ロードバイクの情報を発信しています!

ゲラント・トーマスと共に3日間36時間走った驚異的な12歳の少年

海外情報
Mak Larkin twitter
この記事は約3分で読めます。

ゲラント・トーマス(Team INEOS)がおこなったG’s NHS Zwift Shiftsは、£368,350(約4800万円)を集めて大成功を収めた。

 

このゲラント・トーマスのチャリティライドに感銘を受けたイギリスの少年が同じように3日間36時間一緒に走った。

彼の名は、マック・ラーキン(Mak Larkin)。なんと12歳。彼は同じようにチャリティーをして毎日12時間サドルの上で3日間走りきった。

 

スポンサーリンク

Cycling 36 Hours for our NHS

Mak Larkin twitter

マック・ラーキンは今シーズン、マウンテンバイクとロードで全国レベルに挑戦しようとしていた。

だが、レースは全てキャンセル。

彼はトーマスの36時間の挑戦を見て、NHSをサボートするために彼と一緒にやりたいと両親に相談。

両親は

正直なところ、ショックを受けた。マックはターボトレーニングが好きでないので、36時間も乗れるとは思ってなかった。

普通、ローラー嫌いの人だったら精々1時間くらいが限度ですもんね。

2日目が一番つらくて、足が痛くてサドルの痛みがひどかったらしい。まあ、当たり前でしょう。しかし、続けるのが凄い!

 

こちらは3日目の34時間目。まだ元気なんですけど~。

SNSでは、トム・ピドコックやゲラント・トーマスからも応援のメッセージが入って彼を元気付けた。

マックは36時間を走り通し、その距離は700km!   ゲラント・トーマスは1,200km。

12歳ですからねえ~。

 

しかも、凄いのは48時間後には、もうマウンテンバイクに乗ってサイクリングしてる!

若いというか超人的と言うのか。足や腰は痛くないんですかねえ~。

 

もうローラー嫌いとか言ってられないですね。少しは見習わないと(^^;

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました