ロードバイクの情報を発信しています!

AG2R Citroën Teamと契約が得られなかったローレンス・ナーセンは独自のチームTEAM LAWを立ち上げ

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt
この記事は約2分で読めます。

2023年末で契約が得られなかったAG2R Citroën Teamのローレンス・ナーセン。2017ベルギーロード王者のオリバー・ナーセンの弟だ。

2024年から、Decathlon AG2R La Mondiale Teamとなったチームからは延長契約が得られなかった。

ローレンス・ナーセンは、ロードではなくオフロードの自分のチームを立ち上げることをSNSで発表している。

 

スポンサーリンク

TEAM LAW

 

ローレンス・ナーセンは自分のチーム「TEAM LAW!」を誇りに思っているという。

来年はそのワンマンチームを代表して、主にグラベルレースなどのオフロードレースに参戦する。昨年のグラベル世界選手権にも出場して16位だった。

このプロジェクトについて、彼はまだ多くを語れない。「現在進行形です」と彼は書いている。

 

すでに多くのブランドが用具などをサポートしている。

  • ウェアブランド Rapha
  • バイクブランド Scott
  • Lightweight
  • De Kinder Hardware
  • Dynamic Bike Care
  • 226ers
  • Wahoo
  • Thule
  • Trainingpeaks

 

ローレンス・ナーセンは2017年にWB Veranclassic Aqua Protectでプロに転向。2018年から2年間Lotto Soudalで走り、2020年にAG2R La Mondialeに加入した。

そこで兄のオリバーとともに4年間走っていた。

兄のオリバー・ナーセンは、2025年末までDecathlon AG2R La Mondiale Teamと再契約している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました