ロードバイクの情報を発信しています!

2023 UAEツアー第3ステージ 登りゴールを制したライダーは誰?

海外情報
Photo credit: Shalika999 on Visualhunt
この記事は約19分で読めます。

UAEツアーは、3日目となり山頂フニッシュのステージとなる。

リーダーは同タイムで、Soudal – Quick Stepのレムコ・エヴェネプールとINEOS Grenadiersのルーク・プラップ。

このステージで総合上位の顔ぶれはクライマーで占められてくることになる。

 

スポンサーリンク

第3ステージ    アンブレラ・ビーチ・アル・フジャイラ~ジュベルジャイス 185km

コースプロフィール photo theuaetour

 

ジェベルジャイスに向かって登るステージ。逃げが頑張って山岳途中で捕まるというパターンか。

ジェベルジャイスは、登坂距離19kmで平均勾配は5.6%。とても長い登坂だ。

ディフェンディグチャンピオンのタデイ・ポガチャルはいない。昨年まで争っていたアダム・イェーツは、UAE Team Emiratesに移籍してチャレンジとなる。果たして、誰がトップ争いとなるか。

 

  1. スプリントポイント Sprint 1
  2. スプリントポイント   Sprint 2
  3. 山岳 ジェベルジャイス 19km・5.6% 

 

スタート前

cycling today ストリーミング スクリーンショット以下同様

ルーク・プラップは、INEOS Grenadiersの全面的バックアップを受ける。思えば、ウィランガヒルの登りで、リッチー・ポートについて行ったことから注目されてINEOS Grenadiers入りを決めている。

登りが不得意ということは決してない。

 

レムコ・エヴェネプールは、

「長い駆け上がりの後、爆発的なフィニッシュが待っている。最も険しいのは最後の1kmだ。セーブ、セーブ、セーブがモットーだ。チームとして2勝した後、もはや勝利は必須ではない。自分の位置をキープし、ビルバオとフラップから数秒でも勝ち取ることができれば、満足だ。」

 

第3ステージのスタートでの4賞は

  • 総合 ルーク・プラップ INEOS Grenadiers
  • ポイント賞 ティム・メルリエ Soudal – Quick Step
  • Intermediate sprint classification ニキアス・アルント Bahrain Victorious
  • 新人賞 オラフ・コーイ Jumbo-Visma

 

さあ、オフィシャルスタート。

 

Alpecin-Deceuninckのエドワード・プランカールトがアタック。これで逃げが出来上がる。

 

4人の逃げ

4人が序盤から逃げている。

  1. エドワード・プランカールト Alpecin-Deceuninck
  2. リカルド・ルッカ Green Project-Bardiani CSF-Faizanè
  3. フィリッポ・マグリ Green Project-Bardiani CSF-Faizanè
  4. オイエル・ラスカノ Movistar Team

 

スプリントポイント Sprint 1

スプリントポイントの通過順位は

  1. エドワード・プランカールト Alpecin-Deceuninck 8ポイント・3秒
  2. フィリッポ・マグリ Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 5ポイント・2秒
  3. リカルド・ルッカ Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 3ポイント・1秒
  4. オイエル・ラスカノ Movistar Team 1ポイント

 

残り89.6kmで5分19秒差。かなりのタイム差だ。

 

二人が落車。

  • オラフ・コーイ Jumbo-Visma
  • フレデリク・ルーンバーグ Team DSM

 

オラフ・コーイは、すぐに立ち上がったけど、フレデリク・ルーンバーグは立ち上がれない。

 

フレデリク・ルーンバーグも戻ってきた。

 

スプリントポイント Sprint 2

スプリントポイントの通過順位は

  1. エドワード・プランカールト Alpecin-Deceuninck 8ポイント・3秒
  2. オイエル・ラスカノ Movistar Team 5ポイント・2秒
  3. リカルド・ルッカ Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 3ポイント・1秒
  4. フィリッポ・マグリ Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 1ポイント

 

Movistar Teamのオイエル・ラスカノがアタックだ。

 

ゴールまで50km以上あるのに、単独となるとは。

 

残り39.2km。後続に1分のタイム差。集団まで、3分30秒ある。

 

集団はSoudal – Quick StepとINEOS Grenadiersが引く展開。まあ、登りの途中で逃げを捕まえるだろう。

 

先頭から1分18秒も離れた。逃げているリカルド・ルッカは2022アドリアティカ・イオニカ第4ステージでプロ初勝利をあげている。

 

オイエル・ラスカノは総合77位。1分29秒遅れなのでバーチャルリーダーとなっている。2022ツール・ド・ワロニーでは最初から逃げて勝利。プロ2勝目をあげている。

 

レムコ・エヴェネプールがマークするのは、ルーク・プラップとペッリョ・ビルバオだけだろう。アダム・イェーツがいったらどうするのかな。ジェイ・ヴァインは膝の痛みのためにDNS。

 

残り23.8km。タイム差は少しずつ縮まる。

 

山岳 ジェベルジャイス 19km・5.6% 

逃げていた3人は集団に捕まる。

 

残り16.8km。先頭とのタイム差は2分6秒。

 

残り16.5km。タイム差は2分3秒。これは逃げ切れない。

 

UAE Team Emiratesのミッケル・ビョーグがアタック!

 

しかし、ミッケル・ビョーグはすぐに捕まる。

 

手を出して早く走れと言っている。集団のペースをあげようとしただけだ。

 

あららっ、急減速でオスカル・ラスカノが捕まった。

 

先頭はSoudal – Quick Step。

 

まだ、かなりの人数がいる。

 

パンクから復帰中のSoudal – Quick Stepのピーター・セリー。

 

残り12.4km。UAE Team Emiratesが先頭を引き始める。

 

残り11.2km。まだ、勝負はこれからだ。

 

集団から、Movistar Teamが攻撃だ。

 

これはステージ狙いか。

 

Movistar Teamの二人がぬけだした。

  1.  アルベルト・トレス (Movistar Team)
  2.  エイネルアウグスト・ルビオ (Movistar Team)

 

これは決まるのか。

 

おっと、切り離しだ。アルベルト・トレスは発射台だ。

 

Green Project-Bardiani CSF-Faizanèのサミュエル・ゾッカラートもアタック。

 

集団は静観してる。

 

UAE Team Emiratesのミッケル・ビョーグがスパート。

 

サミュエル・ゾッカラートは、先頭まで26秒。追つくか。

 

残り6.2km。エイネルアウグスト・ルビオは、集団を53秒離した。

 

集団先頭はSoudal – Quick Stepのマウロ・シュミット。

 

エイネルアウグスト・ルビオは、いいペースだ。

 

残り4.9km。まだ、マウロ・シュミットが引く。

 

残り4.1km。ペースは衰えない。

 

サミュエル・ゾッカラートは無理っぽい。

 

サミュエル・ゾッカラートの後ろに集団が迫る。

 

あ~、捕まった。

 

あとは、エイネルアウグスト・ルビオだけだ。

 

さすが、マウロ・シュミットは引きは強い。サントス・ツアー・ダウンアンダーでも総合5位となっている。

 

残り2km。アタックがかからない。

 

これは最後まで行けるかも。

 

もう、早く俺を抜いてくれと言った感じだ。

 

残り1kmのゲートをエイネルアウグスト・ルビオがくぐった。

 

マウロ・シュミットが残り1kmでアシストから外れた。

 

Team DSMのアンドレアス・レックネスンがスパートすると、レムコがマーク。

 

エイネルアウグスト・ルビオは、ゴールに単独で帰ってきた。

 

集団はアダム・イェーツのためにUAE Team Emiratesのブランドン・マクナリティが引く。

 

エイネルアウグスト・ルビオはゴールにまっしぐらだ。

 

エイネルアウグスト・ルビオは、見事な逃げ切り勝利を決めた。これがプロ初勝利。しかも、誕生日。自分に大きなプレゼントだ。

 

2位争いは、ため込んだレムコがスピードを爆発だ。

 

レムコ・エヴェネプールが、2位を確保してボーナスタイム6秒を獲得。これで、ルーク・プラップを抜いてリーダージャージを獲得だ。

後ろは、アタックをかけなかったアダム・イェーツ。UAE Team Emiratesの表彰台もありそうにない。

 

スポンサーリンク

リザルト

エイネルアウグスト・ルビオのコメント(チーム公式サイトより)

真実は、それが信じられないということだ。プロ初勝利!ここ数年、私は自分を傷つける多くのことを経験してきた。今、私は絶好調だ。

私のチームは、アセンションの王のように私を連れてきた。港のふもとに到着した。ここでの勝利は素晴らしい。今日の戦術は最後までハンドルを握り続けることだったが、私にはたくさんの力があったし、チームメイトも一緒だったし、挑戦しなければならなかったし、今日は与えられた。

最後の数キロは、彼らが私を狙ってくるのではないかと常に不安を感じていたが、私には力があり、非常にうまく持ちこたえ、勝つチャンスを与えてくれた。

この勝利は私のスポーツキャリアにとって非常に特別なものだ。過去数年間、私は多くの問題を抱えていた。なぜなら、私には力があったが、レースに出て、それを絞ることができなかったからだ。私にとって、家族にとって、コロンビアにとって、今日は素晴らしい日だ。

このラインを維持するために懸命に努力し、正しい道を歩み続けることができると信じている。今日は私の誕生日でもあります!これよりも素晴らしい贈り物は…。

第3ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 RUBIO Einer Augusto
Movistar Team 40
10″
4:51:24
2
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 25
6″
0:14
3
 YATES Adam
UAE Team Emirates 20
4″
0:15
4
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team 15   ,,
5
 PLAPP Luke
INEOS Grenadiers 10   ,,
6
 VANHOUCKE Harm
Team DSM 7   ,,
7
 GLOAG Thomas
Jumbo-Visma 5   ,,
8
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM 3   ,,
9
 KUSS Sepp
Jumbo-Visma 2   ,,
10
 ZWIEHOFF Ben
BORA – hansgrohe 1   ,,
11
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious     ,,
12
 DE BOD Stefan
EF Education-EasyPost     ,,
13
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe     ,,
14
 TIBERI Antonio
Trek – Segafredo     ,,
15
 CAMARGO Diego Andrés
EF Education-EasyPost     ,,
16
 BOUCHARD Geoffrey
AG2R Citroën Team     ,,
17
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
18
 MEINTJES Louis
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
19
 VOISARD Yannis
Tudor Pro Cycling Team     ,,
20
 RODRÍGUEZ Óscar
Movistar Team     ,,
21
 OSBORNE Jason
Alpecin-Deceuninck     ,,
22
 CARR Simon
EF Education-EasyPost     ,,
23
 STORER Michael
Groupama – FDJ     ,,
24
 BERTHET Clément
AG2R Citroën Team     ,,
25
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates     ,,
26
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech     ,,
27
 POELS Wout
Bahrain – Victorious     ,,
28
 PARET-PEINTRE Valentin
AG2R Citroën Team     0:25
29
 STEINHAUSER Georg
EF Education-EasyPost     ,,
30
 GHEBREIGZABHIER Amanuel
Trek – Segafredo     0:28

総合

レムコ・エヴェネプールのコメント

エイネル、おめでとうございます。彼への素敵な誕生日プレゼントです。登りは私たちには少し短すぎた。ピーター・セリーのパンクなどにより、計画を完全に実行することができなかった。

もちろん、勝者にこれほど近づいたことは残念だ。しかしチームは1 位、1 位、そして2位、赤いジャージも獲得。それは別の良いものだった。私たちのための日だったね。

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 2 ▲1
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 6
8″
8:27:22
2 1 ▼1
 PLAPP Luke
INEOS Grenadiers  
5″
0:07
3 4 ▲1
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious  
2″
0:11
4 14 ▲10
 DE BOD Stefan
EF Education-EasyPost     1:01
5 20 ▲15
 POELS Wout
Bahrain – Victorious     1:04
6 28 ▲22
 VANHOUCKE Harm
Team DSM     1:10
7 30 ▲23
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM     ,,
8 75 ▲67
 RUBIO Einer Augusto
Movistar Team  
10″
1:11
9 15 ▲6
 STEINHAUSER Georg
EF Education-EasyPost     ,,
10 36 ▲26
 YATES Adam
UAE Team Emirates  
4″
1:12
11 33 ▲22
 ZWIEHOFF Ben
BORA – hansgrohe     1:15
12 34 ▲22
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe     ,,
13 37 ▲24
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates     1:16
14 39 ▲25
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team     1:17
15 23 ▲8
 SCOTSON Callum
Team Jayco AlUla     1:18
16 42 ▲26
 TIBERI Antonio
Trek – Segafredo     1:19
17 45 ▲28
 GLOAG Thomas
Jumbo-Visma     1:21
18 47 ▲29
 KUSS Sepp
Jumbo-Visma     ,,
19 52 ▲33
 MEINTJES Louis
Intermarché – Circus – Wanty     1:25
20 53 ▲33
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
21 58 ▲37
 STORER Michael
Groupama – FDJ     1:26
22 64 ▲42
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech     1:32
23 44 ▲21
 GHEBREIGZABHIER Amanuel
Trek – Segafredo     ,,
24 67 ▲43
 BERTHET Clément
AG2R Citroën Team     1:33
25 69 ▲44
 BOUCHARD Geoffrey
AG2R Citroën Team     ,,
26 76 ▲50
 RODRÍGUEZ Óscar
Movistar Team     1:36
27 38 ▲11
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team     1:39
28 68 ▲40
 PARET-PEINTRE Valentin
AG2R Citroën Team     1:43
29 88 ▲59
 OSBORNE Jason
Alpecin-Deceuninck     1:48
30 90 ▲60
 VOISARD Yannis
Tudor Pro Cycling Team     1:50

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 2 ▲1
 PLAPP Luke
INEOS Grenadiers 24
2 7 ▲5
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 24
3  
 RUBIO Einer Augusto
Movistar Team 20
4 1 ▼3
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 20
5  
 PLANCKAERT Edward
Alpecin-Deceuninck 16
6 3 ▼3
 ARNDT Nikias
Bahrain – Victorious 16
7 4 ▼3
 EWAN Caleb
Lotto Dstny 16
8  
 YATES Adam
UAE Team Emirates 12
9 5 ▼4
 CAVENDISH Mark
Astana Qazaqstan Team 12
10  
 LUTSENKO Alexey
Astana Qazaqstan Team 9

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 2 ▲1
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 8:27:22
2 1 ▼1
 PLAPP Luke
INEOS Grenadiers 0:07
3 11 ▲8
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM 1:10
4 25 ▲21
 RUBIO Einer Augusto
Movistar Team 1:11
5 7 ▲2
 STEINHAUSER Georg
EF Education-EasyPost ,,
6 13 ▲7
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 1:16
7 14 ▲7
 TIBERI Antonio
Trek – Segafredo 1:19
8 16 ▲8
 GLOAG Thomas
Jumbo-Visma 1:21
9 21 ▲12
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech 1:32
10 22 ▲12
 PARET-PEINTRE Valentin
AG2R Citroën Team 1:43
こちらはハイライト動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

  1. べるげん より:

    間違って第7ステージのコース紹介してますよ。
    正しくはジュベルジャイスへの山頂ゴールですね。

    • ちゃん より:

      ぺるげんさん、ありがとう~!
      見ている途中で、えらく長い登坂だなあ~と思ってました。20km以上あるじゃんと。気づかないとは、とほほっです。また、ご指摘お願いします<(_ _)>

タイトルとURLをコピーしました