ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ヘイストス・ペイル ベルギーの石畳のレースを制したスプリンターは?

海外情報
Photo credit: Erf-goed.be on VisualHunt.com
この記事は約9分で読めます。

ベルギーのワンデーレース。Heylen Vastgoed Heistse Pijl(1.1)

ワールドチームが7チーム参加する1クラスのレースとなった。

過去の優勝者は

  • 2021 パスカル・エーンクホーン
  • 2019 アルパロホセ・ホッジ
  • 2018 エミルス・リエピンス
  • 2017 ジャスパー・デブイスト
  • 2016 ディラン・フルーネウェーヘン
  • 1983  VAN EYNDE Wim
  • 1982  LAURENS Marcel
  • 1981  WILLEMS Daniel
  • 1980  LAURENS Marcel
  • 1979  VERSTRAETEN Eddy

通常スプリントだけど、昨年はパスカル・エーンクホーンがハイストベルグの登りから抜け出して勝利している。

 

スポンサーリンク

フォッセラール~ハイスト=オプ=デン=ベルグ 192.8km

コースプロフィール photo procyclingstats

 

ベルギーのアントワープ県フォッセラールをスタートして、ケンペン、ベーアセ、レイケヴォルセル、リール、ヘール、ウェステルロー、ヘレンタルスを通過していく。

ハイスト=オプ=デン=ベルグでは、15.4kmのローカルラップを6周。

ハイストベルクの教会の広場への登りは、石畳とカーブのある急な斜面で、攻撃する場所となる。

最初の3周回には、マイケル・ホーラールツトロフィーのポイントを集めることができる。これは、2018年にパリ〜ルーベで心臓発作で命を落としたマイケル・ホラールツに敬意を表している。

ゴールもハイスとベルグの頂上から1.5kmだ。

 

  1. 山岳ポイント ハイストベルグ
  2. 山岳ポイント ハイストベルグ
  3. 山岳ポイント ハイストベルグ

 

注目のライダーは

  •  Jumbo-Visma オラフ・コーイ
  •  Quick-Step Alpha Vinyl Team マーク・カヴェンディシュ
  •  Lotto Soudal アルノー・デライ
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux ヘルベン・タイッセン
  •  BORA – hansgrohe サム・ベネット
  •  Cofidis マキシミリアン・ヴァルシャイド、ピート・アレハールト
  •  Israel – Premier Tech ジャコモ・ニッツォーロ
  •  Alpecin-Fenix ドリース・デポンド、ヤコブ・マレツコ
  •  Team Arkéa Samsic ダニエル・マクレイ、ユーゴ・オフステテール

 

スタート

ベルギーは薄曇りと言った感じか。Quick-Step Alpha Vinyl Teamのイーサン・バーノンは病気のためDNS。スプリントはマーク・カヴェンディシュ1本で狙う。

ただ、ハイストベルグを越えてスプリントに参加しないといけないけど。

 

6人の逃げ

若いライダーの6人の逃げが出来ている。

  1. モーリス・バレルステッド (Alpecin-Fenix)
  2. Adrien Lagree (B&B Hotels – KTM)
  3. オスカー・オンリー (Team DSM)
  4. Thibau Verhofstadt (Tartaletto-Isorex)
  5. Jorre Debaele (Minerva Cycling Team)
  6. ベンジャミン・ベーリー (WiV SunGod)

 

残り6周

集団もローカルラップに突入。

 

残り4周

先頭6人がゴールラインを通過。先頭のTeam DSMのオスカー・オンリーは、開発チームの19歳のライダーだ。

 

集団はIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxが引いてる。

 

マーク・カヴェンディシュは守られて進んでいる。今日のQuick-Step Alpha Vinyl Teamののメンバーはイーサン・バーノンを欠いて6人。

  • イーリョ・ケイセ
  • ダヴィデ・バッレリーニ
  • ステイン・ステールス
  • マーク・カヴェンディシュ
  • スタン・ファントリヒト
  • ルイス・フェルファーク

 

3

残り52.6kmでタイム差は2分34秒に縮まる。Lotto Soudal、BORA-hansgroheも先頭交代に加わる。

 

集団後方で落車発生。

 

残り3周

2分5秒差で残り3周に。ハイスベルグ頂上から1.5kmなので集団は長く伸びている。

 

二人が落車。Israel – Premier Techはリック・ザベルが落車しており、リードアウトするライダーがいなくなった。

 

残り2周

1分23秒差で残り2周に。

 

先頭は2人が抜け出した。

  1. オスカー・オンリー (Team DSM)
  2. ベンジャミン・ベーリー (WiV SunGod)

 

残り18.5kmで1分20秒差。まだ追いつかない。

 

ハイスベルグ

先頭二人がハイスベルグに。

 

それほど長い登りではないのでスピードも落ちない。

 

残りの逃げていたメンバーは集団に捕まる。

 

先頭で逃げていたベンジャミン・ベーリーのディレラーが破損。

 

残り1周

サボートカーがこないまま、ベンジャミン・ベーリーはそのままゴールを通過。これは残念。

 

Jumbo-Vismaがアタック。

 

結構引き離したぞ。だが、これはつかまる。

 

オスカー・オンリーは単独で逃げ続ける。

 

今度は、Jumbo-Vismaのティム・ファンダイクがアタックだ。これも、すぐに捕まる。

 

スプリントを嫌うライダーが逃げようとする。

 

あっと、後ろに見えてきた。10秒しかない。

 

集団で落車。

 

先頭のオスカー・オンリーに一人が追いつく。だが、この後捕まってしまう。

 

3人が前に少しでたが、これも捕まってしまう。

 

残り3.5kmでLotto Soudalが先頭に。

 

登りの前の位置取り争いが激しい。

 

ハイスベルグ

Quick-Step Alpha Vinyl Teamのダヴィデ・バッレリーニがアタック!

 

だが、ダヴィテ・バッレリーニのアタックは成功しない。

 

Cofidisのピート・アレハールトが抜いていく。

 

3人が少し抜けている。マーク・カヴェンディシュは、チェーンが外れてしまい下を向いている。

  1. アルノー・デライ Lotto Soudal
  2. ジャコモ・ニッツォーロ Israel – Premier Tech
  3. ピート・アレハールト Cofidis

 

後方から、マーク・カヴェンディシュが追い上げていくが遠い。

 

ジャコモ・ニッツォーロが先頭か?

 

だが、勝ったのはアルノー・デライだ~!

かなりのロングスプリントを成功させた。

 

アルノー・デライは、マンセルキントクラシックに続いて連勝。

 

アルノー・デライは、混戦のスプリントでも力を発揮する素晴らしいライダーだ。今回は、特にゴール手前に登りがあったが、それも先頭付近でクリアーした。

これで、今シーズン5勝の荒稼ぎ。20歳にして、チームの稼ぎ頭となった。ジャコモ・ニッツォーロ、マーク・カヴェンディシュを抑えての勝利は格別だろう。

 

リザルト

アルノー・デライのコメント(チーム公式サイトより)

これは信じられないことで、私のキャリアにおける新たなステップのように感じている。チームはその計画を完璧に実行した。ハイストベルクの最後の登りでは、完璧なポジションにつけていた。

加速について行き、自分の責任において、フィニッシュに向けてペースを維持した。ジャコモ・ニッツォーロがアタックしてきたとき、彼のホイールを奪い、ブレーキをかけることができたので、そのまま優勝することができたんだ。

先週末のマルセルキントクラシックに続き、今年もヘイストス・ペイルで賞金を獲得することができた。

すべてのレースは重要であり、常に勝つという野心を持ってスタートに臨んでいる。レースで勝つのは簡単なことではない。だからこそ、このレースを自分の記録に残せたことは本当にうれしい。

ジャコモ・ニッツォーロやマーク・カヴェンディシュのようなトップスプリンターと一緒に表彰台に上れたことは、本当に素晴らしいことだ。

RnkRiderTeamUCITime
1
 DE LIE Arnaud
Lotto Soudal1254:08:54
2
 NIZZOLO Giacomo
Israel – Premier Tech85,,
3
 CAVENDISH Mark
Quick-Step Alpha Vinyl Team70,,
4
 MCLAY Daniel
Team Arkéa Samsic60,,
5
 SWEECK Laurens
Pauwels Sauzen – Bingoal50,,
6
 PLANCKAERT Baptiste
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux40,,
7
 ALLEGAERT Piet
Cofidis35,,
8
 BOIVIN Guillaume
Israel – Premier Tech30,,
9
 VAN ROOY Kenneth
Sport Vlaanderen – Baloise25,,
10
 KIELICH Timo
Alpecin-Fenix20,,
11
 MULLEN Ryan
BORA – hansgrohe15,,
12
 AALRUST Håkon
Team Coop10,,
13
 BEULLENS Cedric
Lotto Soudal5,,
14
 WALSCHEID Max
Cofidis5,,
15
 ZUKOWSKY Nickolas
Human Powered Health5,,
16
 VANHOOF Ward
Sport Vlaanderen – Baloise3,,
17
 VAN DIJKE Mick
Jumbo-Visma3,,
18
 BOSTOCK Matthew
WiV SunGod3,,
19
 DE BONDT Dries
Alpecin-Fenix3,,
20
 DECLERCQ Benjamin
Team Arkéa Samsic3,,

コメント

タイトルとURLをコピーしました