ロードバイクの情報を発信しています!

2022 エグモント・サイクリング・レース ジロのスプリント王が破れる!

この記事は約11分で読めます。

ベルギーの1.1レース。エグモント・サイクリングレース。Egmont Cycling Race (1.1)

フランダース地方のワンデーレースということで、石畳が登場。コースも変更されており、クラシックハンター有利なコースとなっている。

 

過去の優勝者

  • 2021  ダニー・ファンポッペル
  • 2019  HAVIK Piotr
  • 2018  BAUGNIES Jérôme
  • 2017 ジャスパー・デプイスト
  • 2016 ティム・メルリエ
  • 2015  DEHAES Kenny
  • 2014 エドワード・トゥーンス
  • 2013  JARC Blaž
  • 2012 マティアス・ブランドル
  • 2011  TUFT Svein

 

スポンサーリンク

ゾッテゲム~ゾッテゲム 198km

コースプロフィール photo egmontcyclingrace

 

コースは昨年から大幅に変更。ゾッテッゲムから75.2kmの大きなローカルラップを2周。

その後、22.9kmのローカルラップを2周する。ここには、オンループ・ヘットニュースブラッドでも使われる登りや、ロンド・ファン・フラーンデレンでも使われるリッペンホーヴェ通りの1,200mの石畳も2回登場する。

最後も登っており、純粋なスプリンターが勝負できるだろうか。ただ、ゴールまでに再編成される可能性も高い。

 

  1. 山岳ポイント Grotenbergstraat  1.3km・2.5%
  2. 山岳ポイント Klemthoutstraat  1.8km・2.7%
  3. 山岳ポイント Hostellerie  1.3km・4.5%
  4. 第1セクター Paddestraat  1,570m
  5. 第2セクター Long Minte  1840m
  6. 山岳ポイント Grotenbergstraat  1.3km・2.5%
  7. 山岳ポイント Klemthoutstraat  1.8km・2.7%
  8. 山岳ポイント Hostellerie  1.3km・4.5%
  9. 第3セクター Paddestraat  1,570m
  10. 第4セクター Long Minte  1840m
  11. 山岳ポイント Grotenbergstraat  1.3km・2.5%
  12. 第5セクター リッペンホーヴェ通り 1200m 石畳
  13. 山岳ポイント Grotenbergstraat  1.3km・2.5%
  14. 第6セクター リッペンホーヴェ通り 1200m 石畳

 

注目のライダーは

  •  Cofidis マキシミリアン・ヴァルシャイド、シモーネ・コンソンニ
  •  Groupama – FDJ アルノー・デマール
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux タコ・ファンデルホールン
  •  Israel – Premier Tech ジャコモ・ニッツォーロ、ディラン・トゥーンス
  •  Lotto Soudal アルノー・デライ、ヴィクトール・カンペナールツ

     
  •  Team BikeExchange – Jayco ディラン・フルーネウェーヘン
  •  Alpecin-Deceuninck ドリース・デポンド
  •  Team Arkéa Samsic ユーゴ・オフステテール
  •  TotalEnergies サガン、ニキ・テルプストラ

 

Israel – Premier Techに移籍したディラン・トゥーンスの初レースとしても注目される。

 

スタート

ベルギーは、晴れ。気温は28度。

 

逃げは4人

先頭はコンチネタルチームの4人が逃げている。ジェームズ・フーシェは、ニゅージーランド王者だ。

  1. ジェームズ・フーシェ(Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling)
  2. MARSMAN Tim(Metec – SOLARWATT p/b Mantel)
  3. ロバート・スコット(WiV SunGod)
  4. DE JONG Timo(VolkerWessels Cycling Team)

 

残り84kmでディラン・トゥーンスが追走に出ている。

  1.  ディラン・トゥーンス Israel – Premier Tech
  2. フロリアン・フェルメルシュ Lotto Soudal

 

集団後方は、結構割れている。

 

ブエルタには事務処理の関係で間に合わなかったけど、早速ディラン・トゥーンスは目だってくれている。

 

残り80.5kmで集団は横一線となった。

 

第3セクター Paddestraat  1,570m

追走二人はパヴェに突入。だが、この後捕まってしまう。

 

集団もパヴェでペースが上がる。絞らないといけない。

 

先頭はなんとかタイム差を保っているが大きなリードは貰えない。

 

集団先頭はTotalEnergiesのジェフレ・スープ。

 

残り74.8kmで集団は2分48秒差。

 

第4セクター Long Minte  1840m

集団から追走が出ている。

 

集団は逃がしそうにない。

 

コンチネタルチームの二人が追走に出ている。

 

残り54.8kmで追走と1分20秒。メイン集団と2分のタイム差。

 

残り52.5km。集団は一列棒状だけど、まだ人数は多い。

 

追走の二人は集団に吸収される。

 

残り2周

先頭がゴールラインを通過。

 

集団はTeam Arkéa Samsic先頭で通過。

 

集団から一人追走が出る。

  1. CLAEYS Arno(Team Elevate p/b Home Solution)

 

先頭まで46秒。

 

わずかな登りで、先頭が二人になった。後ろの二人はついていけない。

 

第5セクター リッペンホーヴェ通り 1200m 石畳

先頭はパヴェに。

 

逃げていた追走、3人の後ろに集団が迫る。

 

追走3人は吸収。

 

 

ヴィクトール・カンペナールツが集団を絞り込む。

 

残り23.8km。タイム差は1分28秒。

 

残り1周

Alpecin-Deceuninck先頭でゴールラインを通過。

 

これは何の合図なのか?

 

山岳ポイント Grotenbergstraat  1.3km・2.5%

さあ、登りでペースが上がる。

 

登りで10人くらいが前に出たけど、集団も逃がさない。

 

さあ、ヴィクトール・カンペナールツが攻撃だ。カーブでは歩道を通ってショートカットしていた。

 

ヴィクトール・カンペナールツは捕まってしまう。

 

集団先頭はペースが上がり続ける。

 

集団からTeam BikeExchange – Jaycoがアタック。

 

先頭は、ロバート・スコット単独に。

 

逃げていた一人が捕まる。

 

ヴィクトール・カンペナールツが再びアタック。

 

捕まっても、またもアタック。

 

だが、逃がして貰えない。このペースアップで逃げも捕まえた。

 

残り7.3km。決定的な逃げは出来ていない。クリスティアン・ズバラーリが先頭を追う。

 

第6セクター リッペンホーヴェ通り 1200m 石畳

Alpecin-Deceuninckのズバラーリが先頭に出た。ここで決められるか。

 

クリスティアン・ズバラーリはリードを奪う。

 

残り4.4km。集団は後ろに見えている。

 

いい感じで逃げているぞ。

 

残り2.2km。下りなので集団のスビードは速い。

 

残り1.4kmだ。

 

残り900m。ズバラーリが追いこまれる。

 

集団はGroupama – FDJが先頭で追いこむ。

 

クリスティアン・ズバラーリは残り400mで捕まってしまう。

 

さあ、アルノー・デマールがプラム・ウェルテンによって発射された。

 

おおっ、後ろからアルノー・デライが追いこんでくる。

 

横一線だが、アルノー・デマールが足を止めた!

 

なんと、勝ったのはLotto Soudalの20歳、アルノー・デライだ~!

Lotto Soudalの稼ぎ頭は、アルノー・デマールを破ってしまった。今年のジロ・デ・イタリアのスプリント王を諦めさせるのだから凄いことだ。

今シーズン9勝目。ワールドツアーランキングはジュリアン・アラフィリップを抜いて10位となった。チームを救う男だ。

 

リザルト

アルノー・デライのコメント

正直なところ、今日は優勝を狙えるとは思っていなかったが、もちろんこれは嬉しいご褒美だ。チームとして、力強いパフォーマンスを発揮した。

我々の攻撃的なレーススタイルが勝利に結びついたのであり、自分たちを責めることはできない。今日はとても調子が良かったが、最後のほうは少し調子が悪くなってしまった。

でももちろん、この結果とエクステリオサイクリングカップ(Exterioo Cycling Cup)の最終的な勝利には満足している。

RnkRiderTeamUCITime
1
 DE LIE Arnaud
Lotto Soudal1254:32:45
2
 DÉMARE Arnaud
Groupama – FDJ85,,
3
 DE BUYST Jasper
Lotto Soudal70,,
4
 VAN GESTEL Dries
TotalEnergies60,,
5
 NIZZOLO Giacomo
Israel – Premier Tech50,,
6
 APERS Ruben
Sport Vlaanderen – Baloise40,,
7
 PASQUALON Andrea
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux35,,
8
 WELTEN Bram
Groupama – FDJ30,,
9
 DE BONDT Dries
Alpecin-Deceuninck25,,
10
 ALLEGAERT Piet
Cofidis20,,
11
 BIERMANS Jenthe
Israel – Premier Tech15,,
12
 MEZGEC Luka
Team BikeExchange – Jayco10,,
13
 VAN ASBROECK Tom
Israel – Premier Tech5,,
14
 BROWN Jim
WiV SunGod5,,
15
 HOFSTETTER Hugo
Team Arkéa Samsic5,,
16
 DE POOTER Dries
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux3,,
17
 MARIT Arne
Sport Vlaanderen – Baloise3,,
18
 GELEIJN Owen
Jumbo-Visma Development Team3,,
19
 SIMMONS Colby
Jumbo-Visma Development Team3,,
20
 ROBEET Ludovic
Bingoal Pauwels Sauces WB3,,
21
 VANHOOF Ward
Sport Vlaanderen – Baloise3,,
22
 GOEMAN Andreas
Tarteletto – Isorex3,,
23
 WILLEMS Thimo
Minerva Cycling3,,
24
 SCOTT Jacob
WiV SunGod30:07
25
 DE VRIES Hartthijs
Metec – SOLARWATT p/b Mantel3,,
26
 GATE Aaron
Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling ,,
27
 VANDEVELDE Yentl
Minerva Cycling ,,
28
 VERVENNE Jonathan
Team Elevate p/b Home Solution Soenens ,,
29
 GRAAT Tijmen
Jumbo-Visma Development Team ,,
30
 DILLIER Silvan
Alpecin-Deceuninck ,,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました