ロードバイクの情報を発信しています!

イネオスのセバスチャン・ヘナオとレオナルド・バッソがモスコンに続く

海外情報
Photo credit: Ray's Professional Cycling Page on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

イネオスのセバスチャン・ヘナオとレオナルド・バッソが、ジャンニ・モスコンに続いてアスタナに移籍の発表。

イネオスの2021年の平均年齢は27.5歳だったが、2022年には大幅に低下すると予想されている。

ミハウ・ゴワッシュ(37歳)は引退。ローハン・デニスはTeam Jumbo-Visma、オウィエン・ドゥールはEF Education-Nippoに移籍。

イネオスは世代交代を進めている。

 

スポンサーリンク

セバスティアン・ヘナオ 1年契約

 

2014からTeam Skyに加わったコロンビア人。クライマーとして活躍し、2019年にはジロとブエルタにメンバーとして出場。

ただ、これ以来グランドツアーには呼ばれていない。チーム内の競争が激しく、ツール・ド・フランスには一度も出場したことはない。

これまでの勝利もなく、チームに留まっても自分がエースとして走れるレースはなかっただろう。

アスタナならば、短いステージならば自分の走りが出来る可能性もある。

 

レオナルド・バッソ 2年契約

Photo credit: Steve Dawson. on Visualhunt.com

 

いつも、チームの最終契約者として発表されていたレオナルド・バッソ。

2015年と2016年は、Selle Italia–Cieffe–Ursusに在籍していたが、2015年8月1日からTrek Factory Racingに研修生として参加。

だが、契約には至っていない。2016には2レース。2017年はGeneral Store Bottoli Zardiniで走っているが9レースしか走っていない。

これで、何故チームスカイの目に止まって2018年から契約となったのか良くわからない?

輝かしい経歴を持つ選手ばかりのチームイネオスにあって、優勝は2018年のSettimana Internazionale Coppi e Bartali (2.1)の第1ステージのチームタイムトライヤルだけだ。

このレースでは、パヴェル・シヴァコフがエースとして走り、クリストファー・ローレンスのスプリントの発射台としてアシストしている。

彼の目標は、母国のミラノ~サンレモを走ること。この夢はまだ実現していない。

アスタナでも地味にアシストとしてレースに参加することになるだろうが、チームには必要な役割だ。アスタナならば、グランドツアーに参加することも出来るかもしれない。

まだ、27歳なのでこれからの2年で存在感を示して貰いたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました