ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ベイマークラシック 最強スプリンター決定戦は予想外の結末に~!

海外情報
Photo credit: Miradortigre on VisualHunt
この記事は約15分で読めます。

ドイツ開催のワンデーレースのワールドツアーレース。ベイマークラシック。BEMER Cyclassics(1.UWT)

2016 年に、レーザー眼科手術会社がネーム スポンサーとして市場に参入したことから、レース名は、EuroEyes Cyclassics となっていた。

今回、25周年を迎え、BEMERがメインスポンサーとして参加。会社はリヒテンシュタインに本拠を置く、医療技術のメーカーだ。

 

過去の優勝者は

  • 2019 エリア・ヴィヴィアーニ
  • 2018 エリア・ヴィヴィアーニ
  • 2017 エリア・ヴィヴィアーニ
  • 2016 カレブ・ユアン
  • 2015 アンドレ・グライペル 2021引退
  • 2014 アレクサンダー・クリストフ
  • 2013 ジョン・デゲンコルプ
  • 2012 アルノー・デマール
  • 2011 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン 
  • 2010 タイラー・ファーラー 2017引退

みての通り、スプリンターのためのワンデーレースだ。

 

スポンサーリンク

ハンブルグ~ハンブルグ 204.7km

コースマップ photo hamburg

 

スタートは、ハンザ都市の中心部にある人工湖インナーアルスター湖から。

北西に向かい、ハンブルグの北にある広大なエリアをカバー。60km のコースはピンネベルクの手前のホルムを経由してハンブルグに戻り、100km のコースはユーテルセンを経由してエルムスホルンの直前まで続く。

 

コースプロフィール photo procyclingstats

 

ワーセベルグの登りは短いけれど、勾配は厳しい。しかし、最後の頂上からゴールまで17kmあるので十分にスプリンターが戻ってこれる。

 

  1. スプリントポイント  Schenefeld
  2. スプリントポイント   Wedel
  3. 山岳ポイント ワーセベルク 0.9km・7.7%
  4. スプリントポイント Finish Line
  5. 山岳ポイント ワーセベルク 0.9km・7.7%
  6. 山岳ポイント ワーセベルク 0.9km・7.7%

 

注目のライダーは

  •  Quick-Step Alpha Vinyl Team ファビオ・ヤコブセン
  •  AG2R Citroën Team
  •  Astana Qazaqstan Team
  •  Bahrain – Victorious 新城幸也、ヒィル・バウハウス
  •  BORA – hansgrohe マシュー・ウエールズ
  •  Cofidis シモーネ・コンソンニ、マキシミリアン・ヴァルシャイド
  •  EF Education-EasyPost マグナス・コルトニールセン
  •  Groupama – FDJ アルノー・デマール
  •  INEOS Grenadiers エリア・ヴィヴィアーニ
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux アレクサンダー・クリストフ
  •  Israel – Premier Tech ジャコモ・ニッツォーロ
  •  Jumbo-Visma ワウト・ファンアールト、クリストフ・ラポルト
  •  Lotto Soudal カレブ・ユアン
  •  Movistar Team イバン・ガルシア
  •  Team BikeExchange – Jayco ディラン・フルーネウェーヘン
  •  Team DSM ケース・ボル
  •  Trek – Segafredo ジャスバー・ストゥイヴェン
  •  UAE Team Emirates フェルナンド・ガビリア
  •  Alpecin-Deceuninck ジャスパー・フィリップセン
  •  Team Arkéa Samsic ユーゴ・オフステテール
  •  TotalEnergies サガン

ここにいない一流スプリンターといえば、ブエルタ出場中のティム・メルリエ、サム・ベネットくらいのものだ。

まさに、最強のスプリンターを決める決戦の場だ。

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

キングオブスプリンターとなるかファビオ・ヤコブセン。今日は欧州チャンピオンジャージを着て初めてのレースだ。

 

 

全く期待してないでというワウト・ファンアールト。ほとんどツール以降、練習してないらしい。

 

今年はついていないカレブ・ユアン。ここでUCIポイントを稼がないと。

 

こちらは好調なジャスパー・フィリップセン。2日前のツアー・オブ・デンマーク第4ステージで勝利して乗り込んでいる。

 

人気の高いサガン。このスプリンターの中でどれくらいの順位でゴール出来るか。

 

地元ドイツのニルス・ポリッツは人気だ。今日は、マシュー・ウエールズのためにスプリントトレインを組むだろう。

 

3年連続優勝しているINEOS Grenadiersのエリア・ヴィヴィアーニ。4回連続はあるのか?

 

Groupama – FDJのアルノー・デマールもトレインが完璧に機能すれば勝機はある。

 

Team BikeExchange – Jaycoのディラン・フルーネウェーヘンは、ファビオ・ヤコブセンとの対決だ。

 

ドイツは24℃と涼しい。エリア・ヴィヴィアーニ先頭でスタート。

 

3人の逃げ

最大5分あったタイム差は、残り78kmで1分35秒に。

  1. ジュリアン・アンソニー AG2R Citroën Team
  2. エフゲニー・ギディッチ Astana Qazaqstan Team
  3. ジャコポ・モスカ Trek-Segafredo

 

 

集団はQuick-Step Alpha Vinyl Team、Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxが牽引。

 

一気に追いこまれてきた。

 

BORA – hansgroheのイーデ・シュリングが追走に。

 

イーデ・シュリングが追いついた。集団とは26秒のタイム差。

 

残り60.1kmでタイム差は50秒と広がった。Quick-Step Alpha Vinyl Teamの先頭はイヴ・ランパールトルト。

 

イーデ・シュリングが先頭に加わったことで、逃げのペースが維持出来ている。

 

スプリントポイント Finish Line

ゴールラインに4人が帰ってきた。

 

イーデ・シュリング先頭でペースを作る。

 

ゴールラインで、ジャコモ・ポスカが先行。

  1. ジャコポ・モスカ Trek-Segafredo 3ポイント
  2. エフゲニー・ギディッチ Astana Qazaqstan Team 2ポイント
  3. ジュリアン・アンソニー AG2R Citroën Team 1ポイント

 

1分9秒差で集団が通過。

 

Astana Qazaqstan Teamのエフゲニー・ギディッチが切れて先頭は3人に。

 

カレブ・ユアンは、集団前方に。

 

集団はJumbo-Vismaのパスカル・エーンクホーンが引く。まあ、横一線なんだけど。

 

先頭を引くのは、イーデ・シュリングが圧倒的に長い。

 

残り29.7km。INEOS Grenadiersもエリア・ヴィヴィアーニのために先頭牽引を。

 

 

Jumbo-Vismaのライダーの落車から、Bahrain Victoriousのライダーが横倒しに。

 

30人くらいが巻き込まれた。ワウト・ファンアールトは、車線を通り抜けて回避。分かっているだけで

  •  カレブ・ユアン (Lotto Soudal)
  •  アレクサンダー・クリストフ (Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)
  •  クリストフ・ラポルト (Jumbo-Visma)
  •  ヒィル・バウハウス (Bahrain – Victorious)

 

集団はBORA – hansgroheのニルス・ボリッツが引いている。かなりの人数が遅れた。

 

山岳ポイント ワーセベルク 0.9km・7.7%

先頭は二人に。

  1. イーデ・シュリング BORA – hansgrohe
  2. ジャコポ・モスカ Trek-Segafredo

 

UAE Team Emiratesがアタック。

 

逃げていたジャコモ・ポスカが抜かれる。

 

イーデ・シュリングが単独で逃げるが、もう5秒しかない。

 

集団はUAE Team Emiratesが引くが、まだ人数が戻っていない。ファビオ・ヤコブセンは集団にはいない。

 

残り23.8km。イーデ・シュリングは、15秒まで巻き返す。

 

集団先頭は活性化している。大落車があったことでシナリオが変わったのか?

 

集団からUAE Team Emiratesのミッケル・ビョーグがアタック!

 

ミッケル・ビョーグが追いついた。

 

さらに後方からBORA – hansgroheのマルコ・ハーラーが追いつく。

 

先頭は3人に。

  1. イーデ・シュリング BORA – hansgrohe
  2. マルコ・ハーラー BORA – hansgrohe
  3. ミッケル・ビョーグ UAE Team Emirates

 

 

集団はやはり人数が戻っていない。

 

先頭は9秒差に。

 

山岳ポイント ワーセベルク 0.9km・7.7%

先頭のイーデ・シュリングと、ミッケル・ビョーグは、ワウト・ファンアールトに追いつかれる。

 

ワウト・ファンアールトが先頭に。

 

ワウト・ファンアールトが先頭で頂上を越えた。

 

ワウト・ファンアールトが先頭集団を作りだすか。

 

先頭は5人。追走の3人には、エリア・ヴィヴィアーニとアルベルト・ベッティオルが乗っている。しかし、かなり後ろに小さく見えている。

 

これは違うゲームになってしまうのか。

  1. ワウト・ファンアールト Jumbo-Visma
  2. パトリック・コンラット BORA – hansgrohe
  3. マルコ・ハーラー BORA – hansgrohe
  4. クイントン・ヘルマンス Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux
  5. ヨナタン・ナルバエス INEOS Grenadiers

 

残り14.1km。追走3人は集団に飲み込まれている。

 

残り10.5kmで20秒となった。

 

後続ではエリア・ヴィヴィアーニがいるくらいか。スプリンターがほとんどいない。

 

Bahrain Victoriousが引いている。ヒィル・バウハウスが落車から復帰。エリア・ヴィヴィアーニ、ジャスパー・フィリップセンも戻っている。

 

スプリント力のあるマルコ・ハーラーが逃げを牽引。

 

残り5.8kmで25秒。微妙なタイム差だ。BORA – hansgroheは二人いるが、ヨナタン・ナルバエスは後ろにエリア・ヴィヴィアーニがいるのであまり引かない。

 

残り3.8kmで22秒。タイム差を保っている。

 

残り2.4kmで21秒。これは逃げ切った。

 

並びは、パトリック・コンラット、ワウト・ファンアールト、マルコ・ハーラー、クイントン・ヘルマンス、ヨナタン・ナルバエス。

 

パトリック・コンラット先頭でゴールへ。

 

並びは変わらない。牽制なんかしている暇はない。集団は後ろに迫っている。

 

最後尾にヨナタン・ナルバエス。

 

ここで、マルコ・ハーラーが意表をついてロングスプリント!

 

マルコ・ハーラーが先頭でゴールへ。

 

クイントン・ヘルマンスとワウト・ファンアールトが追いこむ。

 

ゴール前で並んだ!

 

3人はハンドルを投げた!   勝ったのは誰だ?

 

勝ったのは先行したマルコ・ハーラーだ~!

2位は意表をつかれたワウト・ファンアールト。クイントン・ヘルマンスが3位だ。

 

マルコ・ハーラーは、ゴール後に絶叫!

マルコ・ハーラーの勝利はツアー・オブ・ノルウェー第4ステージ以来の今シーズン2勝目。

普段は、サム・ベネットや、マシュー・ウエールズのスプリントトレインの一員で、自分がスプリントでゴールを狙えるチャンスは少ない。

今回、逃げの中にパトリック・コンラットがいたのは良かった。しかも、前でイーデ・シュリングが逃げていたし。やはり、逃げの中に二人チームメイトがいたのは有利に働いた。

集団の頭は10秒遅れで、Alpecin-Deceuninckのジャスパー・フィリップセンが獲得。追いついていれば違った形となっていただろう。

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

マルコ・ハーラーのコメント

スプリント自体はとても良かった。そのようなレースの後に足が速いことと、ワウト・ファンアールトを倒すことは別のことだ。特にドイツのチームにとって、このような大きなレースに勝つことができてとても嬉しく、誇りに思っている。

フィニッシュまであと1メートルまで信じられなかった。正直、グループが結成された後、私はパトリック・コンラッドに4番手と5番手もいいから、走り続けろ、と言ったんだ。これは夢の実現だ。

RnkRiderTeamUCITime
1
 HALLER Marco
BORA – hansgrohe4004:37:23
2
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma320,,
3
 HERMANS Quinten
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux260,,
4
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers220,,
5
 KONRAD Patrick
BORA – hansgrohe1800:04
6
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck1400:09
7
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious120,,
8
 HOFSTETTER Hugo
Team Arkéa Samsic100,,
9
 KANTER Max
Movistar Team80,,
10
 KRISTOFF Alexander
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux68,,
11
 BOASSON HAGEN Edvald
TotalEnergies56,,
12
 TRENTIN Matteo
UAE Team Emirates48,,
13
 MEZGEC Luka
Team BikeExchange – Jayco40,,
14
 GARCÍA CORTINA Iván
Movistar Team320:10
15
 ZINGLE Axel
Cofidis28,,
16
 SCARONI Christian
Astana Qazaqstan Team24,,
17
 BETTIOL Alberto
EF Education-EasyPost24,,
18
 WELTEN Bram
Groupama – FDJ24,,
19
 LOUVEL Matis
Team Arkéa Samsic24,,
20
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost24,,
21
 BIERMANS Jenthe
Israel – Premier Tech16,,
22
 SÉNÉCHAL Florian
Quick-Step Alpha Vinyl Team16,,
23
 HOELGAARD Markus
Trek – Segafredo16,,
24
 POLITT Nils
BORA – hansgrohe16,,
25
 VIVIANI Elia
INEOS Grenadiers16,,
26
 ZIMMERMANN Georg
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux16,,
27
 VAN AVERMAET Greg
AG2R Citroën Team160:11
28
 VAN MOER Brent
Lotto Soudal16,,
29
 GIBBONS Ryan
UAE Team Emirates16,,
30
 JAKOBSEN Fabio
Quick-Step Alpha Vinyl Team160:12

新城幸也は1分55秒遅れの58位でゴール

コメント

タイトルとURLをコピーしました