ロードバイクの情報を発信しています!

クリストファー・ハルヴォルセンがEF PRO cyclingから契約解除となった理由とは?

海外情報
Photo by Alison Courtney on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

世界選手権U23の2016年チャンピオンのクリストファー・ハルヴォルセンがEF PRO cyclingからUno-X Pro Cycling Teamに移籍する。

ワールドツアーからプロチームへの降格となる。だが、クリストファー・ハルヴォルセンはチームイネオスから2年契約でEF PRO cyclingに移籍したはず。

何故、彼は1年でEF PRO cyclingとの契約を解除して移籍するのだろうか?

 

スポンサーリンク

2年契約でUno-X Pro Cycling Teamに移籍

チームはクリストファー・ハルヴォルセンの移籍を歓迎

 

クリストファー・ハルヴォルセンはコンチネンタルチームのTeam Joker Icopalから2018年からチームスカイに移籍。

2019年にも2勝をあげており、力のある選手であることは間違いなかった。だが、イネオスではスプリンターの活躍できる場所は少ない。

たとえ、有望なスプリンターでも居場所がない。それはかってチームに在籍していた、エリア・ヴィヴィアーニやマーク・カヴェンデッシュを見ればわかる。

彼らには、グランツールでスプリンターのためにアシストを連れて出場出来ることはなかった。

クリストファー・ハルヴォルセンの場合も同様で、将来的に自分のためのレースが出来ることは少ない。そのため、EF PRO cyclingに移籍。

チームは彼のためのチーム編成も考えていた。チームには48勝をあげているサーシャ・モドロがいたが、彼は2年間腸内細菌に苦しんでおり、勝利がなかった。

クリストファー・ハルヴォルセンはサーシャ・モドロの代わりでもあったのだ。

 

 

ロックダウンが原因

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sørlandsvær 😬😬

Kristoffer Halvorsen(@kristofferhalvorsen)がシェアした投稿 –

 

実際、EF PRO cyclingに移籍してからは、ツアーダウンアンダーでもトップ10フニッシュをしており、普通にレースをしていた。

最後に走ったのは、3月1日のクールネ〜ブリュッセル〜クールネで11位でフニッシュしている。

 

だが、ロックダウン解除した7月以降全くレースをしていない。クリストファー・ハルヴォルセンは8月にコロナによるロックダウンでモチベーションを失ったと告白。

彼の場合、レースでスケジュールが埋まっていないと駄目なタイプらしい。目標がないのにトレーニングを続けるのは難しい。だが、そこはプロだ。

チームとしては、やる気のない選手をおいておけるほど経営状態が安定している訳ではない。まして、勝利が上げられないのでは。

彼が1年早く契約を解除されるのは、モチベーションをなくして、レースをしていないことが原因のようだ。

精神的にレースが全くできなかった訳ではないようで、10月のジャパンカップには来日が決まっていた。

だが、時すでに遅しだ。

クリストファー・ハルヴォルセンの場合には、母国のノルウェーのチームに戻るので来シーズンからは安定するだろう。

また、活躍してワールドツアーで走る姿を期待しておこう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました