ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ヨーロッパ選手権男子エリートロード ソンニ・コルブレッリの後継者は誰だ?

海外情報
Photo credit: Miradortigre on Visualhunt
この記事は約10分で読めます。

2022ヨーロッパ選手権は、ドイツのミュンヘンで開催。39か国の選手が様々な競技で戦っている。

1995年から選手権は開催されているが、エリートロードは2016年から始まっている。

 

これまでの優勝者は

  • 2021  ソンニ・コルブレッリ
  • 2020  ジャコモ・ニッツォーロ
  • 2019 エリア・ヴィヴィアーニ
  • 2018 マッティオ・トレンティン
  • 2017 アレクサンダー・クリストフ
  • 2016 サガン

ソンニ・コルブレッリは、心臓に除細動装置を入れているので走れない。ソンニ・コルブレッリの後を継ぐ今年のヨーロッパ王者は誰になるだろう。

 

スポンサーリンク

ムルナウ~ミュンヘン 207.9km

コースプロフィール photo munich2022

 

ムルナウをスタートしてアルプスのような綺麗な丘陵地帯を走る。後半にかけて下っていき、ミュンヘンでは13kmのローカルラップを5周。

周回コースには、18以上の直角カーブとトンネルなど危険な箇所がある。登りも少しあり、旧市街を走るコースはカーブでの位置取りが大切になりそうだ。

 

  1. 山岳ポイント ケッセルベルグ 5.1km・4.9%
  2. 山岳ポイント ユーラスバーグ 1km・10.4%

 

注目される各国の選手は

  • Belgium ティム・メルリエ
  • France アルノー・デマール、ブライアン・コカール
  • Netherlands ファビオ・ヤコブセン
  • Spain イバン・ガルシア
  • Italy エリア・ヴィヴィアーニ、マッティオ・トレンティン、フィリッポ・ガンナ
  • Denmark マッズ・ピーダスン
  • Norway アレクサンダー・クリストフ
  • Germany パスカル・アッカーマン、ジョン・デゲンコルプ
  • Ireland サム・ベネット

 

スタート前

ナショナルジャージを着ているので誰だかわからないな。

 

 

74番は、サム・ベネット。74番はニルス・ポリッツ。二人はBORA – hansgroheのチームメイト。

 

オフィシャルスタートから二人がアタック。誰も反応しないぞ。

  1. ルーカス・ペストルベルガー オーストリア
  2. シルヴァン・デリエ スイス

 

一人追走に。アルバニアのライダーだ。

 

さらに後方から二人が追っている。

  1. NUHA Blerton (Kosovo)
  2. JANUŠKEVIČIUS Mantas (Lithuania)
  3. VELIA Olsian(Albania)

 

追走からアルバニアのライダーが切れてしまった。追走も前の二人に追いつくのかな?

 

追走二人は先頭と1分30秒のタイム差。

  1. NUHA Blerton (Kosovo)
  2. JANUŠKEVIČIUS Mantas (Lithuania)

 

山岳ポイント ケッセルベルグ 5.1km・4.9%

先頭二人は、応援してくれる人にしっかりと手を振って通り過ぎる。

 

追走していたライダーは集団に吸収される。

 

追走は一人だけに。そろそろ集団に吸収される。

 

集団先頭を引くのはベルギーチームのルーン・ヘレゴッツ(Sport Vlaanderen – Baloise)。2023年からIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxに移籍する。

ベルギーは今回7名。Lotto Soudalからは誰も乗っていない。優勝すれば250ポイントのUCIポイントを獲得できるのに何故だろう。

 

先頭二人は応援してくれるファンに手を振るシーンが多数見られる。

 

集団牽引は、ドイツ、フランス、ベルギー、スペイン、オランダが行っている。残り159kmで2分19秒差。

 

BORA – hansgroheで走るルーカス・ペストルベルガーは2017ジロ・デ・イタリア第2ステージで勝利して1日だけどマリアローザも着用している。オーストリア王者には2012、2018年の2回なっている。

 

Alpecin-Deceuninckで走るシルヴァン・デリエも2017ジロ・デ・イタリア第6ステージで優勝。スイス選手権ロードには2017、2021年の2回優勝。32歳のベテランライダーだ。

 

石畳の登りでクラッシュ。普段はIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxで走るルディ・バルビエ。かなり痛そうにしている。後で集団に追いついている。

 

山岳ポイント ユーラスバーグ 1km・10.4%

二人で並走して登りを上がる。タイム差は3分15秒と広がっている。

 

集団はイタリアチーム先頭で登る。

 

マッティオ・トレンティン、ミッケルフレーリク・ホノレ、ブライアン・コカール、ジョン・デゲンコルプ、ニルス・ポリッツ、ベルト・ファンレルベルフなどが登りで前に。

 

登りで追走が出来上がったか。

  1. ドリース・デポンド ベルギー
  2. ルイ・オリヴィラ ポルトガル
  3. マルコ・ハーラー オーストリア
  4. ヤン・トラトニク スロベニア

 

追走は二人となり集団も近づく。

  1. マルコ・ハーラー オーストリア
  2. ヤン・トラトニク スロベニア

 

だめだ、ヤン・トラトニクも捕まった。

 

先頭二人は1分のタイム差でミュンヘンのサーキットに帰ってきた。

 

残り5周

残り5周回へ。

 

残り62km。タイム差は1分を切っており、あと何周逃げれるか。

 

残り4周

じわじわと先頭を追い詰めていく。

 

先頭から3列目くらいにいたパスカル・アッカーマンが落車。フェンスにぶつかってしまった。これはもうスプリント出来ない。

 

パリの凱旋門に良く似ている。

 

残り3周

残り3周回に。

 

残り33km。30秒まで迫られてきた。

 

10秒差となって後ろに集団が迫る。

 

二人は健闘をたたえ合う。

 

二人は、集団に吸収された。

 

まさに、ミュンヘンの凱旋門。

 

残り15km。先頭はベルギーチームが固めている。

 

さあ、ラスト周回に向かっていく。

 

フランスは、アルノー・デマールのために先頭で位置取り。

 

残り6.5km。ドイツが先頭に。パスカル・アッカーマンは戻ってないのでジョン・デゲンコルプで勝負だ。

 

落車だ。

 

さあ、スイスチームのシュテファン・ビッセガーがアタック!

 

だめだ。シュテファン・ビッセガーは捕まる。

 

オランダが右から上がってきた。

 

イタリアが先頭を固める。

 

イタリアのフィリッポ・ガンナ先頭で回る。

 

イタリア先頭だ。

 

マッティオ・トレンティンが先頭を引く。

 

あ~、イタリアが崩壊。エリア・ヴィヴィアーニは、あわてて列車を切り替える。ベルギーが先頭に。

 

ベルギーがトレインをつくり、ベルト・ファンレルベルフがティム・メルリエを引いている。

 

ベルギーのティム・メルリエがスプリント開始!

 

ティム・メルリエ先頭だが、右からファビオ・ヤコブセンが上がってきた!

 

さらに、アルノー・デマールがきたぞ~!

 

ダニー・ファンポッペルが勝利を確信してゴール前に手を上げる!

 

勝ったのはファビオ・ヤコブセンだ~!

完全に最後は抜け出したファビオ・ヤコブセンが快心の勝利だ。2位には追いこんだアルノー・デマール。3位は先行したティム・メルリエ。

リードアウトしたダニー・ファンポッペルも4位に食い込んでいる。これで、ファビオ・ヤコブセンは1年間ヨーロッパチャンピオンジャージを着て走ることが出来る。

オランダのユニフォームは、オレンジから白に。これはオランダ自転車連盟が27年間使用していた、Bioracerが脱退してAGUに変わったため。

Bioracerは、INEOS Grenadiersのスポンサーに焦点を移している。

 

スポンサーリンク

リザルト

ファビオ・ヤコブセンのコメント

スリップストリームから来たんだ。超強力なチームで、みんなでやっている。最後の2周で順位を上げた。みんなが完璧なターンをしてくれたが、それが前にいるために必要だったんだ。

ダニー・ファンポッペルは、本物のリードアウトであることを示している。彼は本当にティム・メルリエのホイールをオフにしてくれるし、僕はそれを乗り越えることができるんだ。

みんなプロで、やる気がある。私は勝てる、彼らはそれを知っている。だから、とてもありがたいことなんだ。

さあ、パーティーだ。

オランダ人選手としては1985年のヨープ・ゾエテメルク以来、ヨーロッパまたは世界選手権の男子ロードレースで金メダルを獲得した最初の選手となりましたね。

彼の後継者になりたい。

RnkRiderTeamUCITime
1
 JAKOBSEN Fabio
Netherlands2504:38:49
2
 DÉMARE Arnaud
France200,,
3
 MERLIER Tim
Belgium150,,
4
 VAN POPPEL Danny
Netherlands125,,
5
 BENNETT Sam
Ireland100,,
6
 MEZGEC Luka
Slovenia90,,
7
 VIVIANI Elia
Italy80,,
8
 KRISTOFF Alexander
Norway70,,
9
 ABERASTURI Jon
Spain60,,
10
 PEDERSEN Mads
Denmark50,,
11
 DAINESE Alberto
Italy40,,
12
 LAAS Martin
Estonia35,,
13
 EINHORN Itamar
Israel30,,
14
 LIEPIŅŠ Emīls
Latvia25,,
15
 ANIOŁKOWSKI Stanisław
Poland20,,
16
 OLIVEIRA Rui
Portugal15,,
17
 BOHLI Tom
Switzerland10,,
18
 BAUHAUS Phil
Germany5,,
19
 HALLER Marco
Austria5,,
20
 NEUMAN Dominik
Czech Republic5,,
21
 LUDVIGSSON Tobias
Sweden5,,
22
 PRIES Cedric
Luxembourg5,,
23
 HONORÉ Mikkel Frølich
Denmark50:03
24
 VAN LERBERGHE Bert
Belgium5,,
25
 PELLAUD Simon
Switzerland50:05
26
 SCHÖNBERGER Sebastian
Austria50:08
27
 BAYER Tobias
Austria5,,
28
 SEFA Ylber
Albania5,,
29
 THEUNS Edward
Belgium5,,
30
 HOFSTETTER Hugo
France5,,

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました