ロードバイクの情報を発信しています!

ブエルタ・ア・アンダルシア第2ステージ 石畳の登りゴールを制したのは驚きのスプリンター

海外情報
Photo credit: Joanbrebo on VisualHunt.com
この記事は約10分で読めます。

第2ステージも丘陵ステージ。ステージ後半には、2級山岳の登りを2回登るようになっている。

第1ステージで、リーダージャージを着たモビスターのセラノ・ゴンザロ(SERRANO Gonzalo)はジャージのキープが出来るのか?

総合では1分以内に50人もいるので、今日のステージである程度人数が絞られてくるのではないかな。

 

スポンサーリンク

イスナハル~アルカラ・ラ・レアル 183.0 Km

第2ステージ photo vueltaandalucia

 

今大会最長の183kmのステージ。コルドバ県にあるイスナハルをスタートし、ハエン県のアルカラ・ラ・レアルにゴールする。

みての通りアップダウンしかない。まず3級山岳を3つ越える。

  1. プエルトデルイゲラル(2.7%で9.7 km)
  2. プエルトデルテ(1.6%で10.7 km)
  3. プエルトデルモジョン(4.3%で6.8 km)

 

後半の2級山岳アルトデラホルティチュエラには2回登る。5.4%で8.3 kmだが、2級山岳頂上を越えてゴール前1kmには平均勾配9.8%の急坂が待っている。

しかも、石畳なのだからゴールは大変だ。

ここでは、すでに少人数に絞られていると思われる。そろそろ、モビスターのミゲル・アンヘルロペスが動いてきそうだけど、セラノ・ゴンザロはアシストにまわるのかな?

 

6人の逃げ

 

最初の3級山岳をルイ・オリヴェイラがトップ通過。昨日、あれだけの落車をしていて今日も逃げに乗るとは凄い根性だ。

 

  1. ルイ・オリヴェイラ (UAE-Team Emirates)
  2. ティモ・ローセン (Team Jumbo-Visma)
  3. トビアス・バイアー (Alpecin-Fenix)
  4. SOTO Antonio Jesus (Euskaltel – Euskadi)
  5. AN POUCKE Aaron (Sport Vlaanderen – Baloise)
  6. UADROS Álvaro (Caja Rural – Seguros RGA)

 

集団は、モビスターがセラノ・ゴンザロ(SERRANO Gonzalo)を守って進む。残り130kmで3分のタイム差に開いている。

 

先頭は変わらず、残り70kmでタイム差は2分55秒。ヘリからの映像ばかり。モトバイクの映像はないのかな。1回目の2級山岳に登っている。

 

集団はトレックのマッズ・ピーダスンが引いている。トレックは誰の勝利を狙っているのかな。

 

先頭集団が下りで落車。4人くらいが巻き込まれている。

落車したのは

  1. ルイ・オリヴェイラ (UAE-Team Emirates)
  2. ビアス・バイアー (Alpecin-Fenix)
  3. VAN POUCKE Aaron (Sport Vlaanderen – Baloise)
  4. SOTO Antonio Jesus (Euskaltel – Euskadi)

ルイ・オリヴェイラは昨日に続いて落車とはついていない。傷がいえないのではないだろうか?

 

先頭は二人に。残り58kmで1分30秒。二人だと追走が緩くなるかな。

  1. ティモ・ローセン (Team Jumbo-Visma)
  2. UADROS Álvaro (Caja Rural – Seguros RGA)

 

集団はモビスター先頭、トレック、イネオスと続く。

 

やはり、二人の逃げなのでタイム差は許容されている。まあ、最後まで逃げ切れることはないだろうけど。残り33.6kmで2分30秒。

 

二人は残り17.2kmで捕まってしまう。グータッチして健闘を称えあう。

 

トレックの二コラ・コンチがアタックをかけ、集団から3人が登りで前にでるがすぐに捕まる。

 

残り13.6kmでミゲルアンヘル・ロペスがアタックだ。

 

集団は、ミゲル・アンヘルロペスの揺さぶりで小さくなっていく。

 

ミゲル・アンヘルロペスは時折揺さぶりをかけては、集団を絞っていく、

 

ラスト9.5kmでトレックのトムス・スクインシュがアタック!

 

トムス・スクインシュは良いペースで下りを飛ばしていく。最大22秒のタイム差を稼ぎ出した。これは大きなリードだ。

 

   

トムス・スクインシュはリードしているが、後ろからは集団が凄いペースで追っている。だが、姿は全く見えない。

 

集団からミゲル・アンヘルロペスを含む4人が前に出て追う。

 

    

トムス・スクインシュは、ラスト1.3kmだ。まだ、後ろに集団は見えない。逃げきれるか?

 

ミゲル・アンヘルロペスが先頭で最後の登りを駆け上がる。

 

トムス・スクインシュはラスト700mで歩くようなスピードで上がっている。イネオスのイーサン・ヘイターに抜かれてしまう。

下は、石畳だ。これはキツイ! 

 

イネオスのイーサン・ヘイターは、完全なスプリンターだと思っていたけど、こんな登りでもあがれるんだ!

 

一人で、パヴェの登りを上がっていく、

 

最後もメチャクチャ勾配がキツイ。これが全部石畳なのだから、登れるのが凄い!

 

イネオスのイーサン・ヘイターは、ミゲル・アンヘルロペスを寄せ付けずにゴール!

これは大きな勝利だ。ヴォルタ・アン・アンガルヴェでは、最終ステージの登りで遅れてしまいリーダージャージを失ったが、急激に登りが速くなっている。

スプリントは強いは、登りも上がれるとなると総合でもいけてしまうのではないかな。

明日のクイーンステージでどんな走りを見せるのか期待せずにはいられない。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第2ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 HAYTER EthanINEOS Grenadiers20305:04:30
2 LÓPEZ Miguel ÁngelMovistar Team10180:08
3 BYSTRØM Sven ErikUAE-Team Emirates5120:10
4 RODRIGUEZ CarlosINEOS Grenadiers 70:14
5 AMEZQUETA JulenCaja Rural – Seguros RGA 4,,
6 LASTRA JonathanCaja Rural – Seguros RGA 30:18
7 STANNARD RobertTeam BikeExchange 2,,
8 RODRÍGUEZ ÓscarAstana – Premier Tech 10:23
9 SKUJIŅŠ TomsTrek – Segafredo  0:26
10 ADRIÀ RogerEquipo Kern Pharma  ,,

ミゲル・アンヘルロペスに8秒もの大差をつけているのが凄い。

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
14▲3 HAYTER EthanINEOS Grenadiers58:58:55
29▲7 LÓPEZ Miguel ÁngelMovistar Team 0:11
311▲8 BYSTRØM Sven ErikUAE-Team Emirates 0:13
45▲1 STANNARD RobertTeam BikeExchange 0:21
512▲7 LASTRA JonathanCaja Rural – Seguros RGA ,,
617▲11 RODRIGUEZ CarlosINEOS Grenadiers ,,
71▼6 SERRANO GonzaloMovistar Team 0:26
88 SKUJIŅŠ TomsTrek – Segafredo 0:29
910▲1 TOLHOEK AntwanTeam Jumbo-Visma ,,
103▼7 IMPEY DarylIsrael Start-Up Nation 0:31

イーサン・ヘイターは総合でもトップに。イネオスは若いカルロス・ロドリゲスも6位に入っているる

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
14▲3 HAYTER EthanINEOS Grenadiers39
21▼1 SERRANO GonzaloMovistar Team30
39▲6 LÓPEZ Miguel ÁngelMovistar Team27
411▲7 BYSTRØM Sven ErikUAE-Team Emirates21
55 STANNARD RobertTeam BikeExchange21
62▼4 AULAR OrluisCaja Rural – Seguros RGA20
73▼4 IMPEY DarylIsrael Start-Up Nation19
88 SKUJIŅŠ TomsTrek – Segafredo15
912▲3 LASTRA JonathanCaja Rural – Seguros RGA14
10  RODRIGUEZ CarlosINEOS Grenadiers14

イーサン・ヘイターはポイント賞もトップ。

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 OLIVEIRA RuiUAE-Team Emirates26
2  CUADROS ÁlvaroCaja Rural – Seguros RGA11
32▼1 SOTO Antonio JesúsEuskaltel – Euskadi8
4  SKUJIŅŠ TomsTrek – Segafredo6
5  PARRA José FélixEquipo Kern Pharma4
6  ROOSEN TimoTeam Jumbo-Visma4
73▼4 SPRENGERS ThomasSport Vlaanderen – Baloise4
8  HAYTER EthanINEOS Grenadiers3
94▼5 SERRANO GonzaloMovistar Team3
10  LÓPEZ Miguel ÁngelMovistar Team2

2日連続して逃げに乗り、2度も落車したルイ・オリヴェイラが山岳賞トップに。明日も逃げるかな?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました