ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ツール・ド・フランス第15ステージ ワウト・ファンアールトが逃げを止めた理由とは?

海外情報
Photo credit: hanloveyoon on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

ツール第15ステージでは、スタートの早い段階でワウト・ファンアールトは集団先頭に立った。

2018年には、マグナス・コルトニールセンが大量の逃げ集団の中で勝利したこともあり、かならずスプリントで決着するコースではなかったけど。

ワウト・ファンアールト、ニルス・ポリッツ、ミッケルフレーリク・ホノレのトリオは強力で、後続が追いつくことはなかった。

スプリンターチームにしても、ワウト・ファンアールトが少人数で逃げてくれれば、ゴールでの勝利の確立が高くなるので、あえて追っていない。

このままワウト・ファンアールトは逃げ続けるのかと思っていたら、突然サボートカーからの指示で逃げを止めてしまう。

何故、ワウト・ファンアールトは逃げを止めたのか。その理由をワウト・ファンアールトが明かしている。

 

スポンサーリンク

逃げを止める

 

ワウト・ファンアールトは、チームサポートカーからボトルを貰い、その時に直接逃げを止めるように手を出して指示をされた。

これについてワウト・ファンアールトがゴール後のインタビューで語ったことは

スタートが速かったので、スプリンターチームの多くの選手が逃げに入りたがっていた。その後、3人で抜け出した。

飛び乗るより、後ろに乗る方が好きだったんでしょうね。それ自体は賢い。

問題は、無線が故障してチームと連絡が取れず、レースが続いているのか、それとも集団が戻ってくるのかがわからなかったことだ。

2台目のサポートカーが到着したとき、私は集団がコントロールされていることを知り、賢く後ろに下がった。

 

だけど、ワウト・ファンアールトが逃げに乗ってから40km近くも走って止めるとは遅すぎる気がする。

それまでに、タイム差は2分しか開いておらず、もっと速く止めることもできたのでは。大きな追走が追っていたら展開は違っていただろうけど。

まあ、第6ステージのように空っぽになるまで走るよりも良かった。

 

チームの落車とスプリントについて

 

ステファン・クライスヴァイクが落車した時のことについては

またデモがあると言われた。どうやら、そういうことが起こるのは普通のことらしい。

おそらくまた止められるだろうと言われていた。すると、突然混乱が生じて、彼らは激しくブレーキをかけた。

ステファン・クライスヴァイクは反応が遅すぎたが、自分は彼を避けることが出来ただけだ。待っていたが、具合が悪いのがわかった。

そして、戻ってきたとき、他のチームメイトとヨナス・ヴィンゲコーが立っているのを見たんだ……。

ヨナスは大丈夫そうだが、ティシュ・ベノートは激しく転倒した。1日がかりで修復する。それが必要だ。

ジャスパー・フィリップセンはカーブのインサイドで私を驚かせた。頭がよくて、強い。いいポジションにいたのだが、今日は彼が強すぎた。

落車が裂けられたのは良かったけれど、40kmほど、逃げていた分だけ余計に足を使ったことがゴールで響いた可能性もある。

チームは、スタート前にプリモッシュ・ログリッチを失い、ステファン・クライスヴァイクも鎖骨骨折でリタイヤとなった。

山岳のアシストが減ったのは間違いない。賢く走らないとイザと言う時にマイヨジョーヌは丸裸になってしまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました