ロードバイクの情報を発信しています!

アルケア・サムシックのウイナー・アナコナはマウンテンバイクで大けが

海外情報
Photo by Tobias Bjerknes on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

なんだが、このオフにはトレーニングで事故やケガをしているライダーが多い。

アルケア・サムシックのウイナー・アナコナも週末にマウンテンバイクに乗ってトレーニングしていて大けがをしている。

顔の手術も行っており、結構派手にこけたようだ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Winner Anacona(@wian88)がシェアした投稿

 

意識を失うほどではなかったようだが、顔は目の外側を縫っており、左膝も縫っている。

さらに、実施された検査によると、肋骨間損傷と、ショックの結果として一時的な血尿を引き起こす腎挫傷も明らかになっている。

大事には至らなかったが、目とか怪我をしなくて良かったと思う。

ウイナー・アナコナはモビスターからナイロ・キンタナと共に移籍してきたが、ツール・ド・フランスではキンタナが膝の痛みと落車により過去最低の総合17位で終わっている。

せっかく輝けると思ったんですけどねえ~。

ただ、アナコナ自身は2020年最後のレースPrueba Villafranca-Ordiziako Klasika (1.1)をチームのアシストを受けて3位でゴールしている。

2年契約の来シーズンにむけて、早くケガをなおさなければならないだろう。

ナイロ・キンタナは復帰が遅れそうなので、まずはワレン・バルギルのアシストとなるかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました