ロードバイクの情報を発信しています!

ステフェン・クライスヴァイクはモチベーションを見つけるのが難しいと言う

海外情報
Steven Kruijswijk instagram
この記事は約4分で読めます。

ステフェン・クライスヴァイク(Team Jumbo-Visma)は、昨年のブエルタでの膝のケガで復帰が遅れると思われていた。

 

そのため彼は2020年シーズンに入っても、一度もレースに出ることなくロックダウンに入ってしまう。

ステフェン・クライスヴァイクはモナコに住んでいる。モナコはフランスの地中海沿岸にある独立都市国家だが、フランスと同じように屋外でのトレーニングは禁止されている。

ステフェン・クライスヴァイクは「モチベーションを見つけるのは難しい」と今の現状を話している。

 

スポンサーリンク

最後の外乗りは3月17日

こちらは3月17日のライドの動画

彼の最後のサイクリングトレーニングは3月17日火曜日で、高度が3,000メートルを超える145kmのライドだった。

それ以来、クライスヴァイクは彼の状態を維持する必要があるが、そうしてはいない。

私は屋内トレーニングのファンではない。私にとってのサイクリングは、実際に外出先で始まる。屋内でのサイクリングは緊急ソリューションだ。

それをどれだけ長く維持できますか?   屋内でトレーニングしますか?

まだ1週間はできますが、何をしているのかさえわかりません。シーズン全体がキャンセルされた場合はどうなりますか? それは多くの不確実性を生み出します。

モナコの周辺には、山岳もありロードトレーニングの環境としては抜群だ。モナコには、多くの一流プロライダーも住んでおり練習仲間にも事欠かない。

しかも、タックス・ヘイブンだし。

ステフェン・クライスヴァイクは家族とより多くの時間を過ごせたことはメリットだというが、他の状況下でそれを好んだとも言っている。

彼は、今後数週間、自宅でツール・ド・フランスの準備をする必要がある。3週間のステージレースは、コロナウイルスにかかわらず主催者ASOは、夏にイベントを開催したいと考えている。

 

 

聴衆のいないツアーについて

#supermarkthelden | Team Jumbo-Visma

ステフェン・クライスヴァイクはツールが観客なしで行われるかもしれないことについていくつかのコメントを持っている。

観客がいなくても、ツールは多くの人で巡るサーカスのままだ。聴衆のいないツールなんて、経験豊富なライダーは見たくないでしょう。

しかし、それがツールの継続を正当化する解決策であるかどうか?

言ってください…少なくともテレビは大切だろうが、それが現実的かどうかはわかりません。

まず第一に、それは安全でなければならず、もはや健康上のリスクがあってはならない。それは可能ですが、ツールとして私たちが再びスプレッドを拡大するのを助けるリスクはないはずです。

聴衆がいなくても、1000人を超える巡回サーカスとなることについて話している。それでもまだ多くの人が一緒にいるのだから。

 

ステフェン・クライスヴァイクは考えられる健康上のリスクだけを見ているのではない。

それが3週間前に行われることが確実にわかっている場合のみ、どのように準備すればよいですか?

通常、ツアーに向けて1年間働きますが、それまで屋内でトレーニングを続ける必要がある。どうすれば標準に到達できますか?

現実的に、ライダーが最高の状態になれることはないと言っている。レースをしてコンディションをあげてツールにのぞんでいるのだから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました