ロードバイクの情報を発信しています!

パトリック・リフェーブルは2021年に独立した安全組織を提案

海外情報
Photo by LOGAN WEAVER on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

Deceuninck-QuickStepのGMパトリック・ルフェーヴルは、ワールドツアーのサイクリングチームが独立した安全組織に資金を提供することを提案した。

今シーズン、ワールドツアーのレースでは、危険回避できる可能性のあるクラッシュが数多く発生している。

ポローニュでのクラッシュや、その後の数週間でのクラッシュに対して選手たちが批判を表明した後、UCIはレース前により厳しいコース検査を行うことを発表。

それでもパトリック・ルフェーヴルは、サイクリングをより安全なスポーツにするための統治機関としての役割が十分に果たされていないと考えている。

 

スポンサーリンク

独立した機関の設置を

パトリック・ルフェーヴルは、スプリントフィニッシュの判定を独立した専門家が行うことを望んでいる。

私は、歴史上最も汚いスプリンターを団体のトップにすることを提案する。最高のレンジャーは、しばしば最初に密猟者になっている。

自転車に乗ったことのない人には、何が危険で何が危険でないかを判断することはできないので、専門家はライダーから選ばないといけない。

と、いつものように辛口のコメントを出している。

 

ルフェーヴルが話したもう一つの安全提案は、より安全なフェンスと、レース中のコーナーや交通標識をライダーに警告するために、より明確なシステムにすること。

現在のところ、ライダーが道路の中央分離帯などを警告するのは、オレンジ色のベストを着た人が旗を振っていることと、後続車の監督からの注意喚起だけ。

集団で走っていると、前の選手が合図とかしないと急に分離帯が出てきたりしても、避けることが出来ない。

今シーズンも、グレッグ・ファンアーヴェルマートがリエージュ~バストーニュ~リエージュで道路標識にぶつかって大けがをしている。

防げる事故は、間違いなく回避しないといけない。

ゴール前のフェンスについても同様だ。下りスプリントは避け、フェンスは選手がぶつかっても、コース内に押し戻されるようにしないといけない。

 

ルフェーヴルはディラン・フルーネウェーヘンに法的措置

 

インタビューの中で、ルフェーヴルは、今年初めのツール・ド・ポローニュで起きたクラッシュについて、ユンボ・ビズマのディラン・フルーネウェーヘンに対して法的措置を進めることを発表している。

ファビオ・ヤコブセンはようやく、バイクトレーニングを再開できるが、来年にも手術が待っており、レース復帰はかなり遅れそうだ。

 

 

ルフェーヴルは、事故が起きたポーランドで訴訟を起こす必要があるが、事故で転倒したライダー、ファビオ・ヤコブセンはオランダでの訴訟を検討しているとも語っている。

どちらの訴訟も、事故で受けた肉体的、精神的損害に関係しているという。

11月11日、UCIはディラン・フルネーフェンがクラッシュ時に遡って9ヶ月間の出場停止処分を受け、2021年5月からレースに復帰すると発表している。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました