ロードバイクの情報を発信しています!

Lazerから回転衝撃安全技術を備えて市場最軽量だと主張するZ1 KinetiCoreヘルメット

機材情報
Photo credit: Glory Cycles on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

Lazerは、独自に開発した特許取得済みのKinetiCore保護テクノロジーを搭載したZ1 KinetiCoreヘルメットを発売。

Jumbo-Vismaのワウト・ファンアールトが、シクロクロスでこの新型ヘルメットを5レースほど使用していたのが目撃されている。

ただ、Team Visma | Lease a Bikeとチーム名変更となった2024年からはチームはGiroを使用する。

 

スポンサーリンク

Z1 KinetiCore

こちらはプロモーションビデオ

 

Lazerは、MIPS やその他の回転衝撃安全技術に代わる軽量の代替品として、2022年の春にKinetiCore保護テクノロジーを搭載したヘルメットを販売していた。

 

今回のZ1 KinetiCoreヘルメットは、その最上位モデルとなる製品。重量は220gと回転衝撃安全技術を備えたヘルメットとしては最軽量とlaserは主張する。

220gならば、普通の軽量ヘルメットと変わらない重量だ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lazer Sport(@lazersport)がシェアした投稿

 

ワウト・ファンアールトが昨年末のシクロクロスで使用していたけど、見た目で分かるように換気口が凄く多い。

現在のLaser Genesisには 22個の通気孔があるのに対し、ワウト・ファンアールトのヘルメットには、26個以上の通気孔があるった。プラスチックの使用も抑えられている。

夏用のイメージが強いけど、オプションのAeroShellカバーを追加すると冬場や雨の日でも使用することが可能だ。

 

 

また、上記動画のようにアイウェアをドッキングすることも可能。

ヘルメットの後ろにUniversal LEDを装着することも出来る。後方からの視認性も考えられている。

 

サイズは、S/52-56cm M/55-59cm L/58-61cm。価格は£400(約7万円)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました