ロードバイクの情報を発信しています!

クリテリウム・ドーフィネ第3ステージで落車した元世界チャンピオン マッズ・ピーダスンの容態

海外情報
Photo credit: Ray's Professional Cycling Page on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

クリテリウム・ドーフィネ第3ステージのスタートして20km地点で落車してしまったマッズ・ピーダスン(Trek-Segafredo)。

その後、立ち上がって20kmほど走ったのだけどリタイヤ。何故走り出してから、リタイヤしたのか気になっていた。

チームのからの発表によると。

 

スポンサーリンク

ドクター判断

こちらは落車した時の映像
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Trek-Segafredo(@treksegafredo)がシェアした投稿

 

マッズ・ピーダスンは、Bahrain Victoriousのサンティアゴ・ブライトバコと共に落車。

軽傷にみえたけど、マッズ・ピーダスンは脳震盪の症状が出てしまった。

2019年11月には、すでに脳震盪プロトコルをトレックは開始している。

今回は、その手順に沿って評価した結果、チームドクターの指示により、リタイヤとなった。

チームからの発表では、深刻な脳震盪ではないとのこと。数日間の状況を再度監視して、そこから回復の計画をたてることになる。

マッズ・ピーダスンはツール・ド・フランスのメンバーだが、3週間あるので軽度ならば問題なく出場出来るのではないかな。

 

トレックは第3ステージで4位

ゴールでのジャスパー・ストゥイヴェン。隣はウイルコ・ケルデルマン。

 

クリテリウム・ドーフィネ第3ステージは、ラスト700mは5.8%の登り勾配となっており厳しいスプリントとなった。

トレックは、ジャスパー・ストゥイヴェンが4位にはいる。3位争いで、後ろからブランドン・マクナリティにまくられてしまった。

ミラノ~サンレモを征したジャスパー・ストゥイヴェン。

ジャスパー・ストゥイヴェンは、フルフラットレースよりも、このレースのように最後がハードになるほうが好きだと言っている。

まだ、ドーフィネではチャンスのあるステージが第5ステージに待っている。ただ、スプリントとなると、ソンニ・コルブレッリが頭一つ抜けているので難しいかも。

 

こちらはクリテリウム・ドーフィネ第3ステージのラスト1kmから

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました