ロードバイクの情報を発信しています!

Team Jumbo-Vismaのツール・ド・フランスメンバー ワウト・ファンアールトが開幕からマイヨを狙う

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt
この記事は約5分で読めます。

プリモッシュ・ログリッチが総合優勝を狙う。

今年も強力なメンバーを揃えており、TTで優位にたてるプリモッシュ・ログリッチは強力だ。ライバルは、タディ・ポガチャル、ゲラント・トーマスとなるだろう。

プリモッシュ・ログリッチがついにツール・ド・フランスの頂点に立つことが出来るだろうか?

 

スポンサーリンク

ツール・ド・フランスメンバー

 

11.  Primož Roglič(ブリモッシュ・ログリッチ)
12.  Robert Gesink(ロベルト・ヘーシング)
13.  Steven Kruijswijk(ステファン・クライスヴァイク)
14.  Sepp Kuss(セップ・クス)
15.  Tony Martin(トニー・マルティン)
16.  Mike Teunissen(マイク・テウニッセン)
17.  Wout van Aert(ワウト・ファンアールト)
18.  Jonas Vingegaard(ヨナス・ヴィンゲコー)

 

ワウト・ファンアールト

 

ワウト・ファンアールトは、アムステルゴールドの優勝からレースはしていなかった。

だが、ベルギー選手権では盲腸の影響、裁判での精神的疲労も全く感じさせないレースを見せてくれた。

レムコの引きの割合が多かったような気もするけど。

新しいベルギーチャンピオンジャージには、ファンの名前が沢山描かれている。自分の名前が入っていたら応援しがいもあるでしょうね。

ワウト・ファンアールトは、第5ステージの個人TTまでにマイヨ・ジョーヌを狙うと公言している。決して不可能ではなく、実現可能な目標だ。

もしくは、第5ステージの結果によってはトップに立つかもしれない。

まずは、第1ステージで、ジュリアン・アラフィリップ、マチュー・ファンデルプールと争う姿が見られるだろう。

 

トニー・マルティン

 

4度の世界選手権TT王者。そしてドイツ選手権タイムトライヤルでは10回目の勝利。2012年からは9回連続の勝利という離れ業を演じている。

一人で3人分の働きをするスーパーアシストがいるからこそ、他のアシストは十分に力を温存することが出来る。

すでに、チームに移籍してきた時から、ドメスティックな役割をすることを誓っている。今年もレースの序盤から中盤にかけてトニー・マルティンの姿が集団先頭に見られるはずだ。

 

ヨナス・ヴィンゲコー

 

トム・デュムランに代わってメンバー入りしたのはヨナス・ヴィンゲコー。

24歳でチーム加入から3年目で大きく飛躍した。まずUAEツアーでは第5ステージで優勝。セップ・クスからエースの座を奪って、その後はアシストして貰っている。

 

続く、コッピ・エ・バルタリでは、チームメイトが開発チームのメンバーながら、総合優勝を決めてしまう。

イツリア・バスク・カントリーでは、エースのプリモッシュ・ログリッチをアシストしつつ、二人でワンツーを決めた。

これが、ツールメンバーに入る要因となったレースの一つだろう。若干コンデションを崩していたけど、クリテリウム・ドーフィネ最終ステージで2位となっている。

プリモッシュ・ログリッチの山岳アシストとして名乗りを上げている。セップ・クス、ステファン・クライスヴァイクの前を引くのではないかな。

 

プリモッシュ・ログリッチ

 

ライバルとなるタデイ・ポガチャルは確かに強い。ツールで優勝したのは実力だが、チーム力とアシストの力を考えるとログリッチの優位は揺らがない。

さらに、ログリッチは、イツリア・バスク・カントリーを総合優勝した次の日に、個人タイムトライヤルのコースも試走しており、準備に余念がない。

総合上位に顔を出すのは第5ステージの個人タイムトライヤルからだろう。まずは、ライバルに対してどれだけのアドバンテージを得るのかじっくりと見てみたい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました