ロードバイクの情報を発信しています!

2021ツール・ド・ルクセンブルク第1ステージ 登りゴールを制したライダーは?

海外情報
Photo credit: G · RTM on Visualhunt
この記事は約11分で読めます。

ツール・ド・ルクセンブルグは1935年から開催。1940年と1944年の2回だけキャンセルされている。

UCIプロシリーズで5ステージで争われる。昨年優勝のUAE Team Emiratesのディエゴ・ウルッシはいないが、2019総合優勝のヘスス・エラダ(Cofidis, Solutions Crédits)は参戦。

丘陵ステージが多く、世界選手権に向かう一部のライダーの良い調整となるレースだ。

 

スポンサーリンク

第1ステージ ルクセンブルクシティ~ルクセンブルクシティ 

第1ステージ photo skodatour

 

ルクセンブルク市内の国立スポーツ文化センターからスタート。首都の北を縦横に走る140kmのループとなっており、ゴールはルクセンブルク市内に戻ってくる。

 

  1.  1級山岳    モンテ・ド・ニクロスビエルグ​​    4.0km・6.1%
  2.  1級山岳 コート・ド・グラリンゲン 2.5 km・6.9%
  3.  超級山岳 コート・ド・ブルシャイド 3.5 km・7.6%
  4.  1級山岳 コート・ド・スタフェルター    2.2km・6.5%

 

それほど、きついコースではないけどゴールは登っている。パンチャーが勝利を奪いそうだ。

 

注目の選手は

  • マルク・ヒルシ、フアン・アユソー、ダビ・デラクルス(UAE Team Emirates)
  • ティボー・ピノ、ダヴィ・ゴデュ(Groupama-FDJ)
  • エステヴァン・チャベス(BikeExchange)
  • ナイロ・キンタナ(Arkea-Samsic)
  • ヘスス・エラダ(Cofidis, Solutions Crédits)
  • ヴィンチェンゾ・ニバリ、バウケ・モレマ(Trek-Segafredo)
  • ブノワ・コヌフロワ、ベン・オコナー、ボブ・ユンゲルス(AG2R Citroën Team)
  • ジョアン・アルメイダ(Deceuninck-Quick Step)
  • ブライアン・コカール(B&B Hotels)
  • カレブ・ユワン(Lotto-Soudal)

 

逃げは6人

ルクセンブルクは、少し雨が降っている。

 

超級山岳 コート・ド・ブルシャイド 3.5 km・7.6%

逃げているのは5人。ワールドチームからは、ジャック・バウアーが逃げに乗っている。ツアー・オブ・ブリテンから転戦だ。

二人が頂上に向けてアタックをかけている。

  1. ジャック・バウアー(Team BikeExchange)
  2. セバスティアン・シェーンベルガー(B&B Hotels)
  3. モリー・ケニー(Bingoal Pauwels Sauces WB)
  4. アンヘル・フエンテス(Burgos-BH)
  5. エヴァルダス・シシュケヴィチュス(DELKO)
  6. エマーソン・オロンテ(Rally Cycling)

 

2人だけが山岳ポイントを争っており、残り3人は静観。

 

超級山岳1位通過順位は

  1. モリー・ケニー(Bingoal Pauwels Sauces WB) 4ポイント
  2. セバスティアン・シェーンベルガー(B&B Hotels)3ポイント
  3. エマーソン・オロンテ(Rally Cycling) 2ポイント
  4. エヴァルダス・シシュケヴィチュス(DELKO) 1ポイント

 

集団は、Deceuninck-Quick StepTrek-Segafredo、Lotto-Soudalが引いている。ロットはカレブ・ユアンのスプリントを狙っている。

 

ジャック・バウアーが逃げのペースを設定する感じか。

 

ウルフパックのペーター・セリーが先頭を牽引する。すでにタイム差は、1分を切るくらい。あとは、道路幅の広い下り基調なので追うのは集団が有利だ。

最後の1級山岳前には、捕まえてしまうでは。

 

トレックのバウケ・モレマは、集団の最後尾当たりにいる。ヨーロッパ選手権から転戦。世界選手権にマチュー・ファンデルプールが出れない場合には、エースとして走ることになるのでは。

トム・デュムランも交通事故で走れないし。

 

2019年総合優勝のヘスス・エラダだけど、今回は厳しい。何故ならば、第4ステージに25.4kmの個人タイムトライヤルがあるから。2019年までは、プロローグで2.1kmのTTだったので問題なかった。

TTの距離が長いので、スペシャリストが有利になる。

 

逃げていたエマーソン・オロンテ(Rally Cycling)が捕まってしまう。

 

逃げ集団がペースを上げていて、タイム差は再び50秒まで開く。

 

先頭は二人ちぎれて4人。タイム差はかわらず50秒。

  1. ジャック・バウアー(Team BikeExchange)
  2. セバスティアン・シェーンベルガー(B&B Hotels)
  3. モリー・ケニー(Bingoal Pauwels Sauces WB)
  4. アンヘル・フエンテス(Burgos-BH)

 

タイム差が縮まらないので、AG2R Citroën Teamも先頭牽引に加わる。

 

ついにAG2R Citroën Teamが全員で先頭に上がる。

 

1級山岳 コート・ド・スタフェルター    2.2km・6.5%

最後の山岳に突入。

 

集団は横一列で追いこんできた。

 

先頭では、ジャック・バウアーが登りで仕掛ける。

 

集団からは、ベン・オコナーがアタック。

 

10秒のタイム差で、ジャック・バウアーが逃げ続ける。

 

集団から、オイエル・ラスカノ(Caja Rural – Seguros RGA)がアタック。だが、これは後方に捕まってしまう。

 

ジャック・バウアーが1級山岳を単独で越える。

 

ヴィンチェンゾ・ニバリは集団最後尾だ。どうしたニバリ。

 

集団も必死で追うが12秒まで開いた。

 

ラスト3kmで7秒。どこまで逃げれるか?

 

後方では落車が。

 

集団が詰めてくる。

 

アルケア・サムシックのエリー・ジェスペールが抜いていく。

 

エリー・ジェスペールは、ヴォルタ・アン・アンガルヴェ最終ステージの登りゴールでも勝利している。

 

エリー・ジェスペールも捕まりそうだ。

 

エリー・ジェスペールが集団に捕まってしまう。先頭は、ダヴィテ・フォルモロだ。

 

少しまったりした所で、ダヴィ・ゴデュがアタック!

 

ダヴィ・ゴデュはゴールまで逃げきれるか?

 

かなり引き離したが、集団も40人で追ってくる。

 

ゴール手前まできたけど~。

 

ダヴィ・ゴデュも捕まってしまう。

 

ゴール手前150mからAlpecin-Fenixのサッシャ・モドロがスプリント開始。

 

最後は横一線でゴールになだれ込む。左からマルク・ヒルシとバウケ・モレマ。右からはジョアン・アルメイダ。

 

 

最後のゴールは、ジョアン・アルメイダだ~!

見事に登りゴールのスプリントを制した。2位には、バウケ・モレマ。3位にマルク・ヒルシが入る。ジョアン・アルメイダは、優勝候補の一人として先手を取った。第4ステージには個人タイムトライヤルが控えており、これは幸先の良いスタートだ。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第1ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 ALMEIDA João
Deceuninck – Quick Step20303:16:09
2
 MOLLEMA Bauke
Trek – Segafredo1018,,
3
 HIRSCHI Marc
UAE-Team Emirates512,,
4
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team 7,,
5
 QUINTANA Nairo
Team Arkéa Samsic 4,,
6
 HERRADA Jesús
Cofidis, Solutions Crédits 3,,
7
 GAUDU David
Groupama – FDJ 2,,
8
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team 1,,
9
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ  ,,
10
 GOOSSENS Kobe
Lotto Soudal  ,,

ナイロ・キンタナが5位。そして、ティボー・ピノがしっかりと9位に入っている。復調してきたかな。

総合

RnkRiderTeamUCITime
1
 ALMEIDA João
Deceuninck – Quick Step53:15:59
2
 MOLLEMA Bauke
Trek – Segafredo 0:04
3
 HIRSCHI Marc
UAE-Team Emirates 0:06
4
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team 0:10
5
 QUINTANA Nairo
Team Arkéa Samsic ,,
6
 HERRADA Jesús
Cofidis, Solutions Crédits ,,
7
 GAUDU David
Groupama – FDJ ,,
8
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team ,,
9
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ ,,
10
 GOOSSENS Kobe
Lotto Soudal ,,

ジョアン・アルメイダは、ゴールのボーナスタイムを10秒獲得。

ポイント賞

RnkRiderTeamPoints
1
 ALMEIDA João
Deceuninck – Quick Step20
2
 MOLLEMA Bauke
Trek – Segafredo16
3
 HIRSCHI Marc
UAE-Team Emirates13
4
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team11
5
 QUINTANA Nairo
Team Arkéa Samsic9
6
 HERRADA Jesús
Cofidis, Solutions Crédits7
7
 GAUDU David
Groupama – FDJ5
8
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team3
9
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ2
10
 GOOSSENS Kobe
Lotto Soudal1

山岳賞

RnkRiderTeamPoints
1
 MOLLY Kenny
Bingoal Pauwels Sauces WB10
2
 SCHÖNBERGER Sebastian
B&B Hotels p/b KTM8
3
 ORONTE Emerson
Rally Cycling4
4
 BAUER Jack
Team BikeExchange3
5
 LAZKANO Oier
Caja Rural – Seguros RGA2
6
 LATOUR Pierre
Team TotalEnergies1
7
 ŠIŠKEVIČIUS Evaldas
DELKO1

ヤングライダー賞

RnkRiderTeamTime
1
 ALMEIDA João
Deceuninck – Quick Step3:15:59
2
 HIRSCHI Marc
UAE-Team Emirates0:06
3
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team0:10
4
 GAUDU David
Groupama – FDJ,,
5
 GOOSSENS Kobe
Lotto Soudal,,
6
 WIRTGEN Luc
Bingoal Pauwels Sauces WB,,
7
 LAZKANO Oier
Caja Rural – Seguros RGA,,
8
 VALTER Attila
Groupama – FDJ,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました