ロードバイクの情報を発信しています!

イツリア・バスクカントリー第5ステージ  ウルフパックが見せた~

海外情報
Photo credit: ANSELM - on VisualHunt
この記事は約12分で読めます。

バスクで行われるステージレースも残りは2ステージ。

第4ステージでは、まさかの逃げ切りをTeam Jumbo-Vismaが許してしまう。タディ・ポガチャルも彼らが何を考えているのかわからないと言っているように、戦術的には失敗だろう。

だが、今度はUAEが集団をリードしなくてはならない。今更だけど、UAE-Team Emiratesの今回のメンバーを再度みておくと

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UAE Team Emirates🇦🇪(@uae_team_emirates)がシェアした投稿

 

  • 31 タデイ・ポガチャル
  • 32 ヴァレリオ・コンティ
  • 33 ブランドン・マクナリティ
  • 34 ディエゴ・ウルッシ
  • 35 マルク・ヒルシ
  • 36 ラファウ・マイカ
  • 37 ヤン・ポランツ

結構、隙のないメンバーが揃っている。小さなステージではリーダーを務めるディエゴ・ウルッシ、ラファウ・マイカ、マルク・ヒルシらがアシストに回るのだから強力だ。

残る2ステージ、ブランドン・マクナリティとタデイ・ポガチャルを守れるのかにも注目が集まる。

 

スポンサーリンク

第5ステージ オンダリビア〜オンダロア 160.2㎞

第5ステージ photo itzulia.eus

 

バスクのレースとしては珍しい平坦のステージ。完全なフラットではないが3級山岳が二つゴール手前50kmから現れる。

ステージ勝利をあげていないチームは最後の逃げを狙ってライダーを送り込むだろう。

昨日のステージのように、追走が機能しないことだってあるのだから、ゴール前まであきらめない逃げを見せて貰いたいな。

 

7人の逃げ

phto Tiz-cyclingストリーミング 以下同様

 

勝利のないイネオス、クイックステップが乗っている。全てワールドチームで構成された強力な逃げだが、残り63.5kmで2分26秒のタイム差となっている。

逃げ切りは難しそうだ。

  1. アンドレイ・アマドール (INEOS Grenadiers)
  2. イーデ・シェリング (BORA – hansgrohe)
  3. ジュリアン・ベルナール (Trek – Segafredo)
  4. ヨセフ・チェルニー (Deceuninck – Quick Step)
  5. ミッケルフレーリク・ホノレ (Deceuninck – Quick Step)
  6. LEKNESSUND Andreas (Team DSM) 

 

リチャル・カラパスは集団最後尾で走っている。カラパスは第2ステージの登りで落車してタイムを落としてしまいイマイチ調子に乗り切れていない。

まだ、少し調整時間が必要だろう。

 

集団は、アスタナ、ラリーサイクリングなどが引いている。残り60km付近では、新城幸也がペッリョ・ビルバオを引いている姿も見られた。

 

先頭は、3級山岳に入った。短い登りだが最大勾配は10%ある。

 

イーデ・シェリング (BORA – hansgrohe)が先頭で引くとTeam DSMの若手が切れて5人となる。後続とは1分50秒までタイム差は縮まってきた。

 

幸也が先頭付近に位置している。もう少し粘って貰いたい。

 

最後の3級山岳に登る場面。下りで追いついてきたLEKNESSUND Andreas (Team DSM) は、また登りで遅れてしまう。頂上まで4.7kmあるので今度は下りでも追いつかないだろう。

 

ステージ優勝のないチームが積極的に集団を牽引する。UAEもヴィズマも今日は集団牽引をお休みだ。

セルジオ・イギータ(EF Education – Nippo)は、積極的に集団を牽引する。

 

頂上手前2.2kmくらいが、ボトルの廃棄ゾーンなのかライダーが一斉にボトルを投げている。チームのサボートがいる場所もボトル廃棄して良いので、サボートに向かって投げているのかな。

 

ここでなんと、アンドレイ・アマドールとイーデ・シェリング (BORA – hansgrohe)が切れてしまう。まさか、アンドレイ・アマドールが3級山岳で切れてしまうなんて~。

 

 

3級山岳頂上手前で、クイックステップの二人がペースアップ。ジュリアン・ベルナールはなんとか前の二人に追いつく。

  1. ジュリアン・ベルナール (Trek – Segafredo)
  2. ヨセフ・チェルニー (Deceuninck – Quick Step)
  3. ミッケルフレーリク・ホノレ (Deceuninck – Quick Step)

 

集団からコフィディスのヘスス・エラダがアタックだ。かなりの勢いがあるので抜け出しそうだ。

 

追いついたジュリアン・ベルナールは最後尾につけている。後続は58秒差と迫ってきた。

 

ヘスス・エラダは集団に捕まったが、今度はアスタナ勢二人が下りでアタックだ。

オマール・フライレと、第2ステージで逃げ切ったアレクサンデル・アランブルの二人。前の3人に合流出来れば面白いのだけど。

 

ラスト18.7kmでタイム差は48秒。微妙なタイム差だ。ジュリアン・ベルナールも先頭交代に入って全開で引いている。逃げ切れるか?

 

一気にタイム差が広がった。ラスト16.8kmで1分35秒まで広がる。これは逃げ切りが濃厚となってきたか?

 

残り12.8kmで後続の二人と44秒のタイム差。集団とは1分20秒のタイム差だ。これは逃げ切れるか。

 

これは逃げ切っただろう。ラスト7.8kmで集団まで1分以上のタイム差がある。凄い粘りだ。

 

アスタナの二人は集団に飲み込まれてしまう。

 

ラスト4.8kmでヨセフ・チェルニーがジュリアン・ベルナールが先頭交代から下がってくるタイミングでアタックだ。

 

ジュリアン・ベルナールは付いて行けない。これは決まった!

 

 

あっと、ここでジュリアン・ベルナールの足がないとみた、ミッケルフレーリク・ホノレもアタック。

ジュリアン・ベルナールを置き去りにした~。これはウルフパックの勝利だ。

 

ミッケルフレーリク・ホノレは、すぐにヨセフ・チェルニーに追いつく。もう、二人は勝利に向かって走り続けるだけで良い。

 

勝利を確信した二人はゴール手前300mで握手。最高の瞬間だ。

 

二人は並んでゴール。先にゴールラインを越えたのは、ミッケルフレーリク・ホノレだ。

これは、コッピ・バルタリ第5ステージに続いて今シーズン2度目の勝利となる。

実は、表彰式まで、ミッケルフレーリク・ホノレは自分がゴールラインを先に越えたことを知らなかった。

ヨセフ・チェルニーに最初にゴールを越えなかったのですか?  と尋ねたくらいだ。

それにしても、この逃げ切りは素晴らしい。チームメイトが二人揃っていたのも良かったが、抜け出したタイミングもバッチリだった。

やはり、逃げ切り勝利というのは見ていて感動するものがある。しかもハラハラさせてくれたし。

ヨセフ・チェルニーは、今年CCCから移籍したきたのだけど、もうすっかりウルフパックの走りとなっている。

第3位には、ジュリアン・ベルナールが集団に捕まることなくゴール。集団トップは、ダリル・インピー(Israel Start-Up Nation)。

 

こちらはユーザーが作成したハイライト動画
Itzulia Basque Country Stage 5 2021 Highlights | Full Race Breakdown (Analysis)

 

リザルト

第5ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 HONORÉ Mikkel FrølichDeceuninck – Quick Step50503:39:54
2 ČERNÝ JosefDeceuninck – Quick Step2030,,
3 BERNARD JulienTrek – Segafredo8180:17
4 IMPEY DarylIsrael Start-Up Nation 130:28
5 CLARKE SimonTeam Qhubeka ASSOS 10,,
6 OLDANI StefanoLotto Soudal 7,,
7 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma 4,,
8 SIMON JulienTeam Total Direct Energie 3,,
9 CORT MagnusEF Education – Nippo 2,,
10 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates 1,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates816:05:43
22 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma 0:23
33 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma 0:28
44 BILBAO PelloBahrain – Victorious 0:36
55 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates 0:43
66 YATES AdamINEOS Grenadiers 1:02
77 BUCHMANN EmanuelBORA – hansgrohe 1:07
88 VALVERDE AlejandroMovistar Team 1:13
99 IZAGIRRE IonAstana – Premier Tech 1:15
1010 LANDA MikelBahrain – Victorious 1:23

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma66
22 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates63
33 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates42
44 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma38
55 ARANBURU AlexAstana – Premier Tech37
6  BERNARD JulienTrek – Segafredo32
76▼1 IZAGIRRE IonAstana – Premier Tech30
8  HONORÉ Mikkel FrølichDeceuninck – Quick Step29
97▼2 VALVERDE AlejandroMovistar Team28
108▼2 BILBAO PelloBahrain – Victorious27

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates17
22 HERMANS QuintenIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux14
33 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma14
44 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates12
55 LANDA MikelBahrain – Victorious10
6  ČERNÝ JosefDeceuninck – Quick Step8
76▼1 LÓPEZ Juan PedroTrek – Segafredo8
87▼1 O’CONNOR BenAG2R Citroën Team7
98▼1 VALVERDE AlejandroMovistar Team7
109▼1 SCHACHMANN MaximilianBORA – hansgrohe6

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates16:05:43
22 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma0:28
33 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates0:43
44 VANSEVENANT MauriDeceuninck – Quick Step1:32
55 HIGUITA SergioEF Education – Nippo1:42
66 GAUDU DavidGroupama – FDJ1:52
77 VAN WILDER IlanTeam DSM1:58
88 MÄDER GinoBahrain – Victorious4:04
99 DONOVAN MarkTeam DSM9:10
1010 DUNBAR EddieINEOS Grenadiers10:45

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました