ロードバイクの情報を発信しています!

2022 マンセルキントクラシック  ベルギーのワンデーレースを勝ち取ったライダーは?

海外情報
Photo credit: Grotevriendelijkereus on Visualhunt
この記事は約8分で読めます。

ベルギーのコルトレイクを中心に行われるマンセルキントクラッシック。Marcel Kint Classic(1.1)

1914年にズウェーフェゲムで生まれたマルセル・キントを称えるために始まったレース。

マンセル・キントは数々の記録を作っており、自転車ブランドも立ち上げている。

  • 1938世界王者
  • ツール・ド・フランスのステージ優勝6回
  • 1943パリ~ルーベ優勝
  • フレッシュ・ワロンヌ3回優勝

 

過去の優勝者

  • 2021 アルバロホセ・ホッジ
  • 2019 ブライアン・コカール
  • 2018 ナセル・ブアニ
  • 2017 ヨナス・リッカールト
  • 2016 ヤン・ウィレム・ファン・チップ

クラシックファンには、お馴染みのペテルベルグや、オウデクワレモントのパヴェの登りの出てくるコース。ただ、最後はスプリンターが勝利するワンデーレースだ。

 

スポンサーリンク

コルトレイク~ズウェーフェゲム  199km

コースプロフィール photo procyclingstats

 

ベルギーのコルトレイク周辺を回るレース。大きく周回し、石畳の登りをこなすレースだ。

オウデクワレモント、ペテルベルグを2回登るコース。過去優勝者をみてもわかるようにスプリントで決着するレースとなる。

 

注目されるライダーは

  •  Lotto Soudal アルノー・デライ、ヴィクトール・カンペナールツ、フロリアン・フェルメルシュ
  •  Cofidis ピート・アレハールト
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux ヘルベン・タイッセン
  •  Israel – Premier Tech セップ・ファンマルク
  •  Alpecin-Fenix ヤコブ・マレツコ
  •  Team Arkéa Samsic ダニエル・マクレイ
  •  TotalEnergies ニキ・テルプストラ

ジロ、ノルウェー、ブックル・ドゥ・ラ・マイエンヌと重なってしまったので、じっくり見れなかったのが残念。

 

スタート

ブラスバンドの演奏を受けてスタート。

 

7人の逃げ

残り59.9kmで3分42秒差。7人が逃げている。

 

ペテルベルグ 2回目

おなじみのペテルベルグを先頭が登る。当然、石畳のなか部分の端を選んで走っている。後方の3人はついていけない。

 

集団も、端を選んで登る。お馴染みの光景だ。

 

先頭はペテルベルグの石畳で4人に。

  1. HEIDEMANN Miguel(B&B Hotels – KTM)
  2. VAN ROOY Kenneth(Sport Vlaanderen-Baloise)
  3. HULGAARD Morten(Uno-X Pro Cycling Team)
  4. FOUCHÉ James(Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling)

集団先頭には、ヴィクトール・カンペナールツの姿が。残り49kmでタイム差は2分43秒。

 

オウデクワレモント 2回目

集団はオウデクワレモントに突入。

 

オウデクワレモントで抜け出したメンバーが追走を作ろうとしている。当然先頭はヴィクトール・カンペナールツ!

 

残り1周

先頭4人は40秒差でゴールに帰ってきた。

 

39秒差でゴールラインを通過。

 

Team Arkéa Samsic先頭で、ゴールラインを通過。

 

残り10.3kmでタイム差は35秒に。

 

Lotto Soudalのヴィクトール・カンペナールツも先頭交代に加わる。

 

先頭は結構頑張っていて残り、7.7kmで33秒差に。ゴール手前まで逃げれるか?

 

結構タイトになりそうだ。残り4.3kmで29秒もある。

 

だが、Team Arkéa Samsicが先頭を固めて追いこみを見せる。12秒まで詰めてきた。

 

先頭は3人になって逃げ続ける。

  1. HEIDEMANN Miguel(B&B Hotels – KTM)
  2. HULGAARD Morten(Uno-X Pro Cycling Team)
  3. FOUCHÉ James(Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling)

 

ギリギリまで、逃げたけど残り1.4kmで捕まってしまった。

 

先頭は集団に飲み込まれていく。ここから、ずっとヘリコプターからの映像となる。

 

ゴール前で、先頭はLotto Soudalのレイナルト・ヤンセファンレンズバーグだ。後ろには、アルノー・デライがついている。

 

レイナルト・ヤンセファンレンズバーグが肘で合図して、リードアウト完了。アルノー・デライが発射される。

 

アルノー・デライの爆発力が凄い。すでに、レイナルト・ヤンセファンレンズバーグが勝利を確信して腕を上げている!

 

アルノー・デライが勝利の雄たけびだ~!

上空からの映像では5m以上引き離していた。アルノー・デライは、20歳でプロ1年目にして、今シーズンの4勝目を獲得。

Lotto Soudalにとって貴重な125UCIポイントを獲得した。

Lotto Soudalは、今シーズンのランキングでは3,406ポイントとなり13位。ただ、3年間のトータルポイントで決まるので、もっと勝たないといけない。

20歳の肩にかかる期待は大きい。

 

スポンサーリンク

リザルト

アルノー・デライのコメント

そうだね、今シーズン最高のスプリントだったかもしれないね。しかし、それはチームのおかげだ。今日はリードアウトが完璧だった。フィニッシュまで200mのところでスプリントを開始したときは、まだ逃げ集団にすら入っていなかったんだ。

最近、チームトレインの批判があるようですけど。

でも、それはフェアじゃないと思う。このフォーメーションでスプリントするのは、今日で3回目だ。そしてほら、すでにプロトンの最高のリードアウトだったんだ。お互いに慣れるまで時間がかかる。

彼らは時々ミスをしたし、僕のポジショニングもいつも最高というわけではなかった。でも、オートマティズムは始まっている。このことは、これからの数試合にとって良い兆候でしかない。

Lotto Soudalは、UCIランキングで健闘してますね。あなたが、かなりUCIポイントを獲得してます。

ポイントについては、本当に心配していない。それは、余計なプレッシャーを与えるだけだ。

レースに勝つこと、それが私の目指すレースだ。そういう点では、憶測ではなく それ自体が目的ではなく、むしろ副次的な効果なのだ。

RnkRiderTeamUCITime
1
 DE LIE Arnaud
Lotto Soudal1254:38:49
2
 MOZZATO Luca
B&B Hotels – KTM85,,
3
 THIJSSEN Gerben
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux70,,
4
 LAWLESS Chris
TotalEnergies60,,
5
 ALLEGAERT Piet
Cofidis50,,
6
 BARBIER Pierre
B&B Hotels – KTM40,,
7
 TAMINIAUX Lionel
Alpecin-Fenix35,,
8
 VANMARCKE Sep
Israel – Premier Tech30,,
9
 BONIFAZIO Niccolò
TotalEnergies25,,
10
 ZINGLE Axel
Cofidis20,,
11
 DE POORTER Maxime
Tarteletto – Isorex15,,
12
 RUSSO Clément
Team Arkéa Samsic10,,
13
 DUPONT Timothy
Bingoal Pauwels Sauces WB5,,
14
 BLOEM Joren
ABLOC CT5,,
15
 MCLAY Daniel
Team Arkéa Samsic5,,
16
 GUDMESTAD Tord
Uno-X Pro Cycling Team3,,
17
 MENTEN Milan
Bingoal Pauwels Sauces WB3,,
18
 BOIVIN Guillaume
Israel – Premier Tech3,,
19
 WEEMAES Sasha
Sport Vlaanderen – Baloise3,,
20
 CAMPENAERTS Victor
Lotto Soudal3,,

コメント

タイトルとURLをコピーしました