ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ロンド・ファン・リンブルフ  ベルギーのワンデーレースを制したりは驚きのスプリンター!

海外情報
Photo credit: enneafive on Visualhunt
この記事は約11分で読めます。

ベルギーのワンデーレース、ロンド・ファン・リンブルフ。Ronde van Limburg(1.1)

ロンド・ファン・リンブルフは、1908年にリンブルフツアーとして初開催。1994年に一旦中断。2012年から再び1クラスのレースとして復活している。

マチュー・ファンデルプールが2014年にプロとなって最初の勝利をあげたレースでもある。

 

過去の優勝者は

  • 2021 ティム・メルリエ
  • 2019  エドゥアルド・クロス
  • 2018 マチュー・ファンデルプール
  • 2017 マチュー・ファンデルプール
  • 2016  DEHAES Kenny 2019引退
  • 2015  LEUKEMANS Björn 2015引退
  • 2014 マチュー・ファンデルプール
  • 2013  CHEVALIER Olivier 2016引退
  • 2012  CLAEYS Kevin 2015引退

今回は、一流スプリンターが揃っているレベルの高い大会となっている。

 

スポンサーリンク

ハッセルト~トンガレン 202.6km

コースマップ photo rondevanlimburg

 

リンブルグのハッセルトでスタートした後、ホーゲケンペン国立公園を通過。最初の登りは50km後。

スタートから130kmで、最初のゴールラインを通過。続いて、24.5kmのローカルラップを3周する。

 

コースプロフィール photo rondevanlimburg

 

ベルギーのレースらしく、石畳のセクションが2か所。短い登りが18か所ある。狭い道もあるベルギー特有のコースだ。

 

  1. ダイフェルスベルグ 1.1km・3.5%
  2. ケイバーグ 600m・4.7%
  3. レテンベルグ 500m・7%
  4. セクター1石畳 Maastrichterallee
  5. ケイバーグ 600m・4.7%
  6. レテンベルグ 500m・7%
  7. セクター2石畳 Maastrichterallee
  8. ケイバーグ 600m・4.7%
  9. Grootloonberg    900m・4%
  10. Kogelstraat 600m・3.8%
  11. Colenberg  1.2km・3.4%
  12. Kolmontberg  900m・4%
  13. Grootloonberg    900m・4%
  14. Kogelstraat 600m・3.8%
  15. Colenberg  1.2km・3.4%
  16. Kolmontberg  900m・4%
  17. Grootloonberg    900m・4%
  18. Kogelstraat 600m・3.8%
  19. Colenberg  1.2km・3.4%
  20. Kolmontberg  900m・4%

 

注目のライダーは

  • Alpecin-Fenix ティム・メルリエ
  • Quick-Step Alpha Vinyl Team マーク・カヴェンディシュ
  • Lotto Soudal ヴィクトール・カンペナールツ、フィリップ・ジルベール、アルノー・デライ、ティム・ウェレンス
  • Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux タコ・ファンデルホールン、ボーイ・ファンポッペル
  • Israel – Premier Tech ジャコモ・ニッツォーロ
  • Cofidis ビート・アレハールト、シモーネ・コンソンニ
  • BORA – hansgrohe サム・ベネット
  • UAE Team Emirates パスカル・アッカーマン、フェルナンド・ガビリア
  • Team Arkéa Samsic ダニエル・マクレイ、アモリ・カピオ
  • Uno-X Pro Cycling Team クリストファー・ハルヴォルセン

 

スタート

ベルギーは快晴。

 

逃げは4人

最初の逃げには、前日優勝したタコ・ファンデルホールンも入っていたけど、残り100kmで捕まってしまう。

新たに4人が逃げている。

 

Colenberg  1.2km・3.4%

先頭は3周のローカルラップに入っている。タイムは1分44秒。

 

逃げているメンバーは

  1. PAASSCHENS Mathijs(Bingoal Pauwels Sauces WB)
  2. SCHUERMANS Jens( BEAT Cycling)
  3. VANDEVELDE Yentl(Minerva Cycling)
  4.  LEMMENS Sander(Tarteletto – Isorex)

 

AG2R Citroën Teamのアントニー・ジュリアンがパンク。今回エースナンバーをつけている。

 

集団で落車。

 

残り2周回

先頭は残り2周回に。

 

アルノー・デライは先日のヘイストス・ペイルに続いて連続の勝利となるか。

 

Trek-Segafredoと契約したティボー・ネイスは、落車に巻き込まれて自分で走りながらバーテープを巻いている。

 

なんとか集団復帰。落車していたらスプリント参加は難しい。

 

集団はスプリントに向けてアシストがタンタンと引く感じ。

 

Kolmontberg  900m・4%

距離が短いので、集団はまとまって上がっている。

 

Colenberg  1.2km・3.4%

残り35kmで43秒と詰められてきた。

 

あっと先頭で走っていた一人がパンク。集団に悲しく抜かれていく。

 

Kolmontberg  900m・4%

タイム差が22秒となって後ろに集団が見えてきた。

 

登りで3人が集団から抜け出した。

 

先頭に3人が追いつきそうだ。

 

新たに6人の逃げとなった。

 

9秒差で前に見えているので集団は慌てない。

 

Lotto Soudalのフィリップ・ジルベールがパンクだ。

 

残り1周回

先頭はゴール前の登りで2人となる。

 

流石に二人では逃げるのは難しい。

  1. BONNEU Kamiel(Sport Vlaanderen-Baloise)
  2. BLOUWE Louis(Bingoal Pauwels Sauces WB)

 

真後ろに集団が迫る。

 

二人は吸収された。

 

Alpecin-Fenixのモーリス・パーラーシュテッドが止まって、前輪の少しいじって再乗車。

すぐに集団に追いついた。Jumbo-Vismaの開発チームから2022年に移籍してきた21歳だ。

 

落車でAlpecin-Fenixのティモ・キエリヒがハンドルを叩いている。開発チームの若手だ。Alpecin-Fenixは、次々にアクシデントに巻き込まれている。ティム・メルリエのアシストは大丈夫なのか?

 

残り7.6km。Lotto Soudalのフィリップ・ジルベールが先頭を引いて逃げだせないようにしている。

 

Lotto Soudalのフロリアン・フェルメルシュが切れた。

 

Kolmontberg  900m・4%

最後の登りだ。

 

Cofidisのアレクシー・ルナールが登りでアタック!

 

集団が迫る。アレクシー・ルナールは、残り3.1kmで吸収。

 

先頭はLotto Soudalのヴィクトール・カンペナールツ。

 

あっと落車。

 

あ~、Quick-Step Alpha Vinyl Teamが落車。

 

なんと、マーク・カヴェンディシュが落車してしまった。前回はチェーン落ち。今回は落車とついていない。

 

先頭はLotto Soudalが譲らない。

 

BORA-hansgroheが後ろに着く。後ろはライアン・ミューレン、ダニー・ファンポッペル、サム・ベネットと続く。

 

BORA-hansgroheがトレインを組みそうだ。

 

BORA-hansgroheがトレインを組んだ。サム・ベネットのセットアップが完了だ。

 

最後は、ダニー・ファンポッペルがサム・ベネットを発射するか。

 

ダニー・ファンポッペルの後ろにサム・ベネット。後ろからアルノー・デライがまくりはいる。

 

ここから抜けるのか?

 

アルノー・デライがダニー・ファンポッペルを捕らえた。

 

カーブを曲がるとアルノー・デライが先頭だ。

 

 

アルノー・デライは、何度も後ろを振り向きながら余裕の勝利~!

この、ツノマークのボーズは何を意味するのかな。なんと、アルノー・デライは3連勝を飾ってしまった。

しかも、1週間で3勝してしまうなんて。

Lotto Soudalは、ワールドツアーチームから降格の恐れがあったが、これで下位争いから抜け出たのでは。チームのUCIポイントを一人で稼ぎだしている感じだ。

凄い20歳だ。

 

落車したマーク・カヴェンディシュは、ルイス・フェルファークと共に3分6秒遅れの96位でかえってきた。これは仕方ない。

 

スポンサーリンク

リザルト

アルノー・デライのコメント

上り坂のスプリントは好きだし、自分に合っている。チームは一日中ハードワークした。フレデリック・フリソンは、他のチームメイトと同じようにとても強かった。

サム・ベネットのステアリングを握っていたが、振り返るような瞬間はなかった。BORA-hansgroheの列車には、本当に超注目した。本当に強かった。でも最終コーナーに3位で進入することができ、そのままフィニッシュまで頑張ることができた。

3レースのうち3つも…本当に信じられません。今日はヘイスト・パイルよりもさらに良い脚を持っていた。これからのレースに向けて良い兆候だ。

RnkRiderTeamUCITime
1
 DE LIE Arnaud
Lotto Soudal1254:40:58
2
 CONSONNI Simone
Cofidis85,,
3
 VAN POPPEL Danny
BORA – hansgrohe70,,
4
 MENTEN Milan
Bingoal Pauwels Sauces WB60,,
5
 BENNETT Sam
BORA – hansgrohe50,,
6
 HERMANS Quinten
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux40,,
7
 ALLEGAERT Piet
Cofidis35,,
8
 ANIOŁKOWSKI Stanisław
Bingoal Pauwels Sauces WB30,,
9
 NIZZOLO Giacomo
Israel – Premier Tech25,,
10
 MERLIER Tim
Alpecin-Fenix20,,
11
 BOIVIN Guillaume
Israel – Premier Tech15,,
12
 FRETIN Milan
Sport Vlaanderen – Baloise10,,
13
 VAN ROOY Kenneth
Sport Vlaanderen – Baloise5,,
14
 ZINGLE Axel
Cofidis5,,
15
 CAPIOT Amaury
Team Arkéa Samsic5,,
16
 KAMP Ryan
Pauwels Sauzen – Bingoal3,,
17
 NYS Thibau
Baloise – Trek Lions3,,
18
 GAVIRIA Fernando
UAE Team Emirates3,,
19
 D’HEYGERE Gil
Minerva Cycling3,,
20
 ARNDT Nikias
Development Team DSM30:04

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました