ロードバイクの情報を発信しています!

意図的でないドーピング違反でオリンピックを諦めるマディソン女王

海外情報
Photo credit: Sum_of_Marc on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

Canyon//SRAM Racingのシャリー・ボスイト(Shari Bossuyt)は意図していないドーピング違反で2年間の出場停止処分となった。

フランスのドーピング機構も意図的でないとして4年ではなく2年の出場停止としているが、ちょっと可哀そう。

シクロクロスのトップ選手だったトーン・アールツと同じレトロゾール代謝物に陽性反応している。

 

スポンサーリンク

2022マディソン世界王者

 

シャリー・ボスイトは、2022年世界選手権でロッテ・コペッキーとペアを組んでマディソンの世界王者となっている。

マディソンは東京オリンピックで復活し、パリオリンピックでも正式種目として競技がある。当然、シャリー・ボスイトは、金メダルの最有力候補だったのだけど。

 

シャリー・ボスイトは、2023 ツール・ド・ノルマンディー第3ステージで優勝したためにドーピング検査を受けた。だが、これでレトロゾール代謝物に陽性反応が出てしまった。

注目すべき点は、同じフランス地域のレースの尿検査で陽性反応を示したシクロクロスライダーのトーン・アールツと同じということ。

レトロゾールは牛や羊の受精に使用されることがあるが、これは比較的新しい技術。食品汚染だったのかはわからない。そもそも、乳製品の中に入っていても本当に微量のはず。

現時点では仮説であり、まだ実証することはできない。なぜなら、食品業界ではレトロゾールの検査がまだ行われていないからだ。

アスリートが食品汚染でドーピングとなっても、それを証明することは不可能だ。逆にドーピング機構が調べることは出来ないのだろうか。

 

オリンピック断念

 

シャリー・ボスイトのSNSでのコメント

予想通り、彼らは私たちに2年の刑を提案している。汚染は意図的なものではないことを確認し、認めているのに。

このことだけでも、この問題全体が私を非常にいらだたせる!

人間性もニュアンスもなく、何の相談もない。アスリートがどのように食品からの汚染を証明すればいいのか、説明してほしい。

私にはそんな力も小銭もない。私には体力もないし、お金もない。

負け戦を戦わなければならないという気持ち、心配し続けることで眠れない夜。すでに敗訴しているケースにさらに数万ユーロを費やさなければならないという経済的な痛手から、このままにしておこうと決心したんだ……。

 

シャリー・ボスイトは、費用も気力もなくオリンピックの夢は諦めてしまった。ノルマンディーで勝利しなければ良かったとも。

今は、トラックのガレージでパートタイマーをして生計を立てている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました