ロードバイクの情報を発信しています!

イネオスがピナレロとのパートナーシップを4年間延長 16シーズン乗りつづる

機材情報
Photo credit: Glory Cycles on Visualhunt
この記事は約2分で読めます。

Ineos Grenadiersは、Pinarello とのパートナーシップを今後 4 シーズン、2025年末まで延長することを発表した。

2010のチーム発足以来、実に16シーズンに渡りピナレロに乗り続けることになる。

 

スポンサーリンク

4年の契約延長

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

INEOS Grenadiers(@ineosgrenadiers)がシェアした投稿

 

主力であるドグマは、バージョンアップを重ねており、更に山岳では追加の軽量バージョンPinarello Dogma F12 X-Lightで補完されている。

クラシックでは、石畳に焦点を当てたK8とK10がありサスペンションがついている。更にフルサスペンションのドグマFSもある。

 

2021クリテリウム・ドーフィネのリッチー・ボートの勝利は、チームの393勝目。

どれだけ、このバイクで勝利を重ねているかがわかる。昨年からチームは攻撃的なレースを展開しており、グランツール以外でも勝利を重ねている。

現在ワールドツアーランキングで、Deceuninck-Quick-Stepを抜いて1位。勝利数は25勝となっており、更に勝利を重ねるだろう。

 

ピナレロといえば新型も目撃されている。ツールでまた見れるでしょうね。

コメント

  1. エスメ より:

    フルサスのドグマはF5ではなくFSだったと思います

タイトルとURLをコピーしました