ロードバイクの情報を発信しています!

ツアー・オブ・スロベニア第1ステージ タディ・ポガチャルの走りは?

海外情報
Photo credit: hl_1001 on VisualHunt
この記事は約10分で読めます。

ツアー・オブ・スロベニアのツール・ド・フランスの準備レースの一つ。

プロレースで6月9日から13日までの5ステージで行われる。

すべての注目は、地元の人気者タディ・ポガチャルに注がれる。実は、ポガチャルはツアー・オブ・スロベニアで総合優勝したことはない。

最大のライバル、母国のプリモッシュ・ログリッチは出ないので相手になるライダーがいるのかは気になるけど。

ちなみにプリモッシュ・ログリッチは2015年と2018年に総合優勝している。

 

スポンサーリンク

第1ステージ プトゥイ~ロガシュカ・スラティナ 151.5k

photo wikimedia

 

スロベニアの場所だけど、西はイタリア、北はオーストリア、南はクロアチア、北東はハンガリーと国境を接している。

人工は205万人なので割と小さな国だ。だが、ここから2人の世界最高峰のレーサーが生み出されるのだから面白い。

 

第1ステージ photo tourofslovenia

 

スロベニア北東部にあるプトゥイからスタート。3級山岳があるけど、2.1kmで4.7%なので丘みたいなものか。その後も小刻みなアップダウンを繰り返すスプリンターステージ。

 

今回のワールドチームの参加は4チーム。

  • UAE-Team Emirates ディエゴ・ウリッシ、タディ・ポガチャル
  • Team BikeExchange タネル・カンゲルト
  • Astana-Premier Tech
  • Bahrain Victorious マテイ・モホリッチ

2019年の前回優勝のディエゴ・ウリッシも参加。心臓の問題も解決してレースに復帰している。

 

UAE-Team Emiratesだけメンバー紹介しておくと。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UAE Team Emirates🇦🇪(@uae_team_emirates)がシェアした投稿

 

  1.  ディエゴ・ウリッシ
  2. ラファウ・マイカ
  3. ルイ・オリヴェイラ
  4. タディ・ポガチャル
  5. ヤン・ポランツ
  6. マッティオ・トレンティン
  7. ヴェガールステイク・ラエンゲン

 

逃げは7人

スタートからUAEとBahrain Victoriousが引く展開。Bahrain Victoriousのマテイ・モホリッチと、ヤン・トラトニクはスロベニア出身なので総合も狙いたいところ。

 

6人の逃げに後方から一人追いついて7人。タイム差は、残り72kmで1分30秒ほど。地元のチームが多いメンバー。

 

  1. 43.COVILI Luca   (Bardiani-CSF-Faizanè)
  2. 65.HVIDEBERG Jonas Iversby (Uno-X Pro Cycling Team)
  3. 86.STRAKHOV Dmitry (Gazprom-RusVelo)
  4. 92.BAGÜES Aritz (Caja Rural-Seguros RGA )
  5. 102.ANGULO Antonio(Euskaltel – Euskadi)
  6. 114.PAASSCHENS Mathijs (Bingoal Pauwels Sauces WB)
  7. 124.SCOTT Jacob (Canyon dhb SunGod)

 

今回タディ・ポガチャルはゼッケンナンバー4番。決定的となるステージがあまりないので、タイムを生み出すことが出来るか?

明日の第2ステージが短いけれど、登りゴールなのでここで爆発か?

 

集団は、Bahrain VictoriousとUAEが引く展開は変わらず。タイム差は2分以内で抑えてコントロールしている。

 

残り24.2km。タイム差は1分5秒。徐々にタイム差を削られていく、

 

おっと、HRE Mazowsze Serce PolskiSTACHOWIAK Adamが落車。かなり痛そうだ。なんとか走り出した。

 

12秒のタイム差で逃げ集団がフニッシュラインを越える。あと12.9kmだ。

 

集団もBahrain Victorious先頭で、フニッシュラインを越えていく。

 

逃げていたメンバーから更に、二人が最後の抵抗を始める。

 

残り9.9kmで、集団は逃げていた二人を飲み込む。あとはスプリントだけだ。

 

ラスト9.5km。各チーム横一線。

 

ゴール手前では各チームがスプリントのための位置取り争い。

 

Bahrain Victoriousは、完璧なスプリントトレインでゴールに突き進む。

 

マテイ・モホリッチが先頭。

 

 

ベテランライダーの、ハインリッヒ・ハウッスラーが最後のリードアウトをする。

 

  

 

横一線からスプリント勝利したのは、フィル・バウハウスだ~。

今日の目標はスプリントだった。本当にあっという間の決勝だった。

チームは一日中素晴らしい走りをみせた。チームはレースをコントロールし、ずっとリードしていた。やっと残り200メートルでスプリントを始めることができた。

今ここで勝てるなんて…..こんなに嬉しいことはない。

チームのエーススプリンターとして役割を完璧にこなしている。

 

ヒィル・バウハウスは、ツール・ド・ラ・プロヴァンス第4ステージで今シーズンの初勝利。

さらに、ツール・ド・ハンガリーでも2勝。このスロベニアの勝利で4勝目を上げている。明日からは、リーダージャージで登場だ。

ただ、第2ステージは登りゴールなのでキープは難しいかも。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第1ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 BAUHAUS PhilBahrain – Victorious20303:33:45
2 ABERASTURI JonCaja Rural – Seguros RGA1018,,
3 OLIVEIRA RuiUAE-Team Emirates512,,
4 ANIOŁKOWSKI StanisławBingoal Pauwels Sauces WB 7,,
5 MALUCELLI MatteoAndroni Giocattoli – Sidermec 4,,
6 EDMONDSON AlexTeam BikeExchange 3,,
7 BANASZEK AlanHRE Mazowsze Serce Polski 2,,
8 CHRISTENSEN RyanCanyon dhb SunGod 1,,
9 BOSTOCK MatthewCanyon dhb SunGod  ,,
10 ALONSO MikelEuskaltel – Euskadi  ,,

総合

RnkRiderTeamUCITime
1 BAUHAUS PhilBahrain – Victorious53:33:35
2 ABERASTURI JonCaja Rural – Seguros RGA 0:04
3 OLIVEIRA RuiUAE-Team Emirates 0:06
4 HOELGAARD DanielUno-X Pro Cycling Team 0:07
5 HVIDEBERG Jonas IversbyUno-X Pro Cycling Team ,,
6 BOSTOCK MatthewCanyon dhb SunGod 0:08
7 ULISSI DiegoUAE-Team Emirates 0:09
8 ANIOŁKOWSKI StanisławBingoal Pauwels Sauces WB 0:10
9 MALUCELLI MatteoAndroni Giocattoli – Sidermec ,,
10 EDMONDSON AlexTeam BikeExchange ,,

ポイント賞

RnkRiderTeamPoints
1 BAUHAUS PhilBahrain – Victorious25
2 ABERASTURI JonCaja Rural – Seguros RGA20
3 OLIVEIRA RuiUAE-Team Emirates16
4 ANIOŁKOWSKI StanisławBingoal Pauwels Sauces WB14
5 MALUCELLI MatteoAndroni Giocattoli – Sidermec12
6 BOSTOCK MatthewCanyon dhb SunGod10
7 EDMONDSON AlexTeam BikeExchange10
8 BANASZEK AlanHRE Mazowsze Serce Polski9
9 ANGULO AntonioEuskaltel – Euskadi8
10 CHRISTENSEN RyanCanyon dhb SunGod8

山岳賞

RnkRiderTeamPoints
1 PAASSCHENS MathijsBingoal Pauwels Sauces WB3
2 SCOTT JacobCanyon dhb SunGod2
3 BAGÜES AritzCaja Rural – Seguros RGA1

ヤングライダー賞

RnkRiderTeamTime
1 HVIDEBERG Jonas IversbyUno-X Pro Cycling Team3:33:42
2 FREDERIKSEN Oliver WulffColoQuick0:03
3 KUBIŠ LukášDukla Banska Bystrica,,
4 KOLZE CHANGIZI SebastianColoQuick,,
5 SKOK AnžeLjubljana Gusto Santic,,
6 PAGE CharlesRibble Weldtite Pro Cycling,,
7 PAQUOT TomBingoal Pauwels Sauces WB,,
8 ANDERSEN IdarUno-X Pro Cycling Team,,
9 GARCÍA PIERNA RaúlEquipo Kern Pharma,,
10 HOČEVAR KristjanAdria Mobil,,

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました