ロードバイクの情報を発信しています!

ヴィチェンツァオ・ニバリは、五輪イタリア代表に選ばれず 新たな移籍先の噂は?

海外情報
Photo credit: alasdair massie on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

ジロ・デ・イタリアを2回制覇しているヴィチェンツァオ・ニバリ。

今回のジロでは、3週間前に手首骨折して強硬出場していた。だが、ジロでも2回落車しており最終的に総合18位でフニッシュしている。

山岳でも良いところはなく、トップ10フニッシュもなかった。

さらに、ニバリにとって残念なニュースと移籍先の噂もあるので紹介。

 

スポンサーリンク

オリンピック代表

Photo credit: alasdair massie on VisualHunt

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、ニバリはリーダーとして出場。2016年はジロ・デ・イタリアを制覇した年であり当然だった。

ただ、この時にはDNFとなっている。

そして、今回の東京オリンピックだが、イタリア代表候補の中にヴィチェンツァオ・ニバリの名前はない。

現在の候補は

  1. ダミアーノ・カルーソ
  2. ジャンニ・モスコン
  3. アルベルト・ベッティオル
  4. ジュリオ・チッコーネ
  5. ダヴィデ・フォルモロ

ニバリは、補欠の第一候補となっている。

6月20日に最終選考となっているが、ニバリが選ばれる可能性は少ないだろう。ニバリは現役選手としては、フルームと並んで全てのグランドツールを制覇している男。

残るのはオリンビックの金メダルだったが、この夢は達成されることはないかもしれない。

 

ニバリ移籍先の噂

 

36歳となったヴィチェンツァオ・ニバリは、Trek-Segafredoに2020年に移籍してから一度も勝利していない。

今シーズン末には契約が切れるが、ニバリの移籍先としてはイネオスが噂になっていた。一応チームとはジロの後に話し合いとなっているけど。

 

今回移籍先として噂になっているのは、Astana-Premier Tech。

ニバリは、2013年から2016までアスタナに所属。2014ツール・ド・フランス制覇や、2013と2016ジロ・デ・イタリアで優勝するなど、アスタナで最大の成功を収めている。

ニバリが実際にAstana-Premier Techと契約を結んだ場合、彼はスポーツディレクターで親友のジュゼッペ・マルティネリと再会することになる。

ただし、イタリアのスポーツ新聞La Gazzetta dello Sport によると、多くのライダーが現在ベルギーのDeceuninck-Quick-Step に関連付けられている。

ニバリが、Deceuninck-Quick-Step への移籍というのも除外されていない。ニバリがウルフパックというのも何かピンとこないけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました