ロードバイクの情報を発信しています!

ブラットリー・ウィギンズはツールが開催された場合、ゲラント・トーマスが有利だと言う

海外情報
Photo Geraint Thomas instagram
この記事は約5分で読めます。

ブラッドリー・ウィギンズは、ツール・ド・フランスが開催された場合には、元チームメイトのゲラント・トーマスが勝利するかもしれないと感じている。

彼が、ユーロスボーツボッドキャストで、既に短縮されたレースシーズンの影響について話した。

その中で、ライバルと比較してゲラント・トーマスは良好な状態になるためにレースにあまり依存しないと主張している。

 

スポンサーリンク

影響をうけないライダー

Photo Geraint Thomas instagram

ブラットリー・ウィギンズは、現在のレースの停止状態とコロナウイルスによる不確実性に関連してボッドキャストで語った。

Gはこの期間を通して本当によくトレーニングすると思う。これは彼にとても合っている。彼は以前と同じ量の仕事をし続けるでしょう。

彼はこの種のトレーニングをこなすことの出来る人だ。Gは常に全体像を見ることができるタイプのライダーでもある。

この状態に対応できる影響を受けないライダーだと言っているのだ。

ウィギンズによると、トーマスに続いてプリモッシュ・ログリッチとティボー・ピノを候補にあげているが。

これについてはどうだろうか?
ティボー・ピノについては、彼はローラー嫌いだと言っている。1時間30分しか乗ったことがないと言っているので、ローラーだけではコンディションを上げられないのではないかな。
 

 

ステファン・クライスヴァイクもローラーが苦手だと言っている。ローラー嫌いのライダーにとっては、今の環境は耐えられないし、コンディションも作りようがない。

 

 

トーマスはマシンだ

Photo bradwiggins instagram

ブラットリー・ウィギンズはトーマスのことを

ちょっとしたマシンだ。実際には、Gは彼がレースをしているときよりも、ツールにとってより良いコンディションになると思う。彼は自分を裏返しにできるタイプの男なんだ。

と説明した。

ウィギンズのポットキャストのゲストであるアダム・ブライスは、トーマスがレースの予測不可能性から必ずしも恩恵を受けなかったライダーであることに同意している。

トレーニングでは、それははるかに制御されている。彼は自分から最高のものを得ることができる。

彼はローラートレーニングで同様に一生懸命自分をプッシュすることができると思う。

 

アダム・プライスは昨年ロット・スーダルを30歳という若さで引退している。

 

 

トーマスは何が問題なのですか?  と言う

Photo Geraint Thomas instagram

トーマスは自分のボットキャストで、確かに一生懸命トレーニングしていると言っている。また、今の状態をみて、こう尋ねている。

何が問題なのですか?と

これについて、ウィギンズは

「何が問題なのか」というケースですが、それはこの段階で避けなければならない種類の考え方だ。

彼はオンかオフのどちらかだ。クリス・フルームとは対照的に、彼は戻ってくるという意味ですでに計画を立てており、彼は以前のレベルに戻るために、何よりも健康のために継続しなければなりません。

Gは上げるつもりだっただろう。Gはかなり早いシーズンに順調だったからね。

確かに、ゲラント・トーマスはキャンプでも300kmの乗りこみをしている。

 

 

アダム・プライスは、これがトーマスのプロ意識であると付け加え、ウィギンズは、問題は何ですか? のコメントの後に5時間のトレーニングが続く可能性が高いと付け加えている。

 

ゲラント・トーマスはZwiftのアンバサダーでもあり、頻繁にZwiftレースにも参加している。しかも、楽しいといっているのだから向いているのだろう。

トーマスの場合には、レースで勝利を狙う時には100%集中する。それ以外はオフでアシストに徹している。

100%になる状態をトーマスの場合には、レースではなくてトレーニングで作っていくことが出来る。だから、ローラーでも全く問題ないのだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました