。

 

ミケル・ランダにも十分ステージ優勝の可能性がある。

 

ジュリアン・アラフィリップがペースを作る。集団は次々に絞られていく。

 

ジュリアン・アラフィリップは残り6.6kmで仕事終了。

 

残り6.3kmでアレクセイ・ルチェンコが先頭に立つ。

 

アレクセイ・ルチェンコの足が止まったところで、ジェイ・ヴァインが先頭に。

 

後ろは、ティボー・ピノ、レイン・タラマエ。 

 

レイン・タラマエが切れた。

 

マルク・ソレルが切れた。

 

さらにミケル・ランダが切れる。

 

ジェイ・ヴァインがティボー・ピノをちぎって単独に。

 

マルク・ソレルがティボー・ピノとレイン・タラマエに追いつく。だが、ジェイ・ヴァインの姿は見えない。

 

リーダーグループは絞られていく。

 

リーダーグループからジョアン・アルメイダにリチャル・カラパスが切れていく。

 

レイン・タラマエが切れた。

 

なんと、BORA – hansgroheのウイルコ・ケルデルマンが集団から切れる。

 

先頭はINEOS Grenadiersのテイオ・ゲイガンハート。後ろはレムコ・エヴェネプールだ。

 

どこまでテイオ・ゲイガンハートが引けるのか。

 

残り1.8km。もうジェイ・ヴァインの勝利は間違いない。

 

逃げていたアレクセイ・ルチェンコの後ろに、リーダーグループが追いつく。

 

先頭を引くはのレムコ・エヴェネプール。力の温存は考えないのか?

 

残り1.5km。また頂上は霧に包まれるのか?

 

マルク・ソレルが単独で追うがタイム差は25秒に開く。

 

レムコ・エヴェネプールは、先頭を譲らない。

 

ジェイ・ヴァインが残り1kmのゲートをくぐる。ブエルタ2勝目が目前だ。

 

レムコ・エヴェネプールは全くペースが衰えない。後ろは、エンリク・マス、プリモッシュ・ログリッチ、カルロス・ロドリゲス、サイモン・イェーツと続く。

 

ジェイ・ヴァインがゴールに帰ってきた。

 

今日はゴールも良く見えそうだ。

 

ジェイ・ヴァインがブエルタ2勝目のゴール~!

最初から逃げて、全ての山岳ポイントを1位通過。ゴール手前6kmからアタックをかけて単独でゴールするとは素晴らしい。明日からは、山岳賞ジャージを着てスタートだ。

UCIサイクリングeスポーツ世界王者は25分の努力と言っている。さすがZwiftからプロになった世界王者だ。

 

2位には、UAE Team Emiratesのマルク・ソレルが帰ってきた。

 

レイン・タラマエに追いこまれるがマルク・ソレルが2位でゴール。

 

レムコはずっと先頭を引き続けてゴールまで。

 

最後にエンリク・マスに抜かれるが、再び抜き返してゴールした。なんという強いマイヨロホだ。明日のためのエネルギーは残してあるのだろうか。

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

第8ステージ リザルト

ジェイ・ヴァインのコメント

最初は離れていくことになるとは思っていなかったけど、渓谷で突然非常に良いグループができ、Quick-Step がチェックしていた。そのとき、ステージがそこにあることがわかった。

最後の登りでは、アレクセイ・ルチェンコが最初に離陸し、私は彼のハンドルを握っていたので、彼
について行くことにした。

彼が止まったとき、それはまだ約 25 分間の努力であることがわかった。2日前に行ったことと同じです。そして、私は決心した。突然、私のハンドルには誰もいなくなった。

ステージで 2 勝できたことは本当に素晴らしいことだ。最初の勝利は大きな自信になった。ご褒美としてマウンテン ジャージをすでに持っていたので、プレッシャーを感じずに走り回ることができた。今日は本当に楽しかったです。

RnkRiderTeamUCI Time
1
 VINE Jay
Alpecin-Deceuninck100
13″
4:05:25
2
 SOLER Marc
UAE Team Emirates40
6″
0:43
3
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux20
4″
,,
4
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ12
2″
0:47
5
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team4 1:20
6
 MAS Enric
Movistar Team  ,,
7
 ROGLIČ Primož
Jumbo-Visma  ,,
8
 YATES Simon
Team BikeExchange – Jayco  1:33
9
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers  ,,
10
 REICHENBACH Sébastien
Groupama – FDJ  1:42
11
 GEOGHEGAN HART Tao
INEOS Grenadiers  1:47
12
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates  2:10
13
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates  ,,
14
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team  ,,
15
 CARTHY Hugh
EF Education-EasyPost  2:16
16
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe  ,,
17
 ARENSMAN Thymen
Team DSM  2:24
18
 VALVERDE Alejandro
Movistar Team  2:31
19
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe  2:39
20
 LÓPEZ Miguel Ángel
Astana Qazaqstan Team  ,,
21
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team 
1″
,,
22
 URÁN Rigoberto
EF Education-EasyPost  2:43
23
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious  2:57
24
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious  3:00
25
 DE LA CRUZ David
Astana Qazaqstan Team  3:24
26
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers  ,,
27
 HARPER Chris
Jumbo-Visma  3:32
28
 SÁNCHEZ Luis León
Bahrain – Victorious  ,,
29
 PADUN Mark
EF Education-EasyPost  3:34
30
 POZZOVIVO Domenico
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  3:37

総合

レコム・エヴェネプールのコメント

目標はタイムロスをしないこと、チャンスがあればタイムを取ること、と言ったと思う。最も重要なプリモシュとエンリクを除いて、多くの選手から時間を奪った。

今日のプリモシュは本当に強かった。そんな彼を見ることができてよかったよ。レースに有利になる。

チームの働きは素晴らしかったですね。

チームもスーパーで、スタートからコントロールできたし、簡単じゃなかったよ!

チームメイト全員が私をこの結果に押し上げてくれたので、本当におめでとう。ラジオで、状況を聞いていたが、ある時、14人だと言われたが、4、5人だった。状況はさっぱりわからなかった。

最後の1kmでは、プリモシュ、エンリク、カルロス・ロドリゲスの3人しかいないのがわかった。

今日の調子はベストでしたか?

今日の感触にはとても満足している。明日はまた新しい脚が必要なので、しっかり回復したいですね。今までの経験からすると、それほど大きなギャップはなかったのだが、あのような登りでは、爆発したら終わりですからね。

自信を持ち続ける。持続時間の点で私に非常に適したクライミングだと思うので、とにかく全力を尽くしたい。私のチームはとても強い。ジャージを維持し、ステージ優勝を狙うつもりだ。

RnkPrev▼▲RiderTeamUCI Time
11
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team20
6″
29:28:19
23▲1
 MAS Enric
Movistar Team 
8″
0:28
34▲1
 ROGLIČ Primož
Jumbo-Visma 
13″
1:01
48▲4
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers  1:47
57▲2
 GEOGHEGAN HART Tao
INEOS Grenadiers  1:54
65▼1
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates  2:02
79▲2
 YATES Simon
Team BikeExchange – Jayco  2:05
810▲2
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates  2:44
911▲2
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe  2:51
1015▲5
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team  2:59
1116▲5
 ARENSMAN Thymen
Team DSM  3:18
126▼6
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers  3:31
1317▲4
 LÓPEZ Miguel Ángel
Astana Qazaqstan Team  3:39
1418▲4
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe  3:41
1513▼2
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious  3:43
1622▲6
 CARTHY Hugh
EF Education-EasyPost  4:12
1721▲4
 VALVERDE Alejandro
Movistar Team  4:21
1824▲6
 URÁN Rigoberto
EF Education-EasyPost  5:08
1920▲1
 SÁNCHEZ Luis León
Bahrain – Victorious  5:21
2012▼8
 KELDERMAN Wilco
BORA – hansgrohe  5:28
2123▲2
 DE LA CRUZ David
Astana Qazaqstan Team  5:49
2225▲3
 PADUN Mark
EF Education-EasyPost 
3″
6:06
2326▲3
 POZZOVIVO Domenico
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  6:16
2436▲12
 VINE Jay
Alpecin-Deceuninck 
24″
6:33
2519▼6
 CARAPAZ Richard
INEOS Grenadiers  6:46
2614▼12
 KUSS Sepp
Jumbo-Visma  6:51
2731▲4
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious  8:10
2829▲1
 POELS Wout
Bahrain – Victorious  8:18
2928▼1
 MEINTJES Louis
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  8:28
302▼28
 MOLARD Rudy
Groupama – FDJ 
2″
9:27

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
12▲1
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo147
21▼1
 BENNETT Sam
BORA – hansgrohe142
34▲1
 SOLER Marc
UAE Team Emirates81
43▼1
 WRIGHT Fred
Bahrain – Victorious64
56▲1
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team52
65▼1
 ROGLIČ Primož
Jumbo-Visma50
710▲3
 MAS Enric
Movistar Team47
87▼1
 MCLAY Daniel
Team Arkéa Samsic41
924▲15
 VINE Jay
Alpecin-Deceuninck40
108▼2
 HERRADA Jesús
Cofidis40

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
12▲1
 VINE Jay
Alpecin-Deceuninck40
29▲7
 SOLER Marc
UAE Team Emirates16
3 
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ12
43▼1
 FERNÁNDEZ Rubén
Cofidis11
54▼1
 PADUN Mark
EF Education-EasyPost10
65▼1
 HERRADA Jesús
Cofidis10
76▼1
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team7
87▼1
 WRIGHT Fred
Bahrain – Victorious6
98▼1
 ADRIÀ Roger
Equipo Kern Pharma6
1010
 CRADDOCK Lawson
Team BikeExchange – Jayco5

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team29:28:19
24▲2
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers1:47
32▼1
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates2:02
45▲1
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates2:44
57▲2
 ARENSMAN Thymen
Team DSM3:18
63▼3
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers3:31
78▲1
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe3:41
86▼2
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious3:43
99
 PARRA José Félix
Equipo Kern Pharma17:18
1010
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious25:28

 

コメント

  1. 毎日読者K より:

    テオゲイガンハートはステージ何位すか?

    総合5位なのに、ステージ結果がなんか変?

    • ちゃん より:

      申し訳ないです。夜中の1時50分の時点の結果がおかしいですね。テイオ・ゲイガンハートは、ステージ11位です。
      速報での結果は結構間違っていることが多いのが難点。
      また、おかしかったら遠慮なく教えて下さい。大変たすかります<(_ _)>

タイトルとURLをコピーしました