ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ジロ・デ・イタリアを終わってUCI獲得ポイントはどうなった 降格の可能性のあるチームは?

海外情報
mohamed HassanによるPixabayからの画像
この記事は約4分で読めます。

今年の終わりには、ワールドチームの間で昇格と降格が行われる。

これは、WorldTourチームとProTeamsが過去3シーズン、つまり2020年、2021年、そして2022年に獲得したポイントの総数で決定する。

今年の終わりに、UCIは、このランキングの上位18チームに、必要に応じて2023、2024、および2025シーズンのWorldTourライセンスを付与行う。

では、今年のジロ・デ・イタリアの3週間の間でのUCIポイント獲得状況はどうなっただうか?

 

スポンサーリンク

ジロ・デ・イタリアを終えて上位チームは

 

上記ツイートの赤の部分がジロ・デ・イタリアの獲得ポイント。青は、ジロ以外のレースでの獲得ポイント。

Team Arkéa SamsicとTotalEnergiesは、ジロに出ていなくても、しっかりとポイントを獲得しているところが凄い。

Team Arkéa Samsicは、作戦大成功といったところか。

 

BORA-hansgrohe

マリアローザを獲得したBORA-hansgroheがトップ。ジェイ・ヒンドレーのマリアローザ以外にも、レナード・ケムナのステージ勝利。

エマヌエル・ブッフマンも総合7位で260UCIポイント獲得しているのが効いている。まあ、当然ですね。

 

Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux

ヤン・ヒルト総合6位に第16ステージ優勝。ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ総合8位、ビニヤム・ギルマイの第8ステージ優勝と大活躍。

更に、ツアー・オブ・ノルウェーでは、アレクサンダー・クリストフがステージ優勝している。サーキット・デ・ワロンヌではアンドレア・パクアスロンが優勝。

 

INEOS Grenadiers

リチャル・カラパス総合2位。攻撃してステージ優勝も狙うというパターンではなく、従来のトレインパターンだったが、安定はしていた。

ジロ以外のツアー・オブ・ノルウェーで、イーサン・ヘイターがステージ優勝、ルーク・フラップが総合3位となり、この3週間で約1,000UCIポイントを獲得した。

 

Bahrain Victorious

ミケル・ランダ総合3位、ペッリョ・ビルバオ総合5位、サンティアゴ・ブライトゴ総合12位にステージ優勝。チームの総合タイムでも、BORA-hansgroheを上回っており、全員が良いメンバーだった。

ヤン・トラトニクを早くから欠いていたのに、総合争いに残ったのは凄いことだ。

 

降格の可能性のあるチームは

下位に目を向けてみると、

  • 21位 Team DSM
  • 22位 EF Education-EasyPost
  • 24位 Israel – Premier Tech

Team DSMは、アルベルト・ダイネーゼが第11ステージで優勝したが、頼みのロマン・バルデがリタイヤしたのが大きい。

EF Education-EasyPostは、ヒュー・カーシーが総合9位と第15・17ステージで4位となり204UCIポイントを獲得している。

最下位となったIsrael – Premier Techは、ジロ・デ・イタリアで全くポイントが取れていない。

逆に、危ないとされていたLotto Soudalは、トーマス・デヘントが第8ステージ優勝。アルノー・デライがマルセル・キントで優勝。アントワープ・ポートエピックでフロリアン・フェルメルシュが優勝して、ジロ以外で獲得しており、この3週間では5位になっている。

Lotto Soudalは、カレブ・ユアンの勝利はなかったけれど、危機から脱出したかもしれない。

下位チームで危険な3チームは、相当頑張らないといけない。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました