ロードバイクの情報を発信しています!

モン・ヴァントゥ チャレンジ モン・ヴァントゥを最速で上がったライダーは誰か?

海外情報
Photo credit: velodenz on Visualhunt
この記事は約8分で読めます。

フランスで行われたモン・ヴァントゥ チャレンジのワンデーレース。

今回で3回目となるが、今年はモン・ヴァントゥに2回登る。全体的な距離は少し短くなったが、本格的山岳コースだ。

 

スポンサーリンク

ヴェゾン・ラ・ロメーヌ~モン・ヴァントゥ  153km

コースマップ phot denivelechallenges

 

昨年より距離が減っており、通るコースも変わっている。昨年は、1回目はシャレーレイナールまでだったが、今年は2回共モン・ヴァントゥに上がる超山岳コースとなっている。

 

コースプロフィール phot denivelechallenges

 

標高1912mまでを2回登るというのは足のあるクライマーでないと無理なコース設定だ。参加しているワールドチームは6チーム。

  • AG2R Citroën Team ベン・オコナー、リリアン・カルメージャ
  • Astana-Premier Tech
  • Cofidis, Solutions Crédits ヘスス・エラダ
  • EF Education-Nippo 中根英登、マグナス・コルトニールセン
  • Groupama-FDJ
  • Movistar Team ミゲルアンヘル・ロペス、エンリク・マス
  • Trek-Segafredo ケニー・エリッソンド

 

逃げは6人

Tiz-cyclingストリーミング スクリーンショット以下同様

スタートして13kmほどで二人が飛び出す。この二人に次々と後続が追いつく展開に。

 

二人に追いついたのは5人。先頭は7人となる。

 

集団はモビスターが引く展開。先頭にジョインしようとしていたライダーを吸収。

 

先頭には、マグナス・コルトニールセンも入っている。パリ~ニース第8ステージで優勝している。だが、どちらかというスプリントが得意なはずなんだけど。

 

一時7分台まで開いていたが、下りで集団がモビスターが引いて2分57秒まで縮まった。

  1. アントワーヌ・デュシェーヌ Groupama-FDJ
  2. マグナス・コルトニールセン  EF Education-Nippo
  3. HARDY Romain Team Arkéa Samsic
  4. PACHER Quentin B&B Hotels p/b KTM
  5. FERNÁNDEZ Delio DELKO
  6. MAURELET Flavien St Michel – Auber93

 

AG2R Citroën Teamが先頭に一人送り出す。ベン・オコナーはクリテリウム・ドーフィネでは、総合8位。最終ステージでは、総合勢から抜け出して4位でゴールしている。

得意の山岳で実力が発揮できるだろうか?

 

残り78.3kmで集団中ほどで落車発生。アスタナのライダーが一人頭を押さえてサボートカーに。フランス語なので誰だかわからない。

 

1回目のモン・ヴァントゥ

1回目のモン・ヴァントゥ通過に向かう。タイム差は2分47秒とあまり変わらない。

 

モビスターのマティアス・イェルゲンセンは、先頭交代を中々しなかったがようやく先頭に立って引きだす。

 

先頭で動きが。

 

二人が先頭を始める。

  1. 95.LIETAER Eliot B&B Hotels p/b KTM
  2. 134.ADRIÀ Roger  Equipo Kern Pharma

 

さあ、プロヴァンスの巨人、モン・ヴァントゥが見えてきた。今日は風はどうなんだう?

 

逃げていたアントワーヌ・デュシェーヌGroupama-FDJが集団に吸収される。

 

先頭二人が1回目のモン・ヴァントゥを通過。集団は4分24秒後ろ。

 

マグナスコート・ニールセンが3位通過。

 

3位、4位が通過していく。

  1. HARDY Romain Team Arkéa Samsic
  2. FERNÁNDEZ Delio DELKO

 

集団も山頂通過だ。

 

先頭の二人は、モトバイクのメーターでは100km/h近いスピードで下っている。

 

下り終わって、逃げていた二人が捕まる。

 

2回目のモン・ヴァントゥ

集団はまだまだ人数が多い。これから絞っていかなくてはいけない。

 

おっと、残り20kmを切ってアタックだ。.リエター・エリオット(B&B Hotels p/b KTM)が単独となる。

 

残り、16.9kmで1分58秒。どこまで逃げれるだろう。

 

残り14.7km。タイム差は1分16秒に縮まってくる。集団もかなり人数が絞られてきた。先頭は、クレモン・シャンプッサン。必死で先頭をキープして引く。

 

ベン・オコナーのアシストもあと一人だけだ。アシストが外れたアタックするのだろうか?>

 

ケニー・エリッソンドがアタック!   だが、これは様子見だったようだ。

 

ケニー・エリッソンドが捕まったところで、スーパーマン、ミゲルアンヘル・ロペスがアタック!

残り12.5kmもあるぞ。

 

あ~、もう誰もついていけない。

 

ミゲルアンヘル・ロペスはあっという間に先頭を抜いていく。

 

後続は、ベン・オコナーとケニー・エリッソンド。ミゲルアンヘル・ロペスは遥か先に見える。

 

2位グルーブは合体。5人となる。

 

さらに後続から一人追いつき6人。

  • 6.オスカー・ロドリゲス Astana -Prenleer Tech
  • 14.ケニー・エリッソンド Trek-Segafredo
  • 34.ベン・オコナー  AG2R Citroën Team
  • 44.エンリク・マス Movistar Team
  • 47.カルロス・ベローナ Movistar Team
  • 87.クリスティアン・ロドリゲス Team Total Direct Energie

 

ラスト8.1kmでベン・オコナーがアタック。だが、皆すぐに追いついてくる。

 

オスカー・ロドリゲス Astana -Prenleer Techがアタック。これは決まった。後続は追いつかない。単独2位で前のミゲルアンヘル・ロペスを追う。

 

ミゲルアンヘル・ロペスはシャレーレイナールを通過。快調なペースだ。

 

ベン・オコナーのアタックで、ケニー・エリッソンドが切れてしまう。

 

今度は、エンリク・マスがアタックをかけて2位のオスカー・ロドリゲスを追う。

 

エンリク・マスは追いつく。まあ、ゴール前に差せばよい。1位と2位をモビスターが占めることになるだろう。

 

頂上まで2.1km。どこでエンリク・マスはアタックをかけてオスカー・ロドリゲスをおいおとすかな。

 

残り1.1km。後続をどんどん引き離してゴールに向かう。

 

ミゲルアンヘル・ロペスは単独でモン・ヴァントゥを勝ち取った! スーパーマンは今シーズン3勝目。

私とエンリク・マスの両方が、トップのお気に入りとして多くの人からヒントを得た。チームメイトは、途中で素晴らしい仕事をしてくれた。

彼らは私たちの作業を容易にしてくれたが、それでも仕上げる必要があった。

特にモン・ヴァントゥの最初の上りでハイペースを維持した後は、誰にとっても困難だった。最後の登りで本当に速く走れた。ライバルたちはすでに少し疲れていたので、それにより遠くから攻撃するのが少し簡単になっていた。

ミゲルアンヘル・ロペスはツール・ド・フランスに向けて準備は万端のようだ。

 

2位争いは、一度前に出られたエンリク・マスをオスカー・ロドリゲスがまくる。

 

2位はアスタナのオスカー・ロドリゲスだ。

 

4位はベン・オコナー。5位はクリスティアン・ロドリゲス。

 

こちらはユーザー作成のハイライト動画

 

リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 LÓPEZ Miguel ÁngelMovistar Team125754:30:04
2 RODRÍGUEZ ÓscarAstana – Premier Tech85552:26
3 MAS EnricMovistar Team70402:33
4 O’CONNOR BenAG2R Citroën Team60323:30
5 RODRÍGUEZ CristiánTeam Total Direct Energie5028,,
6 ELISSONDE KennyTrek – Segafredo40244:02
7 RIES MichelTrek – Segafredo35204:45
8 CARR SimonEF Education – Nippo30185:41
9 VERONA CarlosMovistar Team25165:48
10 BOUCHARD GeoffreyAG2R Citroën Team20146:10

ミゲルアンヘル・ロペスは、モン・ヴァントゥの最速記録では、2004年のイヴァン・マヨについで2位の57分55秒。AV22.27km/hで上がっている。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました