ロードバイクの情報を発信しています!

ディラン・フルーネウェーヘンは9か月の出場停止を受け入れる

海外情報
Photo by Ben Shan on Unsplash
この記事は約5分で読めます。

ツール・ド・ボローニャ第1ステージでおきたゴールでの大落車。ディラン・フルーネウェーヘンがラインを変えて、フェンス際にファビオ・ヤコブセンを追いやったことによりヤコブセンは大けがを負ってしまう。

この処分が正式に決定し、ディラン・フルーネウェーヘンは9か月という長い、出場停止処分を受けいることになった。

UCI懲戒委員会は現在、2021年5月7日までディランの出場停止としている。

 

スポンサーリンク

ディラン・フルーネウェーヘンのコメント

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

De valpartij in de eerste etappe van de Ronde van Polen zal voor altijd een zwarte bladzijde in mijn carrière blijven. Tijdens de sprint ben ik van mijn lijn ben afgeweken. Dat spijt me, want ik wil een faire sprinter zijn. De gevolgen waren heel ongelukkig en ernstig. Daar ben ik mij zeer bewust van en hoop dat dit voor elke sprinter een wijze les is. Ik volg het nieuws van Fabio’s herstel op de voet. Ik kan alleen maar hopen dat hij op een dag weer volledig zal kunnen terugkeren. Door de disciplinaire zaak met de UCI af te ronden wordt duidelijkheid gecreëerd en dat stelt mij in de gelegenheid weer vooruit te kijken. Daar ben ik blij om, ook al is 7 mei nog ver weg. Ik prijs me gelukkig met de steun die ik daarbij krijg van Team Jumbo-Visma, mijn familie en vrienden. Samen zullen we zowel mentaal als fysiek naar die dag toewerken. The crash in the first stage of the Tour of Poland will forever be a black page in my career. During the sprint I deviated from my line. I am sorry, because I want to be a fair sprinter. The consequences were very unfortunate and serious. I am very aware of that and I hope this has been a wise lesson for every sprinter. I follow the news of Fabio’s recovery very closely. I can only hope that one day he will return completely. Closing the disciplinary matter creates clarity. That gives me the opportunity to look ahead again. I am happy about that, even though May 7th is still far away. I am happy with the support I get from Team Jumbo-Visma, my family and friends. Together we will work towards that day both mentally and physically.

Dylan Groenewegen(@dylangroenewegen)がシェアした投稿 –

 

ディラン・フルーネウェーヘンはインスタで出場停止処分に対するコメントを投稿

ツール・ド・ポローニュの第1ステージでのクラッシュは、私のキャリアの中で永遠にブラックページとなるだろう。

スプリント中に自分のラインから逸脱してしまった。フェアなスプリンターになりたいと思う。結果は非常に不幸で深刻なものだ。

そのことは重々承知しているし、これがすべてのスプリンターにとっての賢明な教訓になることを願っている。

ファビオのリハビリのニュースをよく追いかけている。いつか完全復活してくれることを願うばかりだ。

UCIとの懲戒処分を終わらせることで、明確になり、また前を向くことができるようになった。

5月7日はまだ遠いが、それはそれで嬉しい。ユンボ・ビズマや家族、そして友達。一緒に、精神的にも肉体的にもその日に向けて努力します。

 

5月7日で出場停止が終われば、5月9日のジロの開幕に間に合う。ファビオ・ヤコブセンもバイクトレーニングを開始している。

 

二人揃ってジロのステージに立てれば言うこなしだ。

二人の正々堂々としたスプリント勝負をまた見れることを期待しておこう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました