ロードバイクの情報を発信しています!

Decathlon AG2R La Mondiale Teamのスタン・デウルフは春を逃す

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

2021年にLotto SoudalからAG2R Citroën Teamに移籍したスタン・デウルフ。

クラシックの才能があり、2018年には、パリ~ルーベのU23で優勝していた。Lotto Soudalでは膝の手術などあり、勝利はなし。だが、AG2R Citroën Teamに移籍して1年目で大きく飛躍。

2021ツール・ド・ワロンヌ第3ステージで2位となり、総合でも2位でフニッシュ。

そして、自身の2021年最終戦となったフランスのワンデーレース、ブークル・ド・ロルヌ シャトーランで逃げ切り勝利を果たしている。

 

だが、スタン・デウルフは足の痛みを感じ手術を受けることに。腸骨動脈狭窄の手術だ。キャリアを左右する問題であり、オフシーズンだったのは幸いするかもしれない。

 

スポンサーリンク

復帰に関しては

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Stan Dewulf(@dewulfstan)がシェアした投稿

 

スタン・デウルフはInstagramで以下のように投稿。

挫折は目標を見直すチャンスに過ぎない🤌。

数週間前、大腿動脈の狭窄に対処する手術を受けた。大腿動脈の狭窄が原因で、ハイパワーで走ると片足が痛くなったり、毒素が出たりして、レースでのパフォーマンスに影響していたんだ。

手術はうまくいったので、あとは体を治すだけだ。1月末まで激しいトレーニングはできない。

OLV Ziekenhuis Aalstの素晴らしいチームと、私のチームの揺るぎないサポートに大きな拍手を送りたい!早くバイクに戻りたい!🚴‍♂️

 

症状はすでにシーズン中も出ていたようだ。大腿動脈狭窄は、かなりの選手がなっている。原因がわからず苦労することも。

引退した、ゼネク・スティバルやファビオ・アルも手術を受けている。

スタン・デウルフは、数週間はバイクに乗れない。これは春のクラシックを逃すことに繋がる。2023年シーズンは、ツール・ド・フランスにも出場しており、チームの主要メンバーの一人だ。

今年が契約の最終年度でもあり、復帰して以前のように走れなければキャリア継続も難しくなる。頑張らないと。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました