ロードバイクの情報を発信しています!

マーク・カヴェンディシュがサム・ベネットに代わりバロワーズ・ベルギーツアーに出場

海外情報
Image by Nattanan Kanchanaprat from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

6月9日から始まるバロワーズ・ベルギーツアーでDeceuninck-Quick-Stepのエーススプリンター、サム・ベネットが欠場。

代わりにマーク・カヴェンディシュがメンバーに選出された。前日になっての交代であり急遽と言った感じだ。

 

スポンサーリンク

サム・ベネット欠場の理由

こちらはチームからの報告ツイート

 

チームからの報告によると、先週末のトレーニングでアクシデントがあり、サム・ベネットは右膝に問題を抱えていると。

チームドクターとの協議の結果、サム・ベネットは、ベルギーツアーには参加せず、ツール・ド・フランスに向けて休養を取ることになった。

ギリギリまで待ったということは、それほど深刻ではないと思いたい。

 

マーク・カヴェンディシュは、その代わりのメンバーとして選出されている。

  • ダヴィデ・パッレリーニ
  • イーリョ・ケイセ
  • イヴ・ランパールト
  • ミケル・モルコフ
  • ゼネク・スティバル
  • マーク・カヴェンディシュ
  • レコム・エヴェネプール

3度のシクロクロス世界チャンピオン、ゼネク・スティバルも骨折した状態で出場。第1ステージには石畳の区間もあるけど、振動は大丈夫なのかな。

 

バロワーズ・ベルギーツアーには一流スプリンターが集結している。

Lotto Soudal カレブ・ユアン

BORA-hansgrohe パスカル・アッカーマン

Team Qhubeka ASSOS ジャコモ・ニッツォーロ

Team Jumbo-Visma ディラン・フルネーフェン

Alpecin-Fenix ティム・メルリエ、ジャスパー・フィリップセン

B&B Hotels p/b KTM ブライアン・コカール

Team Arkéa Samsic ナセル・ブアニ

スプリントの狙えるステージが多く、ツールに出場するスプリンターの多くがこのベルギーに集まってくる。

当然、スプリンターチームは、ゴールでエースをスプリントに導くために逃げを許さないだろう。

マーク・カヴェンディシュは、一流スプリンターと互角に渡り合えるだろうか。これまでと違うのは、チーム力が高くゴールまで守って貰えること。しかも、スプリントトレインもプロトンナンバーワンだ。

マーク・カヴェンディシュがサム・ベネットに変わる働きが出来るのか注目される。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました