ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・フランス史上初の公式自転車 コルナゴV3R TDF 2021が限定108台で発表

機材情報
Photo credit: scottgunn on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

コルナゴは、108回目のツール・ド・フランスを記念して、V3Rロードバイクの限定バージョンを発表。

レース主催者のASO(Amaury Sport Organization)とのコラボレーションによってい作られたバイクは、「ツール・ド・フランス史上初の公式自転車」と言われている。

 

スポンサーリンク

Colnago V3R TDF 2021

こちらはプロモーションビデオ

 

フレームはコルナゴ V3R で、超軽量で空気力学に優れており、フラット、上り坂、混合ルートなど、あらゆるタイプの地形で優れた性能を発揮。

UAE-Team Emiratesのタディ・ポガチャルがツール優勝で性能の良さは証明してますね。フレームの重量は790g(サイズ50)。

 

Image credit: Colnago

全体的にはブラックだけど、イエロージャージを意識してデザインされている。

グループセットは Campagnolo Super Record EPS 12 スピードで、C-LUX 仕上げの Bora Ultra WTO DB ホイールが装着。

 

Image credit: Colnago

ツール・ド・フランスのロゴはフォークとトップチューブにあり、側面には108までのモデル番号が印刷されている。

 

Image credit: Colnago

ハンドルバーは、カーボンファイバー製の Deda Elementi ALANERA DCR (Deda 内部ケーブルルーティング付き) モノコック。

右のブレーキレバーだけイエローとなっているのがおしゃれ。

 

Image credit: Colnago

シートチューブにも、微妙なデザインが施してある。これは近くに寄って実際に見ないとわからないですね。

シートステイとシート チューブの接合部には、2020 年の勝利でのコルナゴの役割を思い出させる黄色のフランスの輪郭があり、「2020ツール・ド・フランスV3Rsの勝者」と書かれてある。

 

Image credit: Colnago

Selle Italia は SLR Boost Carbon Superflow サドルを提供。サドルも特別版の印刷がされている。

 

Image credit: Colnago

ほとんどが、イタリア製のパーツだけど、タイヤだけは違う。

ツール・ド・フランスの公式ライセンシーとして、ここではドイツのブランド Continental が優先され、チューブレスケーシングのContinental Grand Prix 5000 タイヤがここに指定されている。

価格は、11,090 ポンド(約170万円)。凄い値段ですね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました