ロードバイクの情報を発信しています!

2023 エグモント・サイクリングレース 生き残りゲームの勝利を飾ったのは影の人

海外情報
Photo credit: Erf-goed.be on VisualHunt.com
この記事は約11分で読めます。

ベルギーの1.1レース。エグモント・サイクリングレース。Egmont Cycling Race (1.1)

フランダース地方のワンデーレースということで、石畳が登場。クラシックハンター有利なコースとなっている。

 

過去の優勝者

  • 2021  ダニー・ファンポッペル
  • 2019  ピョートル・ハヴィック
  • 2018  ジェローム・ボニー
  • 2017 ジャスパー・デプイスト
  • 2016 ティム・メルリエ
  • 2015  ケニー・デハース
  • 2014 エドワード・トゥーンス
  • 2013  JARC Blaž
  • 2012 マティアス・ブランドル

 

スポンサーリンク

ゾッテゲム~ゾッテゲム 198km

コースプロフィール photo egmontcyclingrace

 

スタートのゾッテッゲムから75.2kmの大きなローカルラップを2周。

その後、22.9kmのローカルラップを2周する。ここには、オンループ・ヘットニュースブラッドでも使われる登りや、ロンド・ファン・フラーンデレンでも使われるリッペンホーヴェ通りの1,200mの石畳も2回登場する。

最後も登っており、純粋なスプリンターが勝負できるだろうか。ただ、ゴールまでに再編成される可能性も高い。

 

  1. 山岳ポイント Grotenbergstraat  1.3km・2.5%
  2. 山岳ポイント Klemthoutstraat  1.8km・2.7%
  3. 山岳ポイント Hostellerie  1.3km・4.5%
  4. 第1セクター Paddestraat  1,570m
  5. 第2セクター Long Minte  1840m
  6. 山岳ポイント Grotenbergstraat  1.3km・2.5%
  7. 山岳ポイント Klemthoutstraat  1.8km・2.7%
  8. 山岳ポイント Hostellerie  1.3km・4.5%
  9. 第3セクター Paddestraat  1,570m
  10. 第4セクター Long Minte  1840m
  11. 山岳ポイント Grotenbergstraat  1.3km・2.5%
  12. 第5セクター リッペンホーヴェ通り 1200m 石畳
  13. 山岳ポイント Grotenbergstraat  1.3km・2.5%
  14. 第6セクター リッペンホーヴェ通り 1200m 石畳

 

注目のライダーは

  • Alpecin-Deceuninck ジャンニ・フェルメルシュ、ティモ・キーリッヒ、ライオネル・タミニオニー
  • Cofidis アクセル・ザングレ
  • Intermarché – Circus – Wanty マイク・テウニッセン、ヘルベン・タイッセン
  • Team Arkéa Samsic ユーゴ・オフステテール、デビット・デッカー
  • Lotto Dstny ジャスパー・デブイスト
  • Uno-X Pro Cycling Team ラスムス・ティレル

 

スタート

スタートしてすぐに二人が飛び出す。

 

集団は、それほど離れていない。

 

25人の先頭集団が出きている。

 

集団が追っている。

 

Team Flanders – Baloiseのアレックス・コールマンがアタック!

 

アレックス・コールマン単独で逃げている。ただ、集団も後ろに見えている。

 

アレックス・コールマンは捕まってしまう。

 

カウンターでQ36.5 Pro Cycling Teamのライダーが逃げる。

 

残り42.5km。ここで4人が前に。

 

追走集団は25人くらいか。

 

こちらは追走。

  1. ユーゴ・オフステテール Team Arkéa Samsic
  2. Sander De Pestel Team Flanders – Baloise

 

Team Arkéa Samsicのユーゴ・オフステテールは止めてしまった。まあ、スプリンターだし。

 

先頭は4人。

  1. ライオネル・タミニオニー Alpecin-Deceuninck
  2. アレクサンダー・クリストフ Uno-X Pro Cycling Team
  3. マイク・テウニッセン Intermarché – Circus – Wanty
  4. アリエン・リヴィンズ Lotto-Dstny

 

先頭がタイム差を開いていく。

 

残り1周

こちらは追走。20人くらいか。

 

うまく追走は回っていない感じ。

 

追走は激しい動きのあとに、6人となっている。

  1. ヨナス・リッカールト Alpecin-Deceuninck
  2. ジャンニ・フェルメルシュ Alpecin-Deceuninck
  3. ジャスパー・デブイスト Lotto-Dstny
  4. アリエン・リヴィンズ Lotto-Dstny
  5. ラスムス・ティレル Uno-X Pro Cycling Team
  6. DE VRIES Hartthijs(TDT-Unibet Cycling Team)

 

さらに追走は先頭集団に合流。先頭は10人となる。

  1. ライオネル・タミニオニー Alpecin-Deceuninck
  2. ヨナス・リッカールト Alpecin-Deceuninck
  3. ジャンニ・フェルメルシュ Alpecin-Deceuninck
  4. アレクサンダー・クリストフ Uno-X Pro Cycling Team
  5. ラスムス・ティレル Uno-X Pro Cycling Team
  6. マイク・テウニッセン Intermarché – Circus – Wanty
  7. アリエン・リヴィンズ Lotto-Dstny
  8. ジャスパー・デブイスト Lotto-Dstny
  9. ラスムス・ティレル Uno-X Pro Cycling Team
  10. DE VRIES Hartthijs(TDT-Unibet Cycling Team)

 

残り17.4km。Alpecin-Deceuninckは3人いるので攻撃開始だ。

 

攻撃は不発に。

 

残り15.6km。抜け出しがかかるのは、もう少し先となりそう。

 

Alpecin-Deceuninckがまたも攻撃。後ろにはIntermarché – Circus – Wantyのマイク・テウニッセンが付いている。

 

残り13.2km。マイク・テウニッセンがアタック!

これは決まらない。

 

Uno-X Pro Cycling Teamはアレクサンダー・クリストフがいるのでスプリントに持ち込みたい。

 

Alpecin-Deceuninckは、ライオネル・タミニオニーが攻撃。これも決まらない。

 

4人が少し前に。しかし、ラスムス・ティレルも後ろにアレクサンダー・クリストフもいるし踏まない。

 

Uno-X Pro Cycling Teamのラスムス・ティレルは、自分は引かないと言っている。

 

先頭からジャンニ・フェルメルシュが攻撃。しかし、これは様子見。

 

引かないメンバーの中から、マイク・テウニッセンがアタック!

 

マイク・テウニッセンは、すぐに後続を突き放す。

 

第6セクター リッペンホーヴェ通り 1200m 石畳

後ろが見えなくなる。

 

マイク・テウニッセンとしては、ゴールまで逃げ切りを目指すだけだ。

 

残り4.5km。追走Uno-X Pro Cycling Teamのラスムス・ティレルが引いている。

 

追走は回っていない。

 

残り2.1km。

 

マイク・テウニッセンは、捕まってしまう。

 

マイク・テウニッセンは、このまま切れてしまった。

 

先頭はアレンサンダー・クリストフ。

 

アレンサンダー・クリストフは、ジャスパー・デブイストに先頭を譲る。

 

最初にスプリントを開始したのはLotto-Dstnyのジャスパー・デブイストだ。

 

ジャスパー・デブイストの後ろから、アレンサンダー・クリストフがまくりに入る。

 

アレンサンダー・クリストフが並びかける。

 

ゴールで二人がハンドルを投げた!

 

 

勝ったのは、手前のジャスパー・デブイストだ!

最後まで、アレクサンダー・クリストフをまくらせなかった。ジャスパー・デブイストは、普段はスプリントのリードアウト役で自分がスプリントを担当することはほとんどない。

今回の勝利は実に4年振り。キャリア6勝目の勝利となった。ジャスパー・デブイストは、昨日のオーベレルエイセでも3位。ヴィクトール・カンペナールツが優勝しており、Lotto-Dstnyは2日連続の勝利となっている。また、1週間で4勝を上げることに成功した。

 

スポンサーリンク

リザルト

ジャスパー・デブイストのコメント

これはカレンダー上最大のレースではないかもしれないが、私にとって非常に特別なレースであり、大きな野心を持ってスタートする。

スタート直後から厳しいレースが続いたが、それに対する準備はできていた。このようなレース、特にシーズン終盤のレースは、かなり厳しいものになる。僕たちはスピードに乗り、すぐに逃げ集団の4人と一緒になった。

フィナーレでは、特にアレクサンダー・クリストフがまだ先頭を走っていたので、少し賢明なアプローチを取らなければならなかった。

マイク・テウニッセンが飛び出したときは危なかったが、アリエン・リヴィンズはマイクを取り戻すために素晴らしい仕事をしてくれた。スプリント勝負になったが、僕には自信があった。

Rnk Rider Team UCI Time
1
 DE BUYST Jasper
Lotto Dstny 125 4:12:00
2
 KRISTOFF Alexander
Uno-X Pro Cycling Team 85 ,,
3
 TAMINIAUX Lionel
Alpecin-Deceuninck 70 ,,
4
 VERMEERSCH Gianni
Alpecin-Deceuninck 60 0:01
5
 DE VRIES Hartthijs
TDT-Unibet Cycling Team 50 ,,
6
 WILLEMS Thimo
VolkerWessels Cycling Team 40 ,,
7
 LIVYNS Arjen
Lotto Dstny 35 0:10
8
 TILLER Rasmus
Uno-X Pro Cycling Team 30 0:15
9
 TEUNISSEN Mike
Intermarché – Circus – Wanty 25 0:36
10
 RICKAERT Jonas
Alpecin-Deceuninck 20 0:48
11
 ZINGLE Axel
Cofidis 15 2:08
12
 SMITH Dion
Intermarché – Circus – Wanty 10 ,,
13
 ABRAHAMSEN Jonas
Uno-X Pro Cycling Team 5 ,,
14
 DAUPHIN Florian
Team Arkéa Samsic 5 ,,
15
 BUDDING Martijn
TDT-Unibet Cycling Team 5 ,,
16
 FRISON Frederik
Lotto Dstny 3 2:10
17
 WRIGHT Paul
Bolton Equities Black Spoke 3 ,,
18
 SCOTT Jacob
Bolton Equities Black Spoke 3 2:12
19
 COLMAN Alex
Team Flanders – Baloise 3 ,,
20
 VAN BOVEN Luca
Bingoal WB 3 ,,
21
 PAASSCHENS Mathijs
Lotto Dstny 3 2:42
22
 THIJSSEN Gerben
Intermarché – Circus – Wanty 3 6:00
23
 DUPONT Timothy
Tarteletto – Isorex 3 ,,
24
 SLOCK Liam
Lotto Dstny 3 ,,
25
 MEURISSE Xandro
Alpecin-Deceuninck 3 ,,
26
 DREßLER Luca
Team Lotto – Kern Haus   ,,
27
 DAEMEN Stijn
BEAT Cycling Club   ,,
28
 WALLAYS Jelle
Cofidis   ,,
29
 ARTZ Huub
Metec – SOLARWATT p/b Mantel   ,,
30
 NØRTOFT Morten Aalling
Jumbo-Visma Development Team   ,,
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました