ロードバイクの情報を発信しています!

グランプリ・シクリスト・ラ・マルセイエーズを制したのは誰?

海外情報
photo La Marseillaise
この記事は約5分で読めます。

多くのレースが中止や延期されていく中、フランスのグランプリ・シクリスト・ラ・マルセイエーズが開催された。

1.1クラスのレースなので、昨年に引き続きワールドチームも6チーム参加する。このレースが開幕戦となる選手ばかりだ。

さて、逃げ切れる選手はいるかな?

 

 

スポンサーリンク

Grand Prix Cycliste la Marseillaise (1.1)176.1km

photo La Marseillaise

フランスのブーシュ・デュ・ローヌ県を回るコース。ヨーロッパで最初に行われたスペインのClàssica Comunitat Valenciana 1969はコロナの為に短縮されたが、こちらのレースは昨年とほぼ同じ距離。

 

 

コースマップ photo La Marseillaise

コースは見ての通り、アップダウンの連続で純粋なスプリンターが生き乗れるレースではない。完全にパンチャー向けのコースだ。だが、逃げは簡単には容認されないだろう。

レース数は少ないし、開幕ということもあり激しいレース展開が予想される。

 

photo Tz-cyclingストリーミングより 以下同様

パレードから始まったので、まだみんなマスクをつけている。

 

ワールドチームが逃げに入っていない6人が、ラスト80kmで約3分のタイム差で逃げている。力のあるライダーが入っていたら逃がして貰えないだろう。

 

タイム差が2分30秒まで迫ってきた所で先頭から2人が登りでアタックをかけて抜け出す。

 

集団はTeam Total Direct Energie、UAE、LOTOが一人ずつ出して追っている。その後ろにはUAEが固まっている。UAEはマッティオ・トレンティンのためだろう。

ロットは、フィリップ・ジルベールとティム・ウェレンスが狙う。

 

先頭集団は、また6人に戻っている。途中工事車両があり、整理員が手前で合図して無事に通過。

 

残り62kmでタイム差は1分35秒まで縮めてきた。あと30kmくらいで捕まえるつもりかな。UAEが前面に出てきている。

 

残り46kmで、47秒のタイム差。あと10キロで捕まる計算だ。

 

Team Total Direct Energieが、全面で出て追っている。NTTから移籍してきた、エドワード・ボワッソンハーゲンと、クリス・ローレンスのためか。

22秒のタイム差なので、すぐに捕まるだろう。

 

逃げ集団を残り34キロで吸収して集団は進む。後方は登りでは次々にアシストが切れていっている。

 

少しの登りでもアタックがかかる。

 

海をバックにするような感じで、登りで3人が抜け出しにかかる。ロットのジャージはティム・ウェレンスだろうか?

 

ラスト16kmになって、少なくなった集団からリリアン・カルメージャがアタックする。

 

リリアン・カルメージャのアタックは、しばらくして捕まってしまう。また、振り出しだ。

 

アタックはかかるが決まらない。集団はお見合い状態になってしまう。

 

ラスト16.2kmでアタックをかけた6人が抜けだす。

 

だが、これもラスト10.9kmで捕まってしまう。一時は16秒までタイム差を開いたが決まらない。

 

3人が抜け出しそうになるが、まだ集団はすぐ後ろだ。ゴール前10kmでは、もう逃げ切るのは難しい。この後、コースは下りとなるし。

 

結局逃げは決まらず。スプリントに向かって20数名が突き進む。B&B Hotels p/b KTMがトレインを組んでいる。

スプリンターのブライアン・コカールが残っておりスプリント勝利を狙う。

 

最後は3人のスプリンターが横一線に並んでゴール勝負!

勝ったのは、オレリアン・パレパントル(AG2R Citroën Team)。トマ・ブタとブライアン・コカールを差し切った。

コース的にはパンチャー向けのコースだったが、最後が下っていた。逃げは決まらないと判断されスプリンターを要するチームがレースを握った感じだ。

これでようやくヨーロッパでの2戦が終了した。この後は、フランスのエトワール・ド・ベセージュが2月3日から開始予定。無事に開催されると良いのですけどね。

 

リザルト

  1. オレリアン・パレパントル(AG2R Citroën Team) 4:24:29
  2. トマ・ブタ(Team Arkéa Samsic)
  3. ブライアン・コカール(B&B Hotels p/b KTM)

最後のゴールシーンはツイッターの動画でどうぞ。

こちらは放送での最後のシーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました