ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ツール・ド・フランス第6ステージ  ワウト・ファンアールトが逃げを選んだ理由とは?

海外情報
Photo credit: fdecomite on VisualHunt.com
この記事は約5分で読めます。

ツール第6ステージでは、まさかマイヨジョーヌが逃げるという展開に。

こんなレースは誰も見たことがない。ワウト・ファンアールトは、実に12回ものアタックをかけて逃げを作り出すことに成功した。

30人程度で抜け出した時には、タディ・ポガチャルも入っており足を止める。

残り148kmで成功させた逃げには、当初5人いた。だが、ワウト・ファンアールトの引きが強すぎて、すぐに3人となる。これはワウト・ファンアールトにとって誤算だっただろう。

何故、マイヨジョーヌのワウト・ファンアールトは早くから逃げたのか?

 

スポンサーリンク

UAE Team Emiratesを攻撃する

 

Jumbo-Vismaは、脆弱なUAE Team Emiratesを早めに攻撃を仕掛けることが戦術だった。

その計画は、UAE Team Emiratesのジョージ・ベネットをまずは追い落とす。

ワウト・ファンアールトが、残り178kmで仕掛けた攻撃では30人に絞られたがUAE Team Emiratesはタディ・ポガチャルを含めて2人だけだった。

UAE Team Emiratesのメンバーの姿が再び集団前方に見られるようになるのは、ワウト・ファンアールトが逃げ出してから20kmもしてからだ。

ワウト・ファンアールトは逃げを作り出せたが、3人だったことは大きな誤算。その後、ゴールまで66kmの地点で、ヤコブ・フルサンが降りてしまう。

残り31kmでは、クイン・シモンズも切れてワウト・ファンアールト一人となっても逃げ続けた。

このJumbo-Vismaの戦術について、ワウトはゴール後の二つ目のインタビューで以下のように種明かしをしている。

 

リラックスしてインタビューに答えるワウト・ファンアールト

 

このステージの優勝候補の一人だったので、チームにとってコントロールが難しいステージだったでしょう。逃げの後ろに乗るだけでなく、序盤はコントロールできる集団に逃げさせることも考えた。

だが、それは不可能に近いので、逆に逃げ切りを狙った。

残念ながら、先頭は3人しかいなかったが、もう後がない。下がればまたバトルになってしまう。結局、勝てないポジションになってしまった。

 

ヤコブ・フルサンが残り66kmで逃げから降りましたね。これについてはどう考える?

フルサンは最初から、逃げ切りに自信がないことを示唆していた。あれだけ長くいたのは、ちょっと不思議な感じだ。

ヒルゾーンに入ったところで、彼は脱落を決意した。強いライダーなので、もっと長く続く味方になれたかもしれないのに、残念でしたね。

このような道路では、余裕も人員も足りず、本当にチャンスはないんだ。

でも、やっぱりやってみないとわからない。クイン・シモンズのキャンドルは少し早く消え、自分一人の時は足もすぐに空になった。

 

結局、ヤコブ・フルサンは、ステージ優勝したタデイ・ポガチャルから5秒遅れの23位でゴールしてますね。あなたが脱落して、スプリントで優勝したほうがよかったのでは?

ああっ、でも、このままでは優勝を狙えるような脚力はなかったと思う。また、今日は最終的に誰が勝つのかもわかるし、彼を打ち負かすのは難しい。

 

マイヨジョーヌの戦いは、Jumbo-Vismaが2日間とも劣勢でした。ポガチャルは、石畳のステージでJumbo-Vismaの苦境を最初に利用しました。そして、このステージでは大勝利を収めました。

ポガチャルについてどう思う?

ポガチャルは、これまでほとんど弱点を見せなかった。1つの弱点は非常に明確で、それは彼のチームが超強力でないことは確かだ。その上でプレーすることを心がけなければならない。

今日はプレッシャーをかけることができたが、他のチームも手を貸してくれていることがわかる。

それは私たちにとって不幸なことだった。相手にプレッシャーをかけ、あえて早い時間帯に攻めることを心がけなければならない。

それなら、もっと仲間を増やしたかった。3人いれば、もちろん傷つくことはないのだが……。

 

今回のツールは4日間をイエローで過ごし、カレーで強い勝利を収めたことで、すでに成功を収めてますね。そして、ツールですでに7回目のステージ優勝を飾ってます。

ベストなのかもしれません。一方ではイエロージャージで、カレーではフィナーレでチームとして本当にレースを支配することができたからね。

このメンバーで一緒にステージ勝利できたことは、とてもいいことだと思う。

 

驚くべきことに、あなたのツールにおける7回のステージ勝利のうち6回に、妻のサラはいませんでした。

彼女はこれから家にいなければならない。今日も彼女はそこにいた。一日中、前に出ていて、捕まってしまった。彼女は不運をもたらす(笑)。

 

ワウト・ファンアールトの攻撃は、UAE Team Emiratesの弱さを際立たせた。これは、後半にかけて効いてくるかもしれない。UAE Team Emiratesが単独で3人を追っている時は、タイム差が4分まで広がった。

ステージ優勝の火を消さないために、Alpecin-Deceuninck、BORA – hansgrohe、EF Education-EasyPostが先頭交代に加わり、ようやくタイム差が縮まった。

もし、仮にUAE Team Emiratesが単独で引き続けたら、3人の逃げは成功していたかもしれない。

そして、最終的にヤコブ・フルサンは5秒遅れでゴールしており、最後まで一緒に逃げていれば展開はさらに違っていただろう。

結局、ギャンブルになってしまったけど、マイヨジョーヌの逃げが見れた。こんなレースが出来るのもワウト・ファンアールトならではの技だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました